フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 胡瓜 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 朝 »

2020/06/13

北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 源平將棊

 

源平將棊

 

春の夜の源平將棋、

あはれなほ思ひぞ出づる。

ただ一夜(ひとよ)あてにをさなく

ほのかにも見てしばかりに。

 

その君はわれとおなじく

かぶろ髮、ゆめの眸(まみ)して

紅(くれなゐ)の玉をとらしき。

われは白、かくて對(むか)ひぬ。

 

春の夜の源平將棋、

そののちは露だにあはず、

名も知らず、われも長じて

二十歲(はたとせ)の春にあへれど。

 

などかまた忘れはつべき。

紅のとらす玉ゆゑ、

いとけなく勝たせまつりし

そのかみの春の夜のゆめ。

 

[やぶちゃん注:「源平將棊」「げんぺいしやうぎ」であるが、これはどうみても普通の将棋のことではない。普通の将棋の駒で特に駒の裏を朱で書いたものを「源平駒」と呼ぶそうである(「将棋駒の制作販売店 天童佐藤敬商店」公式サイト内の「将棋駒の知識」に拠る)が、ここでは「紅」と「白」の「玉」とあるからには、もう、西洋のボード・ゲームの「チェッカー」(checkers:英語圏では「ドラフツ」(draughts)の名で呼ばれ、日本語ではチェッカーを「西洋碁」とも呼ぶ)である。イギリス式チェッカーは白と赤の丸い(玉)駒を使用する。

「紅の玉をとらしき」「紅のとらす玉ゆゑ、」/「いとけなく勝たせまつりしに」言わずもがな、「先手」を言っている。黒うさぎ氏のブログ「ボードゲーム教室」の「チェッカー・手番と駒」には、『チェッカーでは先手が暗色の駒を』『後手が明色の駒を受け持つ事が決められている』とし、チェッカーには黒駒もあるが、『「赤」と「白」の場合は』『「赤」が暗色』『「白」が明色で』あるとあるから、「いとけなく勝たせまつりし」は納得出来る。この手のボード・ゲームでは概ね先手必勝であるが、特にチェッカーではその傾向は甚だ高いからである。私は将棋の金・銀の駒の動かし方も知らぬ、ゲームの暗愚だが、特異的にチェスとチェッカーだけはよく知っている。]

« 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 胡瓜 | トップページ | 北原白秋 抒情小曲集 おもひで (初版原拠版) 朝 »