フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 魴魚(まながつを) (同定はマナガツオでいいが、「本草綱目」の比定は大錯誤) | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 白魚 (混沌にして同定比定不能) »

2020/08/23

大和本草卷之十三 魚之下 まんぼう

 

【和品】

マンボウ 奥州ノ海アリ形方ナリ長六尺ヨコ三尺ハカリ

大小アリ其肉潔白ナリ油多ク味ヨシ

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

まんぼう 奥州の海あり。形、方なり。長さ六尺、よこ、三尺ばかり。大小あり。其の肉、潔白なり。油多く、味、よし。

[やぶちゃん注:本邦産種は、現在、条鰭綱フグ目フグ亜目マンボウ科マンボウ属マンボウ Mola mola 及びウシマンボウ Mola alexandrini とされるが、更にミトコンドリアDNAのD-loop領域の分子系統解析から、現生マンボウ属は少なくとも三種(group A/B/C)に分かれるという解析結果が得られており、日本近海で主に見られるものはgroup B(Mola sp. B)に属するとされるというが、それでは如何にも無風流な呼び名でモラ・モラ・フルークの私は甚だ気に入らぬ。されば、書き出すエンドレスになるので、私の『栗本丹洲 単品軸装「斑車魚」(マンボウ)』の私の注、及び、私のブログ・カテゴリ「栗本丹洲」で全十回で電子異化注した、『栗本丹洲自筆「翻車考」』を是非読まれたい。私はそこで注した以上に語る必要を感じぬ程、入れ込んで注したからである。

「奥州の海にあり」いいえ、日本中にいますよ、益軒先生!

「長さ六尺、よこ、三尺ばかり」誇張が平気な益軒先生にしちゃあ、ショボ過ぎですよ! 現在知られているデータでは最大捕獲個体で全長三メートル三十三センチメートル、体重二・三トンに達した。現生の硬骨魚の中でも世界最大級の一種である。]

« 大和本草卷之十三 魚之下 魴魚(まながつを) (同定はマナガツオでいいが、「本草綱目」の比定は大錯誤) | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 白魚 (混沌にして同定比定不能) »