フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 畔田翠山「水族志」 (二五四) ウミケムシ (ウミケムシ・ウミイサゴムシ) | トップページ | 畔田翠山「水族志」 (二五六) ウミフデ (ケヤリムシ) »

2020/09/28

畔田翠山「水族志」 (二五五) イソツビ (イソギンチャク類)

 

(二五五)

イソツビ【紀州若山】一名ケツビ【紀州田邊】ムマノシリノス【筑前福岡】イネツビ【紀州海士郡大川村】[やぶちゃん注:原本はここ。行末で、以下、本文に入るものと採れるから、一字空けた。] 海巖ノ間ニアリ春日潮干テ其袋大ニナリ圓ク桃栗ノ大ノ如シ白色柔軟ニ乄褐色ノ縱條アリ

 

○やぶちゃんの書き下し文

(二五五)

イソツビ【紀州若山。】・一名「ケツビ」【紀州田邊。】・「ムマノシリノス」【筑前福岡。】・「イネツビ」【紀州海士郡大川村。】 海巖の間にあり。春日〔しゆんじつ〕、潮、干〔ひ〕きて、其の袋、大になり、圓〔まる〕く桃・栗の大〔おおいさ〕のごとし。白色、柔軟にして、褐色の縱の條〔すぢ〕あり。

 

[やぶちゃん注:刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イソギンチャク目 Actiniaria のイソギンチャク類であるが、本文末の「褐色の縱の條」を持つ種というのは、本邦では全国的に潮間帯の岩礁や貝殻上に普通に見られる、

イソギンチャク目尋常イソギンチャク亜目ヒダベリイソギンチャク上科タテジマイソギンチャク科タテジマイソギンチャク属タテジマイソギンチャク Haliplanella lineata

であろう(この項での分類は日本動物分類学会誌『タクサ』(二〇一九年第四十六号)の泉貴人・藤井琢磨・柳研介氏の共同論文「最新のイソギンチャク分類体系の紹介とそれに伴う和名の提唱に拠ったので、従来の図鑑類や分類表及びネット上の記載とは異なる)。但し、私はイソギンチャクというと、幼少期の初見参に遡るからか、まず、

尋常イソギンチャク亜目ウメボシイソギンチャク上科ウメボシイソギンチャク科Anthopleura 属ヨロイイソギンチャク Anthopleura uchidai

次に、

同属ミドリイソギンチャク Anthopleura fuscoviridis

その次に、

同上科ウメボシイソギンチャク科ウメボシイソギンチャク属ウメボシイソギンチャク Actinia equina

を想起するのを常としており、タテジマイソギンチャクはその後である。以上の四種で概ね、通常、人々が想起するイソギンチャクをだいたいカバー出来ると私は思う。但し、項の頭に並ぶ異名は、それらのどれでもあるかも知れぬし、或いは、どれでもない可能性もあることを押さえておく必要はある。

「イソツビ」「ウミシカ(アメフラシ)」では、まずはおとなしく「磯螺」か、などと言ったがここはもう百%「磯玉門」「磯𡱖」(孰れも「いそつび」と読む)である。「つび」は女性生殖器の外陰部の古名である。触手を開いたイソギンチャク類を、そのシミュラクラとしたもので間違いない。いや、寧ろ、私は、触手を閉じた瞬間の収縮過程の内腔が覗けている時の方が、その形容に最もマッチすると考えている。完全に閉じてしまった(海水を逃がさないように密閉した状態)のイソギンチャクはどれでも却って似ていない。

「紀州若山」何度も出た和歌山市和歌の浦。

「ケツビ」「ツビ」は同前。「ケ」は「毛」で前者との関係から触手を陰毛に喩えたものかも知れない。

「ムマノシリノス」これは「馬(むま)の尻の巢」で「巢」は「穴」の意であり、「ウマの肛門」の意である。実はこれは「筑前福岡」でこれでも大人しい言い方で、同じ福岡県の柳川などの有明海沿岸では、「ワケノシンノス」(若い衆の尻(けつ)の穴)という、恐らくは江戸時代まで華やかだった若衆道の名残とも感じられる。そして、このイソギンチャクは、当地で食用にされている、

ウメボシイソギンチャク上科ウメボシイソギンチャク科 Gyractis 属イシワケイソギンチャク Gyractis japonica sensu

であろうと思うのである。

「イネツビ」「イネ」は不詳。

「紀州海士郡大川村」旧海部(あま)郡大川浦、恐らくは和歌山県和歌山市大川(グーグル・マップ・データ)ではないか。]

« 畔田翠山「水族志」 (二五四) ウミケムシ (ウミケムシ・ウミイサゴムシ) | トップページ | 畔田翠山「水族志」 (二五六) ウミフデ (ケヤリムシ) »