フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 和尚魚(をしやううを) (アシカ・オットセイの誤認) | トップページ | 甲子夜話卷之六 19 神祖、駿城御坐のとき、遊所ゆきのことに付上意 »

2020/09/04

甲子夜話卷之六 18 文化の御製幷近世京都紳の秀逸

 

6-18 文化の御製幷近世京都紳の秀逸

林氏云。京紳の歌も、近世は多くは依ㇾ樣畫胡廬の類なり。偶々人の傳るを聞中、秀逸とも云べきは耳底に殘りて、忘れたくも忘れられず。これぞ名歌とも云べき。

   春江霞     文化十二年 御 製

 月花の影も匂ひもこめてけり

      霞あやなす春の入江は

   落花        閑院美仁親王

 のどかなる春日なれども櫻花

      ちる木のもとは風ぞ吹ける

   五月雨

 さみだれのふるやのゝきにすくふ蜂の

      晴まを待てたゝんとやする

   春月       西洞院風月入道

 櫻には霞かねたる影見えて

      花より外は春のよの月

   郭公       裏松入道固禪

 いざゝらば月も入りけりほとゝぎす

      夢に待夜の枕さだめむ

   月前時雨     前中納言實秋

 床寒き寐覺の友の窓の月

      またかきくもりふる時雨哉

   月前雁

 雲霧もなくそら高くすむ月の

      南に向ふはつかりの聲

   夜雨

 つれづれの雨もいとはじあすは猶

      花の木のめやはるの手枕

■やぶちゃんの呟き

「林氏」お馴染みの林述斎。

「依ㇾ樣畫胡廬」「樣(やう)に依りて胡廬(ころ)を畫(ゑが)く」。決まりきった様式に従って瓢簞(ひょうたん)を描く」という凡庸なマニエリスムから、「手本の通りにだけ行って、少しも工夫されていないこと」を揶揄する故事成句。「胡蘆」が普通。小学館「日本国語大辞典」によれば、宋の太祖は、尚書陶穀の起草した制誥(せいこう)詔令(詔勅に同じ)は「様によって胡蘆を描くものだ」として重んじなかったので、穀は「堪ㇾ笑翰林陶学士、一生依ㇾ様画葫蘆」と詠じて自嘲したという「続湘山野録」などに見える故事からとし、『様式にのみたよって、真実みのない外形だけの瓢箪の絵を描く意で、表面の形状、先例の通りをまねて何ら独創的なところがないことのたとえ』とある。

「文化十二年 御 製」光格天皇(明和八(一七七一)年~天保一一(一八四〇)年/在位: 安永八(一七八〇)年~文化一四(一八一七)年)。

「閑院美仁親王」閑院宮美仁親王(かんいんのみやはるひとしんのう 宝暦七(一七五八)年~文政元(一八一八)年)。歌道に造詣が深かったという。

「西洞院風月入道」公卿西洞院時名(にしのとういんときな 享保一五(一七三〇)年~寛政一〇(一七九八)年)。風月は号。従五位上・少納言・備前権介を経て桃園天皇に仕える。竹内式部に師事して神道・儒学及び尊王思想を学び、朝権の回復を志したが、前関白一条道香(みちか)・関白近衛内前(うちさき)らに弾圧され、式部門下の公卿二十余名とともに処罰され、免官・永蟄居(閉門の上、自宅内の一室に謹慎させ、生涯解除を認めないもの)を命ぜられた(宝暦事件)。

「裏松入道固禪」公家で有職故実家裏松光世(みつよ 元文元(一七三六)年~文化元(一八〇四)年)。内大臣烏丸光栄(からすまるみつひで)の五男。裏松益光の養子となった。固禅は法名。思想家竹内敬持と往来があり、前注に出た「宝暦事件」に連座し、江戸幕府の忌諱に触れ、遠慮(自主的な自宅軟禁で、夜間の秘かな外出は黙認された)の処分を受け、その二年後には「所労と称し出仕致さざる事」との沙汰で永蟄居を命ぜられ、出家させられた。三十年の蟄居生活の間に「大内裏図考證」を著したが、天明八(一七八八)年に内裏が焼失し、その再建に当たって彼の著書の考證を参考とすることとなり、その功により、勅命により、赦免されている。

「前中納言實秋」不詳。

« 大和本草卷之十三 魚之下 和尚魚(をしやううを) (アシカ・オットセイの誤認) | トップページ | 甲子夜話卷之六 19 神祖、駿城御坐のとき、遊所ゆきのことに付上意 »