フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 螢 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 猫 »

2020/06/16

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 靑いとんぼ

 

靑いとんぼ

 

靑いとんぼの眼を見れば

綠の、銀の、エメロウド、

靑いとんぼの薄き翅(はね)

燈心草(とうしんさう)の穗に光る。

 

靑いとんぼの飛びゆくは

魔法つかひの手練(てだれ)かな。

靑いとんぼを捕ふれば

女役者の肌ざはり。

 

靑いとんぼの奇麗さは

手に觸(さは)るすら恐ろしく、

靑いとんぼの落(おち)つきは

眼にねたきまで憎々し。

 

靑いとんぼをきりきりと

夏の雪駄で蹈みつぶす。

 

[やぶちゃん注:「靑いとんぼ」とあるQ&Aサイトの本篇の種に対する質問への回答は、トンボ目不均翅(トンボ)亜目ヤンマ科ルリボシヤンマ属ルリボシヤンマ亜種ルリボシヤンマ Aeshna juncea juncea と比定推定があった。その回答は、『体の青いことと目の描写に近いのはルリボシヤンマです。光の弱いときや見る角度によってエメラルド色の目に部分的に緑色に見えたり、銀色に見えたりします』とあった。但し、とすれば、この詩篇は故郷柳川の少年時の記憶ではないことになる。ウィキの「ルリボシヤンマ」によれば、同種は九州での棲息は確認されていないからである。しかし、それは恐らく問題ではない。ズバり、ヤンマ科アオヤンマ属アオヤンマ Aeschnophlebia longistigma もいるのだが、古河義仁氏のブログ「ホタルの独り言 Part 2」の「アオヤンマ」によれば、『日本のアオヤンマ属は、アオヤンマとネアカヨシヤンマ』Aeschnophlebia anisoptera の二種のみであるが、こちらも『本種は、北海道から九州まで生息しているが、九州はごく一部の県でしか確認されていない』とある。添えられた写真はまことに美しい。そのような白秋の幻想の「靑いとんぼ」で私はいいのだと思う。

「エメロウド」エメラルド(emerald)。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 螢 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 猫 »