フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 萬世百物語卷之四 十六、海中の捨舟 / 萬世百物語卷之四~了 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 海豚(いるか) »

2020/08/19

大和本草卷之十三 魚之下 シビ (マグロ類)

 

シビ 日本ニ昔ヨリ鮪ノ字ヲシビトヨム鮪ハ鱘ノ別名ナリ

本草ニ時珍曰鱘其色靑碧腹下色白是ハシビニ似タ

リ又曰其鼻長与身等口在頷下肉色純白是皆

シビトカハレリシビノ口ハ頷下ニナシ今シヒト云魚ハ其形

鰹ノコトク略マルシ皮ノ色カシラ尾ノ形モ鰹ノ如シ有

鱗口トガレリ皮色淡白頭扁シ長一間バカリ肉赤シ

肥大ナリ、味ブリノ如シ毒アリ往〻人ヲ醉シム西州

ニハ五嶋平戶ニ多ク捕ル本草ニヲイテ別ニシヒノ如ナル

魚ミヱス但鮪ニ別種アリテ本邦ニアルシビモ鮪ナルカ

鱘魚牛魚鮠魚ナト本草ニ載タリシビモ此類ナルヘシ

○マグロ是シビノ小ナルヲ云フリノ子ヲハマチト云カ如シ

シビトマグロト非二物又マルタトモ云大ナルハ長三四尺ア

リ其最小ナルハメジカト云又鰹ニ似テ大ナリ肉赤

シ小毒アリ味アレトモ下品ナリ漁人ホシテカツヲトス

味堅魚ニヲトル爾雅注郭璞カ說ニ鮪大小ヲ分テ

三等トス本邦ノシビマグロ目ジカモ大小三等アリ然

ラハ王鮪ハシヒ叔鮪ハマグロ鮥子ハメジカナルヘシ

○やぶちゃんの書き下し文

シビ 日本ニ昔ヨリ鮪ノ字ヲシビトヨム鮪ハ鱘ノ別名ナリ

本草ニ時珍曰鱘其色靑碧腹下色白是ハシビニ似タ

リ又曰其鼻長与身等口在頷下肉色純白是皆

シビトカハレリシビノ口ハ頷下ニナシ今シヒト云魚ハ其形

鰹ノコトク略マルシ皮ノ色カシラ尾ノ形モ鰹ノ如シ有

鱗口トガレリ皮色淡白頭扁シ長一間バカリ肉赤シ

肥大ナリ味ブリノ如シ毒アリ往〻人ヲ醉シム西州

ニハ五嶋平戶ニ多ク捕ル本草ニヲイテ別ニシヒノ如ナル

魚ミヱス但鮪ニ別種アリテ本邦ニアルシビモ鮪ナルカ

鱘魚牛魚鮠魚ナト本草ニ載タリシビモ此類ナルヘシ

○マグロ 是シビノ小ナルヲ云フリノ子ヲハマチト云カ如シ

シビトマグロト非二物又マルタトモ云大ナルハ長三四尺ア

リ其最小ナルハメジカト云又鰹ニ似テ大ナリ肉赤

シ小毒アリ味アレトモ下品ナリ漁人ホシテカツヲトス

味堅魚ニヲトル爾雅注郭璞カ說ニ鮪大小ヲ分テ

三等トス本邦ノシビマグロ目ジカモ大小三等アリ然

ラハ王鮪ハシヒ叔鮪ハマグロ鮥子ハメジカナルヘシ

○やぶちゃんの書き下し文

しび 日本に、昔より、「鮪」の字を「しび」とよむ。「鮪」は「鱘」の別名なり。「本草」に時珍曰はく、『鱘、其の色、靑碧〔(あをみどり)〕、腹の下、色、白し』〔と〕。是れは「しび」に似たり。又、曰はく、『其の鼻、長くして身と等し。口、頷の下に在り。肉色、純白』〔と〕。是れ皆、「しび」と、かはれり。「しび」の口は頷の下になし。今、「しび」と云ふ魚は、其の形、鰹〔(かつを)〕のごとく、略〔(ほぼ)〕まるし。皮の色・かしら・尾の形も鰹のごとし。鱗、有り、口、とがれり。皮の色、淡白。頭〔(かしら)〕扁〔(ひらた)〕し。長さ一間ばかり。肉、赤し。肥大なり。味、「ぶり」のごとし。毒あり。往々、人を醉〔(ゑひ)〕しむ。西州には五嶋〔(ごたう)〕・平戶に多く捕る。「本草」にをいて[やぶちゃん注:ママ。]、別に「しび」のごとくなる魚、みゑず[やぶちゃん注:ママ。]。但し、鮪に別種ありて、本邦にある「しび」も鮪なるか。鱘魚・牛魚・鮠魚など、「本草」に載りたりし。「しび」も此の類〔(るゐ)〕なるべし。

