フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 廣瀨川 | トップページ | 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 無用の書物 »

2020/06/01

萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 虎

 

   

 

虎なり

曠茫として巨像の如く

百貨店上屋階の檻に眠れど

汝はもと機械に非ず

牙齒もて肉を食ひ裂くとも

いかんぞ人間の物理を知らむ。

見よ 穹窿に煤煙ながれ

工場區街の屋根屋根より

悲しき汽笛は響き渡る。

虎なり

虎なり

 

午後なり

廣告風船(ばるうむ)は高く揚りて

薄暮に迫る都會の空

高層建築の上に遠く座りて

汝は旗の如くに飢えたるかな。

沓として眺望すれば

街路を這ひ行く蛆虫ども

生きたる食餌を暗欝にせり。

 

虎なり

昇降機械(えれべえたあ)の往復する

東京市中繁華の屋根に

琥珀の斑(まだら)なる毛皮をきて

曠野の如くに寂しむもの。

虎なり!

ああすべて汝の殘像

虛空のむなしき全景たり。

      ――銀座松坂屋の屋上にて――

 

[やぶちゃん注:「飢え」はママ(初出も同じ)。「沓として」は萩原朔太郎の思い込み誤用(初出も同じ)。無論「杳として」が正しい。ここは「はるかに遠く」の意。

「百貨店上屋階の檻に眠れ」る「虎」『「Vol.41 松坂屋・屋上遊園の歴史|松坂屋史料室」』(原資料(パンフレット画像)はこちら)に『1925年(大正1451日に、銀座店は百貨店初の試みである動物園を屋上に開設し、虎やライオンで人気を集めた』とある。本篇の初出は以下に出すが、昭和八年である。

 巨匠萩原朔太郎には「虎」が似合う。……惨めな私には場違いなところに飼われていた見すぼらしい「猿」が相応しかった。……その意味は……そうさ、私の中山省三郎氏訳の「航海 イワン・ツルゲーネフ」の私の注を見られよ…………

 初出は昭和八(一九三三)年六月発行の『生理』「Ⅰ」である。

   *

 

   屋上の虎

 

虎なり

茫漠として巨像の如く

百貨店上屋階の檻に眠れど

汝はもと機械に非ず

牙齒もて肉を食ひ裂くとも

いかんぞ人間の物理を知らむ。

見よ 穹窿に煤煙ながれ

工場區街の屋根屋根より

悲しき汽笛は響き渡る。

虎なり

虎なり。

 

午後なり

廣告風船(ばるうむ)は高く揚りて

薄暮に迫る都會の空

高層建築の上に遠く座りて

汝は旗の如くに飢えたるかな。

沓として眺望すれば

街路を這ひ行く蛆虫ども

生きたる食餌を暗欝にせり。

 

虎なり

昇降機械(えれべえたあ)の往復する

東京市中繁華の屋根に

琥珀の斑(まだら)なる毛皮をきて

曠野の如くに寂しむもの。

虎なり

ああすべて汝の殘像

虛空のむなしき全景たり。

       ――銀座松屋の屋上にて――

   *

最後の添書の「坂」の脱落はママ。]

« 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 廣瀨川 | トップページ | 萩原朔太郎 氷島 初版本原拠版 附・初出形 無用の書物 »