フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 私は | トップページ | 畔田翠山「水族志」 (二四八) ウミシカ (アメフラシ) »

2020/09/24

金玉ねぢぶくさ卷之八 蓮磬寺の舊鼡の事

 

金玉ねぢぶくさ卷之八

   蓮磬寺(れんけいじ)の舊鼡(きうそ)の事

Nekotonedumi

[やぶちゃん注:国書刊行会「江戸文庫」版の挿絵をトリミング合成し、中央部分のズレを隠すために一部に手を加えた。]

 

 武州川越蓮磬寺といふ寺に大きなる舊鼡有〔あり〕て、近所の猫ども、をかくれば、還(かへつ)て、にげ退(のき)、終(つい)に是を取〔とる〕事あたはず。

 ある人、

「かたのごとくの逸物(いちもつ)なり。」

とて、まつくろ成〔なる〕ねこ一疋、つれ來り、件(くだん)の鼡(ねづみ)に合せければ、如何さま、よの猫にかはりけるにや、鼡、是を見て、急に迯(にげ)けるを、ねこ、頻(しきり)に追(をつ)かけければ、鼡、立歸〔たちかへり〕て、ねこを、にらむ。ねこ、とびしざつて、たがひに、にらみ、牙(きば)をあらはし、眼(まなこ)をいからし、うなりさけんで爭ひしが、ねこも卒尓(そつじ)に得かゝらず。鼡は、元より、しゆびを見て、隙(ひま)あらば、にげんとす。たがひに進むも退(しりぞ)くも不叶(かなはず)、既(すで)にくれに及びけれども、たがひに、せう、ぶつかざれば、見物の人、是をわけんと欲(ほつ)して、ねこを呼(よべ)ども、退(しりぞか)ず。鼡をおへば、棟(むな)木へあがり、ねこにおはれては、取〔とつ〕て返し、あるひは破風(はふ)をくゞつて、屋根へ出〔いで〕、まどより入〔いり〕ては、むな木へおり、夜に至れ共〔ども〕、たがひに、わかれず。終夜(よもすがら)にらみ合ける眼(まなこ)の光(ひかり)は、かゞみのごとく、うなる聲は寺中へひゞいて、物すざまじく、よからぬ事に覚〔おぼえ〕しかば、鼡をおい、猫をおへども、やねにあがり、殿上(てんじやう)をつたひにくれば、おい、おへば、取〔とつ〕て返し、たがひにあらそふ聲に、寺中の人々、終夜〔よもすがら〕、ねぶる事、あたはず。

[やぶちゃん注:「蓮磬寺」埼玉県川越市連雀町にある浄土宗孤峰山宝池院蓮馨寺(グーグル・マップ・データ)。公式サイトのこちらによれば、『当山は徳川幕府の定めた、国家公認の学問所でした』。『当山第一世・感誉上人は、今日の浄土宗の正統な考えを確立した人物で』、後の『源誉存応上人は当山で修業した後、大本山増上寺・第十二世となり、徳川家康を増上寺の檀越としました。徳川家は三河時代から浄土宗の信徒でした』。『徳川家康に改名した時代は当山の資料で知ることができます』。また、『浄土宗総本山・知恩院本堂の阿弥陀三尊は、当山第九世で後知恩院第三十七世となった知鑑上人が寄進したものです』。『当山のご本尊、阿弥陀如来像は、鎌倉時代』の弘安元(一二七八)年)に作られたとある。以下、歴史。『戦国の世も末の頃、川越を平定した小田原の北条氏康は、家老の大道寺駿河守政繁(だいどうじするがのかみまさしげ)を川越城の城主としました。寺の名となった蓮馨大姉(れんけいだいし)は、その母堂で、社会の平安を祈り民衆に心安らぐ場を与えるため、甥にあたる英才の誉れ高い感誉存貞(かんよぞんてい))上人を招いて』、『第一世とし』た、天文一八(一五四九)年が『蓮馨寺の始まりです。存貞上人は後に、現在の浄土宗大本山増上寺の第十世となり、浄土宗伝法を確立』し、『現在でもこの伝書を受けることが、浄土宗の僧侶になる条件となっています。又、当山にいた弟子の存応(ぞんのう)上人は、やはり大本山増上寺の第十二世となり、その人徳によって徳川家康と代々将軍家が檀家となったのです』。『呑龍上人は、当山におられた存応』『(のちの観智国(かんちこくし)、徳川家康の宗教上の最高顧問)の直弟子で、以前より各地をめぐっては』、『旱魃(かんばつ)で作物が取れず窮乏する地域には』、『その威神力によって雨を降らせ、飢饉で農家が困ると』、『その子供たちをあずかり育て、あらゆる困りごとをたちまちのうちに解決し、多くの人々を幸せにした生き仏様です』とある。

