フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) アラビアンナイト物語 | トップページ | 三州奇談續編卷之五 末森の臼音 »

2020/06/19

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 敵

 

 

いづこにか敵のゐて、

敵のゐてかくるるごとし。

酒倉のかげをゆく日も、

街(まち)の問屋に

銀紙(ぎんがみ)買ひに行くときも、

うつし繪を手の甲に押し、

手の甲に押し、

夕日の水路(すゐろ)見るときも、

ただひとりさまよふ街の

いづこにか敵のゐて

つけねらふ、つけねらふ、靜こころなく。

 

[やぶちゃん注:幼児や少年期にありがちな病的とは言えない強迫的追跡妄想である。私もそんな遠い昔の記憶がある(但し、それはしかし、私の場合、妄想起原ではなく、都会から田舎に戻った結果、激しいいじめに逢ったことによるトラウマであったという点では、トンカ・ジョン白秋のような甘い幻想とは無縁であったが)。

「うつし繪」現在のシールの起原と考えてよい小児玩具である。平凡社「世界大百科事典」によれば、人物や花などの絵を色刷りにしたもので、これを水にぬらして腕や手の甲にはりつけると、絵が台紙から離れ、肌に移って染まるものである。江戸末期には木版刷りで入墨を模したものがあったとある。私の少年時代には普通に駄菓子屋で売られていた、懐かしいものである。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) アラビアンナイト物語 | トップページ | 三州奇談續編卷之五 末森の臼音 »