○まぐろ 是れ、「しび」の小なるを云ふ。「ぶり」の子を「はまち」と云ふがごとし。「しび」と「まぐろ」と二物に非ず。又、「まるた」とも云ひ、大なるは、長さ三、四尺あり。其の最小なるは「めじか」と云ひ、又、鰹に似て、大なり。肉、赤し。小毒あり。味あれども下品なり。漁人、ほして「かつを〔ぶし〕」とす。味、堅魚〔(かつを)〕にをとる[やぶちゃん注:ママ。]。「爾雅」の注〔の〕郭璞が說に、『鮪、大小を分〔(わかち)〕て三等とす』〔と〕。本邦の「しび」・「まぐろ」・「目じか」も大小三等あり。然らば、「王鮪」は「しび」、「叔鮪」は「まぐろ」、「鮥子」は「めじか」なるべし。

[やぶちゃん注:結論から言えば、ここで益軒に言うのは、

「しび」=スズキ目サバ亜目サバ科サバ亜科マグロ族マグロ属クロマグロ Thunnus orientalis

で、次いで「○まぐろ」として掲げられているものは、『「しび」の小なるを云ふ』から見ても、

「まぐろ」=マグロ属キハダ Thunnus albacares

で、そこで「其の最小なるは」とする、

「めじか」=マグロ属メバチ Thunnus obesus

と同定しておく。そうしないと、部分的に各個に見てゆくと、他の種も候補として挙げられて、収拾がつかなくなるからである。

『日本に、昔より、「鮪」の字を「しび」とよむ』「古事記」の顕宗天皇相当の部分の歌垣の中に(歌謡番号一〇九)「阿蘇毘久流 志毘賀波多傳爾」(遊び來(く)る しびが端手(はたで)に:ぶらぶらと泳いでやってくる「しび」の傍らに)と出る。但し、これは志毘臣(しびのおみ)という名に掛けたちゃらかしであって実際の魚が詠まれたり、描かれてたりしているわけではない。「日本書紀」のそれも同じで、「古事記」の伝承譚のメイン部分を小泊瀬稚鷦鷯尊(おはつせのわかさざきのみこと=武烈天皇)と平群鮪(へぐりのしび:皇臣であったが増長して自ら王となろうとした平真鳥(へぐりのまとり)の子)の影媛(かげひめ:物部麁鹿火(もののべのあらかひ)の娘)の対決シーンに同じように出る。ただ、そこでは「鮪」の漢字が使用されており、「しび」と読ませている。「日本書紀」ではこの人物の他に、天智天皇が新羅へ送った使者の名や、推古天皇の女官の名の一部に「鮪(しび)」の字が見られる。「万葉集」では第六巻の山部赤人の一首(短歌三首附属。長歌のみ示す)の九三八番に、

   山部宿禰赤人の作れる歌一首幷せて短歌

やすみしし わご大君(おほきみ))の 神(かむ)ながら 高知ろしめす 印南野(いなみの)の 大海(おほみ)の原の 荒栲(あらたへ)の 藤井の浦に 鮪(しび)釣ると 海人舟(あまふね)散-動(さわ)き 鹽燒くと 人そ多(さは)にある 浦をよみ 諾(うべ)も釣(つり)はす 濱を良(よ)み 諾も鹽燒く あり通(がよ)ひ 見ますもしるし 淸き白濱

と出る。「印南野」は現在の須磨の浦一帯、「藤井の浦」現在の明石の浦辺。原文表記も「鮪」(次も同じ)。今一つあり、第十九巻の大伴家持の天平勝宝二(七五〇)年五月の一首(四二一八番)で、

   漁夫(あま)の火光(ともしび)を
   見たる歌一首

 鮪(しび)突くと

   海人(あま)の燭(とも)せる

  漁火(いざりび)の

    秀(ほ)にか出でなむ

       我が下思(したも)ひを

『「鮪」は「鱘」の別名なり』として、以下、益軒は「本草綱目」の叙述のマグロに似ている箇所と、全然、似ていない箇所を示しつつ、最後には本邦のマグロは別種のマグロ類としているわけだが、この益軒の引用をマグロの姿を抹消し、淡水にも海水にもいる異同部を繋げて想起してみて貰いたい。而して「本草綱目」「鱗之四」の「鱘魚」の釈名と集解を引こう。

   *

鱘魚【「拾遺」。】

釋名鱏魚【「尋」・「淫」、二音。】。鮪魚【音「洧」。】。王鮪【「爾雅」。】。碧魚、時珍曰、『此魚延長。故從「尋」從「覃」。皆延長之義。』。「月令」云、『季春、天子薦鮪於寢廟。故有「王鮪」之稱。』。郭璞云、『大者名王鮪、小者名叔鮪、更小者名鮥子。音洛。』。李奇「漢書」注云、『周洛曰鮪、蜀曰䱴䲛。』。音「亘懵毛詩疏義」云、『遼東登萊人、名尉魚。言樂浪尉仲明溺海死。化爲此魚。蓋尉亦鮪字之訛耳。』。「飲膳正要」云、『今遼人、名乞里麻魚。』。

