フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 春のめざめ | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 秘密 »

2020/06/21

三州奇談續編卷之五 濱鶴の怪女 /三州奇談續編卷之五~了

 

    濱鶴の怪女

 本鄕の北村何某の咄に、

「予壯年の時は射獵漁釣(しやれふぎよてう)を好みて、甚だ山海に夜遊(よあそび)せしかども、怪靈とても、危しと覺えしことゝてもなし。然るに結句賑はしき祭戾りに、只一度異(あや)しみを見し」

となり。

[やぶちゃん注:「本鄕」不詳。実はこの話、怪女の出現する橋(「岡野」橋、別名「津田橋」)を特定出来ないでいる。唯一、以下の「田鶴濱」が現在の七尾湾西南奥の七尾市田鶴浜(グーグル・マップ・データ。以下同じ)であることぐらいしか、判らないのである。但し、後で出る「高畠」は鹿島郡中能登町高畠であろう。さすれば、その間の田鶴浜地区に近い橋と踏め、最後にその橋の下を流れる川は「三階の村を廻」って流れるというところから、これは七尾市東三階町・西三階町(グーグル・マップ・データ航空写真)のことと判り、恐らくは伊久留川・二ノ宮川或いはそれが合流して田鶴浜の東で七尾湾に注ぐ川尻川に架かる橋とは読める(則ち、三階地区より北ということである。何故なら、この三階地区までは実測で「一里」を越えてしまうからである)。グーグル・ストリートビューで橋名板を確認してはみたが、見当たらない。結果して地元の識者の御教授を乞うものである。

 

「寬政年中[やぶちゃん注:一七八九年~一八〇一年。]の事と覺えたり。田鶴濱の秋祭に出で、夜も九つ頃獨り歸りしことありしに、一里許戾りて岡野とて橋あり。【津田の橋共云ふ。】爰に五七軒も里家あり。此所常に妖怪ありとは聞えしが、其夜は酒氣多く、聊(いささか)も怪靈に心付かず。ふらふらと路を千鳥に步みて樂(たのし)み來りしに、祭り戾りの人は一時許前に皆々通り盡せしにや。前後に人は一人もなかりし。彼の橋に掛りて半ば渡り向ひを見れぱ、橋詰の欄干の上に女一人

『すつく』

と立ちて居る。頭に何もかぶらず、髮を引揚げ結びて、着る物はしかと見えず、紺の木綿の前垂をしたり。打笑ふ口大いに裂けて齒黑(くろず)み、

『きよろきよろ』

と見え渡りて、顏付四面[やぶちゃん注:四角く角ばっていることらしい。]なるやうにて、あだ[やぶちゃん注:「粗略に」の意か。]白く甚だ醜し。足は慥(たしか)に一本にて立ちし樣に見ゆる。前垂も短く、下は一尺許もあらん、足頸あらはに出で、一本の樣に覺えし。此時に心付きて、

『扨は聞及びし此橋の邊(ほとり)の妖怪ならん』

と急度(きつと)心付きしかば、

『爰を逃げては叶(かな)はじ、先をとらんものを』

と、小脇差に氣を付け、力足(ちからあし)を踏みしめて、靜かに橋の上を步み見るに、折々は心空(うつろ)になりて、踏む所橋か雲かを分かず。

 氣朦朧として、

『仙士と月宮(げつぐう)に登るとかや聞きしも、斯(か)くや』

と思ふ躰(てい)今思へば危し。

 故に欄干を片手に捕ヘて、慥に心を落付けて、一足一足するどくして、彼(か)の怪女に近付き見し。

 妖怪は物云ふ如く聞えしを、聞取らんと心を定むる折から、幸なる哉(かな)向ひの少し高き坂の上より、松明(たいまつ)灯(とも)したる里人二三人連(づれ)にて來たり。是(これ)に妖物も氣を取られてやありけん、又立去る時節にやありけん、何方(いづかた)へか飛ぶやうに見えしが、忽ち消えて見えず。

