フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 こち | トップページ | 金玉ねぢぶくさ卷之四 若狹祖母 / 金玉ねぢぶくさ卷之四~了 »

2020/09/03

大和本草卷之十三 魚之下 八目鰻鱺(やつめうなぎ)

 

【和品】[やぶちゃん注:底本は前に合わせて「同」。]

八目鰻鱺 ウナギニ似テ白㸃如目ナルモノ八九アリ

味不好世俗ニ鱓ヲヤツメウナギト訓ズ未是鱓ハ別

物ナリ

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

八目鰻鱺(〔やつめ〕うなぎ) 「うなぎ」に似て、白㸃〔(はくてん)〕、目のごとくなるもの、八、九あり。味、好からず。世俗に「鱓〔(セン)〕」を「やつめうなぎ」と訓ず、未だ是〔(ぜ)なら〕ず〔して〕、鱓は別物なり。

[やぶちゃん注:脊椎動物亜門無顎上綱(円口類=無顎類) 頭甲綱ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科 Petromyzontidaeに属する生物。体制が似ているために「ウナギ」の呼称がつくが、生物学的には、タクソン上、魚上綱に含まれないため、魚ではないとする見解さえあるが、では、その習性から魚に付着して体液を吸引する魚類寄生虫とするのも、私には馴染まない気がする。複数種が知られるが、本邦の場合、食用有益種としては同科ヤツメウナギ目 Petromyzontiforme のカワヤツメ(ヤツメウナギ)Lampetra japonica及びスナヤツメ Lethenteron reissneri である。ヤツメウナギ類はウナギ類のレプトセファロス(Leptocephalus)同様に、幼生が成魚と大きく異なった形態をしており、アンモシーテス(Ammocoetes)と呼ばれる。幼生は目が皮下に埋没していて無眼に見え(但し負の走光性を示すので感覚器としては機能していると思われる)、口吻もロート状又は頭巾状(成魚は吸着吸引に特化した吸盤状)で、川床の泥中に四年間程(ある記載では一~七年と幅が広い)底棲している。変態後(変態後は開眼する)は海に下り、魚類に吸着して体液を吸う(ヤツメウナギ目には降河しない種がおり彼等は産卵まで餌を全くとらないという)、二~三年後(スナヤツメではこの期間が短く半年程度であるらしい)に産卵のために、再び、川に遡上する。その際にはもう摂餌をせず、目も消化管と共に退化してしまい、体長もアンモシーテス期より逆に小さくなるとも言う。再び盲(めし)い、飲まず食わずで身を細らせての皮つるみ、そして死――ドラキュラのごとく忌み嫌われる彼等も、確かな生物の厳粛な営みの中にいるのである。

「目のごとくなるもの、八、九あり」ヤツメウナギの体の両側には七対の鰓孔があり、それが、一見、眼のように見えることから、本来の眼と合わせて「八目」と呼ばれるが、これに加えて鼻孔入れると、九つ見えるのである。

「鱓」既に「大和本草卷之十三 魚之下 ひだか (ウツボ)」で、益軒は正しくウツボに同定している。]

« 大和本草卷之十三 魚之下 こち | トップページ | 金玉ねぢぶくさ卷之四 若狹祖母 / 金玉ねぢぶくさ卷之四~了 »