「舊鼡(きうそ)」劫を経た古鼠。

「をかくれば」「を」はママ。以下同じ。「追ひ驅くれば」の口語「おつかくれば」の縮約。

「還(かへつ)て」これは「間髪入れず、さっと」の意であろう。

「かたのごとくの」世に言うところの典型的な。

「逸物(いちもつ)」群を抜いて優れているもの。

「とびしざつて」さっと後方に飛び退いて。

「卒尓(そつじ)に」ここは「すぐには」の意。

「得かゝらず」飛びかからない。

「しゆび」「首尾」。様子。

「せう、ぶつかざれば」「せう」は不詳。「正(しやう)」で、何時までも、正面切って襲いかかることがなく、睨み合いを続けるばかりなので、の意か。

「破風(はふ)」切妻造や入母屋造の屋根の端の三角形の部分で、古くは通気・排煙のために桟を組んだ開口部があった。

「むな木」「棟木」。挿絵のそれ。

「おい」ママ。「追ひ」。以下同じ。]

 

 よく日、夜(よ)あけても、いまだ、せうぶを、けつせず。そら高ければ、ねこをとらゆる事もかなはず。其まゝ置(をけ)ば、いつ果(はつ)べき勝負とも見へず。人々、あきれて、よく日も、終日(ひねもす)、聞(きゝ)つたへて、見物の人、集り、くれにおよべども、たがひに、わかれず。

[やぶちゃん注:「せうぶ」ママ。「勝負(しようぶ)」。

「そら高ければ」「そら」は接頭語で「何んとなく」辺りで、「大概は」梁の上や屋根裏などの高いところで対峙しているので、の意であろうかと思ったが、後段で「そらよりおちぬ」の語があるので、ここは単に「上の方」の意である。

「とらゆる」ママ。「捕(とら)ふる」。]

 

 如此〔かくのごとく〕あらそふ事、三日三夜(や)して、四日目の辰(たつ)の刻に、鼡、棟木(むな〔ぎ〕)よりすべり落(おち)て死しければ、ねこも、つゞいて、おりんとす。棟木の上を、七、八尺程はしりしが、中途にとゞまり、下へ、おりず。

「如何(いかゞ)しけるぞ。」

と詠居(ながめい)ければ、時刻うつれども、おりざるゆへ、ねこぬし、よべども、うごかず。

 眼(まなこ)も光らざれば、ふしぎにおもひ、梯(はしご)をかけて上り見れば、棟木に爪を立〔たて〕て、すくみ、死(し)したり。

「もし、鼡にくらはれて、手など負(おい)ぬるか。」

と見れども、ねこも、鼡も、一ケ處の疵(きづ)もなし。

 たがひに身をかこひ、用心(ようじん)して、すゝまず、退(しりぞか)ず。もし、一方に油斷の隙(ひま)あらば、鼡は「にげん」とし、ねこは「くらひ付〔つか〕ん」として、晝夜(ちうや)四日、氣をつめ、性(せい)をつかせしゆへ、鼡はそらよりおちぬ内に、はや、棟木のうへにて、にらみじにゝ死して下へ落(おち)、ねこも、「せうぶには、はや、かちぬ」と、あんどせしゆへ、下(した)へおるゝ事、あたはず、労(つか)れ死せしと見へたり。

[やぶちゃん注:「詠居(ながめい)ければ」ルビはママ。

「ゆへ」ママ。以下同じ。

「ねこぬし」猫主。この猫を持ってきた人物であろう。自体が意想外に展開したので、責任上、或いは、ずっと寺に滞在していたものかも知れぬ。

「くらはれて」齧られて。

「負(おい)ぬるか」ルビはママ。

「性(せい)」まあ、「精」とあるべきところであろう。

「つかせし」「盡かせし」。]

