フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 とくびれ | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 がうざ (不詳・ウスメバル?) »

2020/09/08

大和本草卷之十三 魚之下 奥目張(をきめばる) (アカメバル)

 

【和品】[やぶちゃん注:底本は前に合わせて「同」。]

奥目張 メハルノ類ニ非色ハ淡黑ニ乄メハルニ似タリ目大ナリ

メハルヨリ形セハシ味メハルニ異ナリ味ヨシ石首魚ノ形ニ

ヨク似タリ口ハメバルヨリセバシ長六七寸八寸ニ不過

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

奥目張(をきめばる) 「めばる」の類に非〔(あら)〕ず。色は淡黑にして「めばる」に似たり。目、大なり。「めばる」より、形、せばし。味、「めばる」に異〔(こと)〕なり、味、よし。石首魚(ぐち)の形に、よく似たり。口は「めばる」より、せばし。長さ、六、七寸、八寸に過ぎず。

[やぶちゃん注:「をきめばる」のルビ(元は「ヲキメバル」とカタカナ)はママ。「沖(澳)眼(目)張」で「おきめばる」が正しい。詳しい同定過程は「大和本草卷之十三 魚之下 緋魚 (最終同定比定判断はカサゴ・アコウダイ・アカメバル)」で注したので、見られたいが、これは、益軒先生の謂いは「ブー!」(×)で、メバルの代表種である、

条鰭綱新鰭亜綱棘鰭上目カサゴ目カサゴ亜目フサカサゴ科又はメバル科メバル属メバル(アカメバル)Sebastes inermis

の釣魚としての俗称である。彼らは他に「赤(あか)」「金(きん)」とも呼ばれる。但し、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のアカメバルのページの記載に、『クロメバル、シロメバル、アカメバルは流通上、日常的には区別しない』とされた上で、『沖合にいるウスメバルが「沖めばる」、本種など3種類が「めばる」と呼ばれていた』とあった。そこで、そちらのウスメバルのページを見ると、上記種以外に、この、

メバル属ウスメバル Sebastes thompsoni

が、『浅い岩礁域にいるメバル(クロメバル、シロメバル、アカメバル)と比べると』、『沖合の深場にいるために沖メバル、もしくは色合いから赤メバルと呼ばれる事が多い』とあったので、これも挙げておかなくてはならないかとも思った。しかし、益軒は体色を「淡黑」と述べており、『全体に黒味が強くやや赤味がか』っているアカメバルに比して、ウスメバルには『体側に不規則な褐色斑がある』(引用は「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」から)とあり、写真で見ても、はっきり違って見えるので、やはりアカメバルでよかろう。

「石首魚(ぐち)」「大和本草卷之十三 魚之下 石首魚(ぐち)(シログチ・ニベ)」を参照されたい。]

« 大和本草卷之十三 魚之下 とくびれ | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 がうざ (不詳・ウスメバル?) »