フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

« 「先生」の過去の具体な告白が、今日、始まる | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 爪紅 »

2020/06/18

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) いさかひのあと

 

いさかひのあと

 

紅(あか)いシヤツ着てたたずめる

TONKA JOHN こそかなしけれ。

白鳳仙花(しろつまぐれ)のはなさける

夏の日なかにただひとり。

 

手にて觸(さは)ればそのたねは

莢(さや)をはぢきて飛び去りぬ。

毛蟲に針(ピン)をつき刺せば

靑い液(しる)出て地ににじむ。

 

源四郞爺は、目のうすき、

魚かついでゆき過ぎぬ、

彼(かれ)の禿げたる頭(あたま)より

われを笑へるものぞあれ。

 

憎(にく)き街(まち)かな、風の來て

合歡(カウカ)の木をば吹くときは、

さあれ、かなしく身をそそる。

君にそむきしわがこころ。

 

[やぶちゃん注:「白鳳仙花(しろつまぐれ)」「つまぐれ」は「爪紅(つまぐれ)」で紅い鳳仙花の花の異名であり、九州或いは熊本附近の方言異名である可能性が個人ブログ「tukusi34のブログ」の「つまぐれ(爪紅)ホウセンカの異名」で指摘されてある。フウロソウ目ツリフネソウ科ツリフネソウ属ホウセンカ Impatiens balsaminaウィキの「ホウセンカ」によれば、『本来の花の色は赤だが、園芸品種の花には赤や白、ピンク、紫のものがあり、また、赤や紫と白の絞り咲きもある』とある。

「源四郞爺」不詳。

「合歡(カウカ)」ルビはママ。後発の諸本でもほぼ同じであるが、後の昭和三(一九二八)年アルス刊の北原白秋自身の編著になる自身の詩集集成の一つである「白秋詩集Ⅱ」の本篇(国立国会図書館デジタルコレクションの当該ページ画像)では『ガフカ』と濁っている。音読みならば「カフクワン」或いは「ガフクワン」であるが、或いは方言口語読みなのかも知れぬ。マメ目マメ科ネムノキ亜科ネムノキ属ネムノキ Albizia julibrissin。音読みは後者の「ガフクワン(ゴウカン)」が普通。私の最も偏愛する花である。]

« 「先生」の過去の具体な告白が、今日、始まる | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 爪紅 »