フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 三州奇談續編卷之七 異人投ㇾ金 | トップページ | 梅崎春生の長篇「砂時計」の電子化始動する / 砂時計 1・2・3 »

2020/07/08

三州奇談續編卷之七 異蛇の長年

 

    異蛇の長年

 小矢部は大川なり。大橋の側を福町と云ふ、漁家多し。此邊(このあたり)に止宿して話を聞く。

[やぶちゃん注:現在の富山県小矢部市東福町(グーグル・マップ・データ)の地名に名残がある。小矢部川右岸。ここで対岸の今石動町とを結ぶ小矢部川に架橋する橋が、現在は「石動大橋」と称するので、「大橋」はそれと考えてよいか。

「漁家」川漁師である。]

 

 頃しも春寒猶あり。梅花亂落して櫻は徒(いたづら)に枯樹に似たりし霜深き朝(あした)、鳥の四五羽あざりたはぶるゝ中、一羽衆と異なるものあり。能く見るに、此鳥上觜(うははし)なくして、餌を得ては下觜を以て刎上(はねあげ)げて食ふ。又術あるが如し。是を此(ここの)主(あるじ)なるに尋ぬるに、

「是は此邊り富山屋【今は喜兵衞といふ。】なるなる人の先人(せんじん)、此鳥の物を盜み食ふを憎みて、密(ひそか)に罠を用ひて捕へ、魚を切る刀を取りて

「首を一打(ひとうち)に」

と打つに、はづれて上觜を切落す。鳥は羽叩き烈しく、終にわなを遁れて飛去る。さまで惡(にく)むべき程にもあらねぱ、其儘にして捨て置く。鳥も又さまで外(ほか)へも去らず。今は聲も替らずといへども、頭の振(ふり)怪しけれぱ、數百の中に居ても著(いちぢ)るし。其切りし人は死して今孫の世なり。八十餘年に至れども、鳥は其まゝ鳴音(なきね)も替らず、老いたるとも見えず。」

 古人の話に聞く、「三鹿(さんろく)斃(たふ)れて一松(いつしよう)枯れ、三松枯れて一鳥(いつてう)死す」と。是は長年(ちやうねん)の人にあらざればためすこと能はず。空言(そらごと)と思ひしに、今日ふしぎにも其證の端(はし)を見ることを得。

 又此家に、四五年先【安永三年[やぶちゃん注:一七七四年。]の事なり。】怪しき蛇ありき。一朝庭上寒く風怪し。人々立出で見るに一小蛇あり。庭の生垣を登り、楢の葉をねじて押へ、内を白眼(にら)む勢(いきほひ)あり。此氣のおして窓戶を射るにぞありき。其勢烈しくして正(まさ)しく、相向ひ見ること能はざりし。然共(しかれども)纔(わづか)に二尺の蛇なるに、人々前に廻り後ろによりて見るに、兩手足鳥の如く赤く、小き角二岐(ふたまた)なるが一寸許生出(おひい)で、面(つら)のかゝり彼(かの)般若面と云ふべき氣色(けしき)なり。邊りの人も

「あれを見よや」

と取騷ぐうち、一聲風起る如くしてかきくれて見えず。色々に探せども行く所を知らずとなり。

 是も又彼家の先人、此蛇あること久しく語られし。是を思ヘば、いか許り昔よりあらんも知れず。世話(よばなし)に「山に千年川に千年」と聞きし詞(ことば)も是にや。百年許先も二尺許りありしとか。是(これ)町を去るの宿因至らざる内にやあらん。彼の「龜を養ひて百年居るか試みん」と云ふ人の如く、論徒らになりぬ。

[やぶちゃん注:最後の怪蛇は手足があるとするので、先祖返りの奇形か、或いは蜥蜴なのかも知れぬ。]

« 三州奇談續編卷之七 異人投ㇾ金 | トップページ | 梅崎春生の長篇「砂時計」の電子化始動する / 砂時計 1・2・3 »