フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 紺屋のおろく | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) NOSKAI »

2020/06/28

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 沈丁花

 

沈丁花

 

からりはたはた織る機(はた)は

佛蘭西機(ふらんすばた)か、高機(たかばた)か、

ふつととだえたその窓に

守宮(やもり)吸ひつき、日は赤し、

明(あか)り障子の沈丁花。

 

[やぶちゃん注:「沈丁花」フトモモ目ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属ジンチョウゲ Daphne odora。私の好きな花。雌雄異株であるが、本邦に植生するものは殆んどが雄株で、挿し木で殖やす。

「佛蘭西機」この場合は、「高機」と並べて孰れかと言っているからには織物をパターン通りに仕上げるためにパンチ・カードを利用した最初のジャカード織機(Jacquard loom)の古い手動式手織機であろう。内海まりお氏のブログ「極楽京都日記」の「【京都】宝絹展 2017 9/2~9/6【イベント】」の中のこちらの写真(但し、ミニチュア)を見られたい。

「高機」経巻具(たてまきぐ)の他に布巻具も機台に取り付けて経糸(たていと)水平に張り、腰かけて織るようにした手織機。古い地機(じばた)より全体を高くしてあるので、この名がある。機台(はただい)の腕木(うでぎ)に支えられた弓棚(新しいものは轆轤(ろくろ))につるした綜絖(そうこう:緯糸を通すために、経糸を上下に分ける器具)の下方を踏木に結び、この踏木を踏んで開口する。杼(ひ)は大杼から小杼になり、投げ入れるようになった。綜絖は二~十枚程度で、斜文などのやや複雑な組織(くみお)りを作ることが出来る。構造と変遷を見るには「三河テキスタイルネットワーク」のサイト「夢織」のこちらがよい。

「守宮」爬虫綱有鱗目ヤモリ科ヤモリ属ニホンヤモリ Gekko japonicus。中国東部・日本(秋田県以南の本州・四国・九州・対馬)・朝鮮半島に分布する。江戸時代に来日したジーボルトが新種として報告したために種小名が japonicus となっているが、ユーラシア大陸からの外来種と考えられており、日本固有種ではない。日本に定着した時期については不明だが、平安時代以降と考えられている。私の家には二十年以上に亙って何世代もが暮らしている。見かけないと心配にさえなる大事な同居人である。私は昆虫類は苦手だが、爬虫類は全く問題ない。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 紺屋のおろく | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) NOSKAI »