フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 大和本草卷之十三 魚之下 がうざ (不詳・ウスメバル?) | トップページ | 金玉ねぢぶくさ卷之六 箕面の瀧は弁才天の淨土 »

2020/09/08

大和本草卷之十三 魚之下 海𫙬※魚(恐らくは「海𫙬絲魚」でよい) (ゴンズイ)

 

【和品】[やぶちゃん注:底本は前に合わせて「同」。]

海𫙬※魚 海ノギヽ也長サ五六寸ニ不過白黑ノタテ

[やぶちゃん注:「※」=「糸」+「系」。]

筋アリ其餘ハ如河𫙬絲魚

○やぶちゃんの書き下し文

【和品】

海𫙬※魚 海の「ぎゞ」なり。長さ、五、六寸に過ぎず。白黑のたて筋〔(すぢ)〕あり。其の餘は河の𫙬※魚のごとし。

[やぶちゃん注:これは直感的に海産のナマズ類である、

硬骨魚綱ナマズ目ゴンズイ科ゴンズイ属ゴンズイ Plotosus japonicus

であろうと踏んだ。条件は、

①海産魚。

②淡水産にギギ(「大和本草卷之十三 魚之上 𫙬※魚 (ギギ類)」を参照されたいが、「ギギ」と呼び得るものは複数種いる)と非常によく似た形態の魚。

③刺されると痛い淡水産のギギと同じく、刺されると痛い魚。

④体長は約十五~十八センチメートルと小振りの魚。

➄白と黒のツートン・カラーの縦筋(益軒は博物学者であるから正しく体幹に対して平行な筋をかく呼んでいると考える)を有する魚。

である。では、順に検証していこう。ギギ類はナマズ目 Siluriformes ギギ科 Bagridae であるが、淡水魚である。

①海産のナマズ類(と無批判に限定してよいわけではないが、事実資料として示すと)というのは、ゴンズイ科 Plotosidae とハマギギ科 Ariidae にいるが、日本本土に限ると、三種程度しか上がって来ず、後者のハマギギ Arius maculatus を代表とする種は現在ごく稀にしか確認されていない熱帯・亜熱帯の魚で、前者のミナミゴンズイ Plotosus lineatus も九州が北限である(益軒は福岡藩だから、除外は出来ない)。さすれば、大きな括りでその海水魚が真正のナマズ類であるとするなら、それだけで、ゴンズイ類しかあり得ないと限定は出来ることになるのである。而して適合度は①=「◎」である。

次に、

②形態だが、ギギの代表種の条鰭綱ナマズ目ギギ科ギバチ属ギギ Pelteobagrus nudiceps(新潟県阿賀野川より以南、四国の吉野川、九州東部まで分布する日本固有種)の学名によるグーグル画像検索はこちらで、ゴンズイのそれはこちらだ。そんなに似ているかと言われると、私はそれほど似てるとは思わないが、しかし、全く違うとも言えない。しかも、ナマズ特有の触覚器である「ヒゲ」が孰れも四対八本現認出来るところが、ナマズらしさという共通性が激しく臭ってくると言える。特に私は、ギギよりも、ゴンズイの方が、ナマズらしいとさえ感ずるのである。されば、②=「○」

而して、

ゴンズイにはズバり、「ギギ」「ウミギギ」「ハゲギギ」といった地方名があるのである(「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のゴンズイのページを見られたい)。そうして、ゴンズイが毒針を持つことは、非常によく知られている。ウィキの「ゴンズイ」によれば、背鰭と胸鰭の『第一棘条(毒棘)には毒があり、これに刺されると』、『激痛に襲われる。特に夜釣りでは、釣れたものを手元にたぐり寄せたときに、暗くて毒棘が見えずに触ってしまうことがある。なお、この毒は死んでも失われず、死んだゴンズイを知らずに踏んで激痛を招いてしまうことが多いため、十分な注意が必要である。毒の成分はタンパク毒であるため、加熱により失活する』とある。私はギギはもとよりゴンズイにも刺されたことがないが、ゴンズイのそれは相当にひどい症状を呈するようで、救急搬送された事例もある。されば、恐らくはギギより症状は酷いから、③=「◎」

④日本本土のゴンズイの体長は十~二十センチメートル(沖縄では三十センチメートルに達する個体もあるという)であるから、④=「◎」

➄先の画像のゴンズイを見れば、一目瞭然、茶褐色の体側に頭部から尾部にかけて二本の黄色い線があり(幼魚ほど鮮明)、体側にも二本の明瞭な黄白色の縦縞があることが判る。➄=「◎」

何時も同定比定に悩まされることが多いが、これは百%、間違いない。なお、ゴンズイは漢字では「権瑞」と書くが、由来は不詳である。サイト「ダイバーのための海水魚図鑑」のゴンズイのページには、『和名の由来は「牛頭魚」(ゴズイオ)から来ていると言う説がある。「牛頭」とは牛頭人身の地獄の鬼神のことで、ゴンズイは頭部が牛に似ていて、背中や胸に毒腺があるので悪魚の意味でそう呼ばれた。もう一つは、中部地方で屑物の事をゴズ、またはゴンズリというが、ゴンズイとは「屑魚」から来ていると言う説がある』とあった。この「牛頭」説、私は一票入れたい気がする。彼らの顔は確かに「牛頭(ごず)」に似てるもの!

「𫙬※魚」は「大和本草卷之十三 魚之上 𫙬※魚 (ギギ類)」の私の注を参照されたい。そこで書いた内容を繰り返すのは、あまり意味がないので、ここでは問題にしない。ただ、中文サイトを見ても、発音を不詳としており、漢語として古くからあったものではないと思われ、現在、日本では「ギギ」を指す漢字(国字か)とされている。因みに、「※」は「絲」の異体字ではないかと思われ、これはナマズ類のトレード・マークであるヒゲを意味しているように思われてならないのだが? なお、私は実は二〇〇八年の段階で、寺島良安の和漢三才圖會 卷第五十 魚類 河湖無鱗魚」の中の「𫙬※魚」を「𫙬魚」と読み換え(但し、当時は「𫙬」の字がパソコンで使用出来なかったため、「※」としてある)、ギギに同定しているのである。項目として最初から三番目であるが、二番目「黄顙魚(ごり) かじか」にも出現する(そこでは私はウツセミカジカ・アユカケ・ギギ)に同定比定した)ので、是非、見られたい。

« 大和本草卷之十三 魚之下 がうざ (不詳・ウスメバル?) | トップページ | 金玉ねぢぶくさ卷之六 箕面の瀧は弁才天の淨土 »