 

 されば、如何なる宵寐(よいね)まどひも、ばくちをうつては、夜(よ)の明(あく)る事をしらず。寒(かん)の内にも、すまふをとれば、はだかにて、あせをながしぬ。物のあらそひ程、おろか成(なる)事はあらじ。あそぶ心より七情(〔しち〕じやう)の気(き)を労(つか)らかし、五臟をそんじ、病ひを生ず。命を失ひ、身を滅(ほろぼ)して、何の益(ゑき)かあるや。

[やぶちゃん注:「宵寐(よいね)」ルビはママ。]

 

 今のねこの、鼡を得(ゑ)とらぬとても、主(しう)にすてらるゝにもあらず、とりたればとて、何をおん賞に預るにもあらねど、たゞ自然(しぜん)とおのが役なれば、取らん事を欲(ほつ)し、既に其ために死すべき身をわすれて、それまで気を詰(つめ)しと見へたり。

 誠に、ちく生(しやう)すら、義の心あり。武士の戰場にて先をかけ、てきの首(くび)を取〔とる〕は、仕(し)おふせぬれば、恩賞に預り、よし、討(うた)れても、君への忠と成り、又は榮花を子孫に殘し、勝ても、まけても、そんのない事なり。それには、命をおしんで、敵(てき)にうしろを見せ、君へは不忠となり、子孫には面(おもて)に垣(かき)させ、其身のはぢを、かへり見ず。是らは、さ程に何のために「おしき命」ぞや。

[やぶちゃん注:「主(しう)」ルビはママ。「しゆう」でよい。以下同じ。

「おん賞」「恩賞」。

「得(ゑ)とらぬ」ルビはママ。筆者の癖で、不可能を表わす呼応の副詞を「得」と漢字で書く。しかもここでは歴史的仮名遣「え」であるべきところを誤っている。

「見へ」ママ。

「仕(し)おふせぬれば」ママ。「爲果(しおほ)せぬれば」。

「そんのない」ママ。「損の無き」。

「おしんで」ママ。「おしき」も同じ。

「面(おもて)に垣(かき)させ」面目なくして、世間に顔向け出来ずさせることとなり。「垣さす」は「垣を作る」と同じで、他者と間に隔てをおくことを指す。]

 

 但し、命をかろんずるのみ、手がらにもあらず。死は一心の義に向ふ所にして、やすく、生(しやう)は百慮の智を盡(つく)す中に、まつたければ、難(かた)し。何程、勇はさかんにても、死をかろんずる人は、誠の武道にあらず。武士の道は、進むべき所にしてはすゝみ、退(しりぞく)べき所は退き、生(いく)べき所にはいき、死すべき所に死して、名譽をあらはし、忠に備(そなふ)る、是、誠の武勇なり。

 諱信(かんしん)、淮陰(わいゐん)にて巴夫(ひつぷ)のまたをくゞりしかども、後には、百萬ぎの大將と成り、魏のさうさうは、敵におはれて步立(かち〔だち〕)になり、士卒にまぎれて迯(にげ)侍りしを、てき、是を知つて、

「步武者(かちむしや)の中に、ひげの長きがさうさうなるぞ。ひげ長き武者(むしや)をくみとめよ。」

と、よばゝりければ、けはしき敗軍の中にて、ひげまでを剃(そり)、にげしかど、終に三國をしたがへて、七廟をかゝやかせり。

 是等は皆、小恥を忍んで大勇をとり、死すまじき所に難をのがれて身をまつとふするなり。良將・名士といふは、力を以て、人とあらそはず。智惠を以て戰ひ、血気を退〔しりぞ〕け、謀(はかりごと)を好む。將は社稷(しやしよく)をおもんじ、士は忠を重(おもん)じ、國家のあやうい所は守り、主(しう)の危(あやう)ひ所にては、命を捨(すて)て戰ひ、高名(かうみやう)して、おん賞を貪らん事をおもはず、それまで下されし碌(ろく)のために、身をほうぜん事を思へば、軍神のめうりにかなふて、天然〔しぜん〕と、ふしぎの働(はたらき)をするものなり。

