フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 金玉ねぢぶくさ卷之四 冨士の影の山 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 八目鰻鱺(やつめうなぎ) »

2020/09/03

大和本草卷之十三 魚之下 こち

 

【和品】[やぶちゃん注:底本は前に合わせて「同」。]

コチ 國俗魥ノ字ヲ用性不好無益人本草不載之

其性未詳未知漢名或曰蟾化乄コチトナル者稀有

之、本草ニ鯼アリ近之

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

こち 國俗、「魥」の字を用ふ。性、好からず。人に、益、無し。「本草」、之れを載せず。其の性、未だ詳らかならず、未だ漢名を知らず。或いは曰はく、「蟾〔(ひきがへる)〕、化して『こち』となる者、稀れに、之れ、有り」〔と〕。「本草」に「鯼」あり。之れに近し。

[やぶちゃん注:カサゴ目コチ亜目コチ科コチ属マゴチ Platycephalus sp.を挙げておく。ウィキの「マゴチ」によれば、『日本の分布域は、日本海側は山形県以南、太平洋側は宮城県以南とされる。なお、マゴチや近縁種のヨシノゴチは、奄美大島以南の太平洋、インド洋、地中海に分布するPlatycephalus indicusと同一種とされていたが、研究が進み』、『別種とされるようになった。ただし、まだ学名が決まっていないので、学名は』上記の通り、未だ『(コチ属の一種)という表現がされ』たままである。漢字表記は「真鯒」。他にマゴチよりずっと小型のコチ科メゴチ属メゴチ Suggrundus meerdervoorti や、スズキ目ネズッポ亜目ネズッポ科ネズッポ属ネズミゴチ Repomucenus richardsonii が通用で「コチ」として認識されている。私などは、キス釣りの外道でよく釣ったネズミゴチを「コチ」として認識する(最初に想起してしまう)ことが未だに払拭出来ていない。ヌメリと鰓孔の横の太い棘(左右一対)が面倒だが、結構、美味いんだけどなぁ。

「魥」この漢字は古くから「おさし」(歴史的仮名遣「をさし」)と訓じて、魚を竹串に刺し貫いて干したものを指す。語源は「魚刺」の意とも、「尾刺」の意とも言われる。

「蟾〔(ひきがへる)〕、化して『こち』となる者、稀れに之れ有り」「和漢三才図会」の寺島良安もそうだけど(但し、彼は「和漢三才圖會 卷第四十九 魚類 江海有鱗魚」で「こち 鯒」を立項しており、その記載はマゴチによく合う)、益軒先生もこうした化生説を安易に記し過ぎる。

「鯼」時珍はこの魚を『生江湖中』と言っていますから、益軒先生、違いますね。本邦ではこの漢字を、イシモチやニベ、或いはイシナギに用いている。]

« 金玉ねぢぶくさ卷之四 冨士の影の山 | トップページ | 大和本草卷之十三 魚之下 八目鰻鱺(やつめうなぎ) »