フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 淡い粉雪 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 初戀 »

2020/06/12

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 穀倉のほめき

 

穀倉のほめき

 

思ひ出は穀倉(こくゝら)の挽臼(ひきうす)の上に

ぼんやりと置きわすれたる蠟燭の火か、

黃いろなる蠟燭の火は

苅麥(かりむぎ)と七面鳥の卵とに陰影(かげ)をあたへ、

惡戯者(いたづらもの)の二十日鼠にうちわななく。

 

柔かに泣く聲は物忘(ものわす)れゆく女のごとく、

薄あかりする空窓(そらまど)の硝子より、

ふけゆく夜(よる)のもののねをやかなしむ。………

黃いろなる蠟燭のちろちろ火。

 

いまだに大人(おとな)びぬ TONKA JOHN のこころは

かの穀物(こくもつ)の花にかくれんぼの友をさがし、

暖かにのこりたる祭(まつり)のお囃子(はやし)にききふける………

 

さみしき曙の見えて

顏靑き乞食らのさし覗かぬほどぞ、

しづやかに燃え盡きむ

美くしき蠟燭のその淚、………

 註。Tonka John. 大きい方の坊つちやん、
   弟と比較していふ、柳河語。殆どわが
   幼年時代の固有名詞として用ゐられた
   るものなり。人々はまた弟の方を
   Tinka ohn と呼びならはしぬ。
   阿蘭陀訛?

 

[やぶちゃん注:単なる植字の関係だけだろうが、リーダの一部部分が明らかに大きくなっているので、再現してはみた。註は底本では三行に書かれてある。ブログ・ブラウザの不具合を考えて早く改行した。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 淡い粉雪 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 初戀 »