フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) おたまじやくし | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) にくしみ »

2020/06/17

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 銀のやんま

 

銀のやんま

 

二人(ふたり)ある日はやうもなき

銀のやんまも飛び去らず。

君の步みて去りしとき

銀のやんまもまた去りぬ。

銀のやんまのろくでなし。

 

[やぶちゃん注:「銀のやんま」トンボ(蜻蛉)目不均翅(トンボ)亜目ヤンマ科ギンヤンマ属ギンヤンマ亜種(東アジア産)ギンヤンマ Anax parthenope juliusウィキの「ギンヤンマ」他によれば、『頭から尾までは』七センチメートル、翅長は五センチメートルほどの『大型のトンボである。ヤンマとしては体長に比して翅が長い。頭部と胸部が黄緑色、腹部が黄褐色をしている。オスとメスは胸部と腹部の境界部分の色で区別でき、オスは水色だが』、『メスは黄緑色である。翅は透明だがやや褐色を帯びていて、メスの方が翅色が濃い。昔は』東京附近では『オスを「ギン」、メスを「チャン」と呼んでいた』。『基亜種は日本を含む東アジア、インド、カザフスタンまで分布する。日本に分布する』本亜種は『日本の他に島嶼部も含めた東アジア全般に生息する』(北海道では稀れ)。『湖、池、田など、流れがないか、もしくはごく緩い淡水域に生息する。ヤンマ類の中では馴染み深い種類で、各地にいろいろな方言呼称がある』。『成虫は』盛夏に最も多く、『昼間に水域の上空を飛び回る。飛翔能力は高く、高速で飛ぶうえにホバリングなどもこなす』とある。「やんま」は大形のトンボの総称で古くからあり、漢字では「蜻蜒」などと書く。この呼称はトンボの古名「ゑむば」「えば」が転じたとする説、「山蜻蛉(やまゑんば)」の義とする説などがある。因みに、その「ゑむば」自体もよく判らず、「羽の美しい」の意で「笑羽(ゑば)」からとする説、四枚ある羽が重なっていることから「八重羽(やゑば)」が転じた説など多数ある。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) おたまじやくし | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) にくしみ »