フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 足有る魚 (同定は多数に及ぶ。以下の私の注を参照されたい)  | トップページ | 遠い昔の僕 »

2020/09/02

大和本草卷之十三 魚之下 はたはた

 

【和品】[やぶちゃん注:底本は前に合わせて「同」。]

ハタハタ 奧州ニ多シ白シテ長七八寸頭廣ク尾小ナリ

色銀箔ノ如シ味淡クシテ美ナリ爲鮓爲塩淹十月ニ

多ク捕ル

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

はたはた 奧州に多し。白〔く〕して長さ、七、八寸。頭、廣く、尾、小なり。色、銀箔のごとし。味、淡くして美なり。鮓〔(すし)〕と爲(な)し、塩淹〔(しほづけ)〕と爲す。十月に多く捕る。

[やぶちゃん注:スズキ目ハタハタ科ハタハタ属ハタハタ Arctoscopus japonicus。昔、二十年ほど前、藤沢にあった秋田料理店で食った緑色のブリコ(ハタハタの卵。摂餌する餌によって色が激しく異なる。太平洋側の藩主が日本海側に移封された時、ハタハタを食べたところ、ブリのように美味いので魚を「ブリコ」と呼んだという話を小学校二年生の時に読んだ教育漫画の読んだのを懐かしく思い出す)の詰まった二十センチメートル余の一匹を炉端で焼いて食ったのが最高に旨かった。恐らく、もうあれに匹敵するものを食べることは望めないであろう。

「十月に多く捕る」これは陰暦。「ハタハタ」は「はたたがみ」(雷神)と同語源である。「はたた」「はたはた」は雷の古いオノマトペイアで、秋田県では寒雷の鳴る十一月頃に獲れる(深海魚であるが、この頃、生殖のために浅瀬に押し寄せる)ことから「カミナリウオ」の異名を持ち、漢字でも「鱩」と書く。]

« 大和本草卷之十三 魚之下 足有る魚 (同定は多数に及ぶ。以下の私の注を参照されたい)  | トップページ | 遠い昔の僕 »