フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「私」は今日――「先生」の手紙が「遺書」であること知り――致死期にある父を残して東京へ立ってしまう―― | トップページ | 三州奇談續編卷之五 麥生の懷古 »

2020/06/15

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 汽車のにほひ

 

汽車のにほひ

 

汽車が來た、――釣鐘草(つりがねさう)のそばに、

何時(いつ)も羽蟻(はあり)が飛び、

黃色(きいろ)い日があたる。

 JOHN は母上と人力車(じんりき)に。――

頭(あたま)のうへのシグナルがカタリと下る。面白いな。

 

もうと啼く牛のこゑ、

停車場(ステーシヨン)の方に白い夏服(なつふく)が光り、

激しい大麥の臭(にほひ)のなかを、

汽車が來る…………眞黑な鐵(てつ)の汗(あせ)の

靜まらぬとどろき、とどろき、とどろき…………

 

汽車が奔(はし)る…………眞面目(まじめ)な兩(ふたつ)の眼玉から

向日葵(ひぐるま)見たいに夕日を照りかへし、

焦(ぢ)れつたいやうな、泣くやうな、變に熱(あつ)い噎(むせび)を吹きつける。

油じみた皮膚のお化(ばけ)の

西洋のとどろき、とどろき、とどろき、とどろき…………

 

汽車が消ゆる…………ほつと息をして

釣鐘草が汗をたらし、

生れ變つたやうな日光のなかに、

停(とま)つた人力車が動き出すと、

赤い手をしたシグナルがカタリと上る。面白いな。

 

[やぶちゃん注:二箇所の太字「カタリ」は底本では傍点「ヽ」。

「釣鐘草(つりがねさう)」キキョウ目キキョウ科ホタルブクロ属ホタルブクロ Campanula Campanula のホタルブクロ(螢袋)のことか、若しくは狭義の同属のフウリンソウ Campanula medium を指している。現在は改良品種が学名のラテン名「小さな鐘」をそのまま用いてカンパニュラ(カンパヌラ)などとも呼ばれる。フウリンソウ Campanula medium は園芸では正式和名のフウリンソウよりもツリガネソウ(釣鐘草)と呼ぶことの方が多いらしい。ウィキの「カンパニュラ」の「ふうりんそう」の項(画像あり)には(アラビア数字を漢数字に代え、記号の一部を変更した)、『この仲間では最もポピュラーな植物。草丈二メートルくらいになる二年草だが、秋まきで翌春開花する一年草に改良された品種もある。花色には青紫・藤色・ピンク・白などがあり、上手に育てると、花径一〇センチメートル近い花が数十輪咲き、花壇の背景などに植えると見事である』とある。但し、後者のフウリンソウの本邦への移入は明治一〇(一八七七)年頃で、詩篇内時制の明治二十年初頭に踏切の道端に咲くには早過ぎる。ここは我々に馴染みの深い前者、ホタルブクロの異名と採るべきであろう。なお、「汽車」とこの属名「Campanula」から、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のカンパネルラを想起される方も多かろう(イタリア語「Campanella」は「鐘」を意味し、同語源である)が、残念ながら、遺稿である「銀河鉄道の夜」の刊行は昭和一六(一九四一)年のことで、本詩集刊行に三十年後のことである。

「羽蟻(はあり)」蟻(昆虫綱ハチ目ハチ亜目有剣下目アリ上科アリ科 Formicidae)・白蟻(昆虫綱網翅上目ゴキブリ目シロアリ科 Termitidae)類の中で初夏から盛夏にかけての交尾期に羽化して巣から飛び立った女王蟻と雄蟻の総称。]

« 「私」は今日――「先生」の手紙が「遺書」であること知り――致死期にある父を残して東京へ立ってしまう―― | トップページ | 三州奇談續編卷之五 麥生の懷古 »