 又は、身のため子孫のためにするも、誠〔まこと〕、仁義の勇にあらず。たゞおんの爲(ため)、忠のために、命をかろんじ、身をかへり見ぬを以て、仁義の勇士とす。死すべき所をのがれ、迯(のが)るべき所に死し、又は、死をおそれ、命をおしみ、忠をかき、恩をおもはず、仁義を離れ、はぢをわすれ、盛(さかん)なる敵(てき)に、かうさんして、おとろへたる主(しう)をすつるは、彼〔かの〕逸物(いちもつ)の猫よりは、おとらんものか。

[やぶちゃん注:教訓解説が長過ぎて鼻につく。

「まつたければ」「全ければ」。(智を十全に働かせてこそ)完全なものとなるものであるからして。

「諱信(かんしん)、淮陰(わいゐん)にて巴夫(ひつぷ)のまたをくゞりしかども」「諱信」は漢を立国した劉邦の有能な武将韓信の誤りで、「巴夫」も「匹夫」(身分の低い道理を弁えない卑しい男)が正しい。以上は彼の若き日のエピソード。ウィキの「韓信」によれば、彼は淮陰(現在の江蘇省淮安市淮陰区)の生まれで、若い頃は『貧乏で品行も悪かったために職に就けず、他人の家に上がり込んでは居候するという遊侠無頼の生活に終始していた。こんな有様であったため、淮陰の者はみな韓信を見下していた。とある亭長の家に居候していたが、嫌気がした亭長とその妻は韓信に食事を出さなくなった。いよいよ当てのなくなった韓信は、数日間何も食べないで放浪し、見かねた老女に数十日間』、『食事を恵まれる有様であった。韓信はその老女に「必ず厚く御礼をする」と言ったが、老女は「あんたが可哀想だからしてあげただけ。お礼なんていいわよ」と語ったという』。『ある日のこと、韓信は町の若者に「てめえは背が高く、いつも剣を帯びているが、実際には臆病者に違いない。その剣で俺を刺してみろ。できないならば俺の股をくぐれ」と挑発された。韓信は黙って若者の股をくぐり、周囲の者は韓信を大いに笑ったという。その韓信は、「恥は一時、志は一生。ここでこいつを切り殺しても何の得もなく、それどころか仇持ちになってしまうだけだ」と冷静に判断していたのである。この出来事は「韓信の股くぐり」として知られる』とある。

「百萬ぎ」「百萬騎」。

「魏のさうさうは、敵におはれて……」「さうさう」は後漢末期の武将で三国時代の魏の基礎を作った曹操。以下は、後漢末期の二一一年に馬超・韓遂ら関中軍閥の連合軍が曹操と戦った「潼関(どうかん)の戦い」の前半のエピソード。個人サイト「紅魂(新)のHP」の「馬超」に、『父や弟が殺されたと聞』いた『馬超は韓遂と協力し』、『曹操を攻め、ついに潼関をおとした。曹操は馬超の勇猛さに舌を巻いた。馬超は曹操をもう少しのところまで追い詰めるが、槍の先が木に刺さり曹操を逃してしまう』。この時、『曹操が派手な恰好をしていたので』、『兵たちは「赤いひたたれを着けているのが曹操だ!」と言った。曹操がひたたれを脱ぎ捨てると』、今度は『「ひげが長い奴が曹操だ!」と言われ、今度はひげを剣で剃り落した。しかし、今度は「ひげが短いのが曹操だ!!」と言われ、顔を覆い隠し』て曹操は逃げた、とある。

「三國」魏・呉・蜀。

「七廟」天子の御霊屋(みたまや)。太祖の廟と三昭・三穆(ぼく)(当代の天子の父から溯って上六代)とを併せて言う。

「社稷(しやしよく)」本来は古代中国で天子や諸侯が祭った土地神(社)と五穀神(稷)のことであるが、後に転じて朝廷・国家の意となった。ここは後者。

「ほうぜん」「奉ぜん」。

「めうり」「名利」。

「かうさん」「降參」。]

« 私は | トップページ | 畔田翠山「水族志」 (二四八) ウミシカ (アメフラシ) »