フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 目くばせ | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 水門の水は »

2020/06/29

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) あひびき

 

あひびき

 

きつねのてうちん見つけた、

蘇鐵のかげの黑土(くろつち)に、

黃いろなてうちん見つけた、

晝も晝なかおどおどと、

男かへしたそのあとで、

お池のふちの黑土に、

きつねのてうちん見つけた。

  毒茸の一種、方言、色赤く黃し。

 

[やぶちゃん注:菌界担子菌門菌蕈(きんじん)亜門真正担子菌綱スッポンタケ目スッポンタケ科キツネノロウソク属キツネノエフデ Mutinus bambusinus の異名。サイト「きのこ図鑑」の「キツネノエフデ」に、林や『竹林の中、草地や道のほとり、家の庭など様々な場所に発生し』、『直径約』一・五センチメートルの『の卵型の幼菌から』、『先端が濃い紅色の本体が伸びて出ている強いにおいを持つキノコで、上部の先端には暗褐色の粘液部分(グレバ)があり』、『これが悪臭を放』つ。但し、『先端部分が中に隠れている卵状の幼菌の段階では特に匂いは』ないとある。『キツネノエフデは一般的なキノコのようなカサの部分はなく』、『先端部分は尖るように細くなってい』おり、『頭部と柄の部分があまりハッキリしないという事も特徴のひとつで』あるとある。『夏から秋にかけて見られるキノコで』あるが、『大体、梅雨の時期から発生し始め』、『キツネノエフデに似ているキノコとしてはキツネノロウソク』(キツネノロウソク属キツネノロウソク Mutinus caninus)『などがあげられ』る。本種には『毒があるという情報は』ないものの、前述の如く、『悪臭がきつく、食用には適さないキノコだと言われてい』いるともある。写真あり。かなり妖しい感じである。なお、白秋は「赤く黃」(きいろ)「し」と言っているが、キツネノエフデは紅いが、黄色くはない。キツネノロウソクは橙色の子実体の頂部のグレバと呼ばれる胞子を含んだ粘着性器官が生ずるが、これは黄色いから、或いは両種がそこには生えていた可能性もあるように思われる。

「蘇鐵」裸子植物門ソテツ綱ソテツ目ソテツ科ソテツ属ソテツ Cycas revoluta。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 目くばせ | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 水門の水は »