フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 心の聲 (全七章) | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 傘のぬし »

2020/06/04

石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 白鵠

 

   白  鵠

 

愁ひある日を、うら悲し

鵠(かう)の啼く音の堪へがたく、

水際(みぎは)の鳥屋(とや)の戶をあけて

放(はな)てば、あはれ、白妙(しろたへ)の

蓮(はす)の花船(はなぶね)行くさまや、

羽搏(はう)ち靜かに、秋の香の

澄(す)みて雲なき靑空を、

見よや、光のしただりと、

眞白き影ぞさまよへる。

 

ああ地(ち)の悲歌(ひか)をいのちとは

をさなき我の夢なりし。

ひたりも深き天(あめ)の海(うみ)

一味(いちみ)のむねに放(はな)ちしを

白鵠(びやくかう)に何うらむべき。

落とす天路(てんろ)の歌をきき、

ましろき影をあふぎては、

寧ろ自由(まゝ)なる逍遙(さまよひ)の

遮(さへぎ)りなきを羨(うらや)まむ。

            (乙巳一月十八日)

 

[やぶちゃん注:クレジットの干支が変わった。「きのとみ」で明治三八(一九〇五)年である。

「白鵠」は「くくひ/くぐひ(くくい・くぐい)」で、白鳥の古名である。カモ目カモ科 Anserinae 亜科 Cygnus 属の七種の内、「白」をわざわざ冠しているから、コクチョウ(黒鳥)Cygnus atratus(オーストラリア固有種であるが、日本(茨城県・宮崎県)に移入されている)や本邦に棲息しないクロエリハクチョウ Cygnus melancoryphus などを除いた以下三種の孰れかとなる。コブハクチョウ Cygnus olor・オオハクチョウ Cygnus cygnus・コハクチョウ Cygnus columbianus

 初出は『はがき新誌』明治三八(一九〇五)年三月号。有意な異同を認めない。]

« 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 心の聲 (全七章) | トップページ | 石川啄木 詩集「あこがれ」(初版準拠版) 傘のぬし »