フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 たがへ (タカベ) | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 魚鮓 »

2020/09/12

大和本草卷之十三 魚之下 魚膾

 

魚膾 細者爲膾大者為軒本草綱目本草約言等

ニ治病之功多シト云壯盛ノ人ハ食之可無害虚冷病

人老衰之人所不宐也凡生肉ハ脾胃ノ發生ノ氣ヲ

ヤフル醋ハ脾虚ニ不宐生肉生菜ニ醋ヲ加ヘ和乄生ニ

テ食ス最害アリ魚肉ヲ細ニ切塩酒菜蔬ニ和乄後

少煑アタヽメ醋ヲ少加ヘ食ス不傷胃本草ニ魚膾ハ

𤓰ト同食スヘカラス然レハ魚ト菜𤓰トヲ和乄膾ニシテ

食フヘカラス又生肉ヲ大ニ聶テ醋或煎酒ニ浸シ食フヲ

指身ト云病人不可食肉ヲ切テ沸湯ニテ微煮テ

ワサヒ芥薑醋或煎酒ヲアタヽメ肉ヲ入テ食フ無害人

ヨリ生肉ハ不滯消化易シ煮乾塩藏シタル魚滯ヤスシ

ト云人ノ性ニヨルヘシ無病人ハ生肉早ク消乄不滞

○やぶちゃんの書き下し文

魚膾〔(うをなます)〕 細き者を膾と爲〔(な)〕し、大なる者を軒(さしみ)と為す。「本草綱目」・「本草約言」等に『治病の功、多し』ト云ふ。壯盛〔(さうせい)〕の人は之れを食ひて、害、無かるべし。虚冷の病人・老衰の人、宐〔(よろ)し〕からざる所なり。凡そ、生肉は脾胃の發生の氣を、やぶる。醋〔(す)〕は脾虚に宐〔し〕からず。生肉、生菜に醋を加へ、和して、生にて食す〔は〕最も害あり。魚肉を細〔(こまか)〕に切り、塩・酒・菜に和して後、少し煑〔に〕あたゝめ、醋を少し加へ、食す〔は〕胃を傷めず。「本草」に『魚膾は𤓰〔(うり)〕と同食すべからず』〔と〕。然〔(しか)〕れば、魚と菜・𤓰〔(うり)〕とを和して膾にして食ふべからず。又、生肉を大〔(だい)〕に聶(へ)ぎて、醋或いは煎酒〔(いりざけ)〕に浸し、食ふを、「指身〔(さしみ)〕」と云ふ。病人、食ふべからず。肉を切りて沸湯にて、微〔(わづか)に〕煮て、わさび・芥〔(からし)〕・薑〔(しやうが)〕醋、或いは煎酒をあたゝめ、肉を入れて食ふ〔は〕、害、無し。人により、生肉は滯〔(とどこほ)〕らず、消化し易し。煮(に)、乾(ほ)し、塩藏したる魚〔は〕、滯りやすし、と云ふ。人の性〔(しやう)〕によるべし。病ひ無き人は、生肉、早く消〔(せう)〕して滞らず。

[やぶちゃん注:「軒(さしみ)」刺身に同じい。小学館「日本国語大辞典」の語源説に「大言海」から、江戸時代、「切る」を忌詞(いみことば)としたためかとあって、「み」な肉の意とする。江戸末期から明治にかけて編纂された国語辞書「和訓栞」(わくんのしおり:谷川士清(ことすが 安永六(一七七七)年~明治二〇(一八八七)年) 編)に「魚軒(さしみ)」と出るが、幾ら調べてみても、「軒」の漢字がどうして「刺身」の意になるのかが腑に落ちる記載には巡り逢わなかった。識者の御教授を乞うものである。

「本草約言」「藥性本草約言」。明の薛己(せつき)編の本草書。和刻本は万治三(一六六〇)年刊。

「壯盛」若くて元気がよいさま。又は、若い盛り。

「虚冷」虚弱体質、或いは、体温が有意に低下するような疾患に罹っている人、或いは、消化器系疾患等によって衰弱している人を指す。

「宐」「宜」の異体字。

「脾胃」漢方では広く胃腸、消化器系を指す語である。

「發生の氣」正常な陽気の発生。

「脾虚」消化器系機能全体の低下。

「生肉、生菜に醋を加へ、和して、生にて食す」以下の叙述から、魚の生肉を大きな切り身の状態で、しかもそれに生の野菜を添えて和(あ)えて、そのまんま、食べることを禁忌としていることが判る。

『「本草」に『魚膾は𤓰〔(うり)〕と同食すべからず』〔と〕』「𤓰」は「瓜」の異体字。「本草綱目」「鱗之四」に「魚鱠」があり、その「氣味」の中に、陳蔵器の引用として、『不可同𤓰食』と出る。根拠は記されていない。食べ合わせの類いに過ぎない。

「聶(へ)ぎて」角川書店「新版 古語辞典」に「ひう」で、他動詞ワ行下二段とし、「肉などを薄く小さく切る。はぐ」とある。「剝ぐ」の古形か。「古事記」の歌謡に既に出る。

「煎酒〔(いりざけ)〕」二種あり、①酒を煮立ててアルコール分を飛ばしたもので調味用に用いるもの。②酒に醤油・鰹節・梅干しなどを入れて煮詰めたもので、刺身・酢の物などの調味料として用いる。ここは②の意であろう。

「指身〔(さしみ)〕」これ以外にも「差身」「差味」などとも漢字を当てた。]

« 大和本草卷之十三 魚之下 たがへ (タカベ) | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 魚鮓 »