集解藏器曰、『鱘生江中。背如龍長一二丈。』。時珍曰、『出江淮黄河遼海深水處亦。鱣屬也。岫居。長者丈餘。至春始出而浮陽見日則目眩。其狀如鱣而背上無甲其色青碧、腹下色白。其鼻長與身等。口在頷下。食而不飲。頰下有靑斑紋、如梅花狀。尾岐如丙。肉色純白。味亞於鱣。鬐骨不脆。羅願云、『鱘狀如鬵鼎上大下小。大頭哆口似銕兠鍪。其鰾亦可作膠如鱘鮧也。亦能化龍。』。

   *

特徴をよく読み取って欲しいのだ。「龍」のようなのだ。「龍になる」とさえ最後には言っているのだ。頰の下に青い特徴的な斑紋があるのだ。それは梅の花のような形をしているのだ。「鬐骨」(キコツ:鬣の骨。背鰭とその背骨の部分)は非常に硬いのだ。六メートルもあるのだ(ここは誇張ととらないで欲しい)。しかも、海は最後で、まずは「江・淮・黄河」と大きな淡水河川を出現場所としているのだ。流石に、もう、お判りだろう。当時の日本人は知らなかった(アイヌの人々は知っていた。北海道にも当時はいたから)、この「鱘魚」とは、

「鱘」=条鰭綱軟質亜綱チョウザメ目チョウザメ科 Acipenseridae

のことで、マグロとは何の関係もないのである。現代中国語でも「鱘」はチョウザメなのだ。幸い、現在は「鱘」を「まぐろ」と読むことはまずなくなった。この誤認は寺島良安にも見られ、「和漢三才圖會 卷第五十一 魚類 江海無鱗魚」でも、「かぢをとし 鱘」を項として掲げ(その直後に「しび はつ 鮪」の項を配している)、飛び上がった頬に少女漫画の瞳の中の☆☆が流れ落ちたような紋様までご丁寧に描き込んだ挿絵を添えてている。これは日本人が見たらまず、百人中、九十九人が、鋭い口吻を持った『「かじきまぐろ」でしょ?』と言うはずだ。私も当初は海産のスズキ目メカジキ科 Xiphiidae 及びマカジキ科 Istiophoridae の二科に属する魚(カジキマグロとは通称で正式和名ではない)の絵であるだろうと勝手に思い込んでいたから。良安も結局、「本草綱目」を無批判に挙げ、結果、それに同定しているように読めるのだ。しかし! 違う! このカジキのようなそれは、チョウザメ中の異形種である、

チョウザメ目ヘラチョウザメ科ハシナガチョウザメ属ハシナガチョウザメ(古くはシナヘラチョウザメと呼称)Psephurus gladius

なのであった。これを同定して教えて下さった方は、「釜石キャビア株式会社」というチョウザメの日本での養殖を行っておられたところでチョウザメに係わるお仕事に従事しておられた方で、同種を描いた中国切手も送って下さった。前のリンク先とともに、二〇〇八年六月八日の私のブログ記事「チョウザメのこと」を是非、読まれたい。しかし、その後の東日本大震災で施設が流され、事業の再開はならなかったようである。悲しい。

「五嶋」五島列島。

「牛魚」違いますね、益軒先生。「本草綱目」のこれはまず、哺乳綱ジュゴン(海牛)目ジュゴン科ジュゴン属ジュゴン Dugong dugon ですよ。

「鮠魚」これも違います。限定は出来ませんが、時珍は明らかに淡水産のハヤ類(散々注したのでもうしない)やナマズ類を指しており、マグロとは何の関係もありんせんヨ。

「まぐろ」は『是れ、「しび」の小なるを云ふ。「ぶり」の子を「はまち」と云ふがごとし。「しび」と「まぐろ」と二物に非ず。又、「まるた」とも云ひ、大なるは、長さ三、四尺あり。其の最小なるは「めじか」と云ひ、又、鰹に似て、大なり』結果して私は異種と断じたわけだが、当時の漁民がそうした出世魚的な観点から、複数のマグロ類を捉えていた可能性を示唆するものとして興味深い。

「小毒あり」ありません。あるとすれば、強力な痛みを引き起こす帰省中のアニサキス(線形動物門双腺綱回虫目回虫上科アニサキス科アニサキス亜科アニサキス属 Anisaki)ですね(私はやられたことがあるので大いに語れる)。

「かつを〔ぶし〕」鮪節は実際に製造され、現在も売られている。

『「爾雅」の注〔の〕郭璞が說に、『鮪、大小を分〔(わかち)〕て三等とす』〔と〕。本邦の「しび」・「まぐろ」・「目じか」も大小三等あり。然らば、「王鮪」は「しび」、「叔鮪」は「まぐろ」、「鮥子」は「めじか」なるべし』対象魚がチョウザメという違いはあれど、益軒先生が腑に落ちたお気持ちは察しまする。]

« 萬世百物語卷之四 十六、海中の捨舟 / 萬世百物語卷之四~了 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 海豚(いるか) »