フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版)  凾 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 淡い粉雪 »

2020/06/12

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 陰影

 

陰影

 

なつかしき陰影(いんえい)をつくらんとて

雛罌粟(ひなげし)はひらき、

かなしき疲れを求めんとて

女は踊る。

 

晴れやかに鳴く鳥は日くれを思ひ、

蜥蝪(とかげ)は美くしくふりかへり、

時計の針は薄らあかりをいそしむ…………

 

捉(とら)へがたき過ぎし日の歡樂(くわんらく)よ、

哀愁(あいしゆう)よ、

すべてみな、かはたれにうつしゆく

薄靑きシネマのまたたき、

いそがしき不可思議のそのフルム。

 

げにげにわかき日のキネラマよ、

思ひ出はそのかげに伴奏(つれひ)くピアノ、

月と瓦斯との接吻(キス)、

瓏銀(ろうぎん)の水をゆく小舟。

 

なつかしき陰影をつくらんとて

雛嬰粟(ひなげし)は顫へ、

かなしき疲れを求めんとて

女は踊る。

 

[やぶちゃん注:「フルム」と「キネラマ」の表記は底本原本の見た目の印象に近づけた。

「雛罌粟」ポピー(poppy)。キンポウゲ目ケシ科ケシ属ヒナゲシ Papaver rhoeas

「蜥蝪は美くしくふりかへり」「蜥蝪」は通常は「蜥蜴」であるが「蝪」は「蜴」の異体字であって誤字ではない。

「キネラマ」諸辞書は、キネオラマは和製の合成英語(kinemapanorama)で明治時代の興行見世物の一種とし、パノラマの背景・点景などに色を変えた照明を照射し、種々に変化させて見せる装置といった解説が一律になされている。ただ、実物が残っておらず、画像も見当たらなかった。当初、私は「のぞきからくり」の進化系で、閉鎖系のジオラマに照明をあてて変化したかのように疑似的見せるものかと推測したが、中には立体写真に光りをあてて立体のように見せるものだろうという記載もあって、どうも不満であった。調べてみたところでは、大久保遼氏の論文「キノドラマとキネオラマ:旅順海戦と近代的知覚」(『映像学』(二〇〇八年五月日本映像学会発行・PDF)の解説がよい(「東京大学学術機関リポジトリ」のこちらでダウン・ロード出来る)。詳しくはそれを読まれたいが、私が想像した以上に大きなもので、舞台の前面にミニチュア・ジオラマがあり、その背後にスクリーンを配して、映像或いは回転照明による多色光線を当て、音響も別に出し、立体的にリアルに動的な臨場感を現出させたものであったことが判るのである。しかも、そこでそれを眺めた著名人として、江戸川乱歩・宮澤賢治・稲垣足穂(私は足穂は好きではないが)が登場するとなれば、読まない手はあるまい。

「瓏銀」鮮やかな明るい銀色のこと。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版)  凾 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 淡い粉雪 »