 依りて暫く待つうちに、松明の火近付き、見れば日頃見知りし里人どもなり。嬉しく打寄り、其事を語れぱ、

『夫(それ)はいつもの妖怪なり。今宵は御歸路(ごきろ)心許(こころもと)なし。此方(こなた)に泊りて明朝歸り給へ』

とて、四五町[やぶちゃん注:四三六~五四五メートル強。]傍(そば)の里へ伴ひて、一夜宿りて翌朝歸りしが、惣身(そうみ)汗になりしを覺えし。

 此里人ども申しけるは、

『去年の今頃にや、高畠の驛の馬士(まご)[やぶちゃん注:馬子。]久助と云ふ者、爰にて妖女に逢ひて久しく煩らひし。扨は其者にぞ候はん。是も田鶴濱へ荷をおろし、酒に醉ひて打伏し、夜更けて馬に打跨(うちまたが)り一人歸りしが、彼の橋向ひの四五軒見ゆるはづれの家の軒のつま[やぶちゃん注:軒先。]に、惡女の姿見えし。紺の前垂は慥に見えしとなり。此馬士は醉心(よひごこち)に實(まこと)の女子(をなご)かと心得、馬を橫乘(よこのり)にして、惡口(あつこう)[やぶちゃん注:ちょっかい。]にても云ひ懸けんと、橋を渡りて馳せ寄るを、彼の惡女屋根の上より

「ふわ」

と飛びて馬士が首を押へ、逆樣に取りて引下げゝる。

 其力量面色(めんしよく)の勇氣、只巴女(ともゑじよ)・板額(ばんがく)の輩(やから)が馬上に敵をかき首にする樣(さま)も斯くやらん。

 爰にて馬士(まご)聲をばかりに、

「人殺しよ出合へよや助けよや」

と呼ぶ。然れども聲出でずやありけん、聞付けざりしが、頻りに數聲(すうせい)叫ぶに、漸々(やうやう)と此家居より聞付けて、里人ども走り出づる程に、妖女は馬士を道の傍(かたはら)の草中(くさなか)へ投げ捨て、行衞見えずなりし。村人

「藥よ湯よ」

とひしめき、馬士を呼(よび)助けて歸す。

 是より三十曰許も腰立たずして臥居たりと聞きし。

 是躰(このてい)の事往々あり。

「大方靑鷺か鶴かの類(たぐひ)の妖をなすにてありぬべし」

と、日頃に申し沙汰する所なり。足下(そつか)は幸(さひはひ)に早く人通りに逢ひて、無難目出たし』

と申しき。

 是のみ我が二十年夜行(やかう)の中(うち)の一つ物語りなり」

と咄されし。能く見合すに、世に云ひ傳ふ「見越入道」とは何か其樣(そのさま)變りて、捕へて人を引提ぐる躰(てい)なれぱ、其さま逞しき白面(はくめん)の惡女なり。實(げ)にも飛行(ひぎやう)の者かと思はれて、橋を飛ぶ躰(てい)少し音ありて輕し。偖(さて)は田鶴濱の名によせて、蒼鶴(あをづる)などの類(たぐひ)にやと思ひ廻せども、いかにしても口嘴(くちばし)と覺しき長きものは曾てなし。若しまた飛行(ひぎやう)を兼ぬるは風狸(かぜだぬき)などの類(たぐひ)にや。

 又跡に聞合(ききあは)すに、

「此橋へ下る水の水源は『白醜人(シラシウト)の池』といふ。山入(やまいり)に隱れて、其奧山根にくゞり入りて、何十里と續きたらん、底知れず」

となり。

「日頃に惡蛇ありて、所々折々怪をなす。傍(そば)に立ちて池を望むに、すさまじき風ありて、多くは迯歸(にげかへ)る」

と告ぐる。

「尤も雨乞をなすに必ず靈あり。鐡の屑を投込む時は、日を經ずして暴風暴雨起る」

と云ふ。

 此水三階の村を廻りて此橋へ流來(ながれきた)るとなれば、蛇妖なるも亦測られず。然れども其妖怪の躰(てい)、身輕に飛隱るゝ躰を思へば、龍蛇の躰とも思はれず。只地名の「白醜人」、何とやら甚だ心怪し。是等若し「白醜人」と云ふ者ならんか。

 越前には「白鬼女」と云ふ川を聞けり。

 天地は廣し。人間の目屆かずして、名付け落したるもの世に多からん。此邊(このあたり)にも聞くに「熊木のしらむす」、「島の路のよろうど」、「所口(ところぐち)のよとり」、「荒山越(あらやまごえ)の風のさむろう」、又は世に能く云ふ「北國のくわしや」・「かま鼬」など、夫(それ)と形を見定ぬもあやし。

[やぶちゃん注:「巴女・板額」先の「氣化有ㇾ因」の「木曾殿の妾(めかけ)巴(ともゑ)の前(まへ)、和田の家を出で遁れ來り、此石黑氏に寄宿して、此渡りに老死すと云ふ」の私の注とそのリンク先の私の記事を見られたい。

「靑鷺」鳥綱ペリカン目サギ科サギ亜科アオサギ属亜アオサギ亜種アオサギ Ardea cinerea jouyi。博物誌は私の「和漢三才圖會第四十一 水禽類 蒼鷺(アオサギ)」を見られたい。アオサギは私自身、孤高の哲人のような雰囲気を持った妙に人間的な妖しさを感ずる好きな鳥である。怪奇談でもしばしば登場する。

「鶴」分類と博物誌はやはり私の「和漢三才圖會第四十一 水禽類 鶴」を参照されたい。ポジティヴに長命とされ目出度いだけに、魔をも反動的に引き込むと言える。鳴き声は私には禍々しいぐらいだ。

「見越入道」手っ取り早いく、相応の原文も見たくば、私の「柴田宵曲 妖異博物館 大入道」を見られるに若くはあるまい。

「蒼鶴」そういう種はいない。敢えてツル類に求めるよりも前のアオサギと同義でよかろう。

「風狸」中国本草書由来の実在しない幻獣。私の「和漢三才圖會卷第三十八 獸類 風貍(かぜたぬき) (モデル動物:ヒヨケザル)」を見られたい。

「白醜人(シラシウト)の池」不詳。「山入に隱れて、其奧山根にくゞり入りて、何十里と續きたらん、底知れず」というのでは、調べる気にもなりません。巨大な鍾乳洞の奥の地底湖って感じだけど、能登にそないなものがあるとは今以って聴いたことは、ありませんて。このようなまがまがしい「地名」池名も現存しない。

「此水三階の村を廻りて此橋へ流來るとなれば、蛇妖なるも亦測られず」という因果関係の謂いは、私が馬鹿なのか、意味が判らない。

『越前には「白鬼女」と云ふ川を聞けり』現在の福井県鯖江市を流れる日野川の古名。現在でも、市内のここに白鬼女橋(袂の右岸に白鬼女観世音菩薩がある)が架かる。こばやしてつ氏のサイト「ゆかりの地☆探訪 ~すさまじきもの~」の「白鬼女橋(福井県鯖江市)」によれば、『地元にはいろいろな伝説があるのだが、それぞれの伝説に「白鬼女」という名称の由来が盛り込まれている。伝説には「白衣」や「鬼女」や「白蛇」等のキーワードが登場し、それなりの由緒があって説得力がある』ものの、『一般的には、日野川の昔の名称であり、大伴家持の万葉歌にも詠われた「叔羅川(しくらがわ)」の別の読み方「しらきがわ」が変化したものとされている。「白鬼」の字が当てられ、そこに伝説の「女」がくっついたのだろう』とある。

「熊木のしらむす」「熊木」は熊木川であろう。現在の中島町を流れる(「川の名前を調べる地図」)。「しらむす」は正体不明。漢字も想起出来ない。

「島の路のよろうど」全く不詳。一応、「しまのみち」と読んではおく。「よろうど」は漢字も軽々には想起出来ない。

「所口のよとり」「所口」は七尾の中心部で、七尾の別称とも。現在、七尾市所口町がある。「よとり」は正体不明。「夜鳥」か?

「荒山越の風のさむろう」「荒山越」は鹿島郡中能登町芹荒山峠のことであろう。「風のさむろう」は「風の三郞」か? 正体は不明。

「北國のくわしや」「くわしや」は「火車」でこれは古くから広く知られたかなりメジャーな妖怪で死者の亡骸を奪うとされた。特に悪行を積み重ねた末に死んだ者の亡骸を奪うとされる。形状は空中を飛翔する正体不明の獣様のものであるが、ウィキの「火車」によれば、「北越雪譜」の「北高和尚」に天正年間(一五七三年~一五九三年)、『越後国魚沼郡での葬儀で、突風とともに火の玉が飛来して棺にかぶさった。火の中には二又の尾を持つ巨大猫がおり、棺を奪おうとした。この妖怪は雲洞庵の和尚・北高の呪文と如意の一撃で撃退され、北高の袈裟は「火車落(かしゃおとし)の袈裟」として後に伝えられた』とあるので、麦水が「北國の」と言ったのはこの伝承を暗に指しているものと考えてよかろう。

「かま鼬」「鎌鼬」。私の「古今百物語評判 序・目録 卷之一 第一 越後新潟にかまいたち有事」の本文とそれに附した私の注のリンク先の私の記事を参照されたい。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 春のめざめ | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 秘密 »