フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 といき | トップページ | 畔田翠山「水族志」 アマダヒ (アマダイ) »

2020/10/15

北原白秋 邪宗門 正規表現版 黑船

 

Kurohune

 

   黑  船

 

黑煙(くろけぶり)ほのにひとすぢ。……

あはれ、日は血を吐く悶(もだえ)あかあかと

濡れつつ淀(よど)む惡(あく)の雲そのとどろきに

燃え狂ふ戀慕(れんぼ)の樂(がく)の斷末魔(だんまつま)。

遠目(とほめ)に濁る蒼海(わだつみ)の色こそあかれ、

黑潮(くろしほ)の水脈(みを)のはたての水けぶり、

はた、とどろ擊(う)つ毒の砲彈(たま)、淸(すず)しき喇叭(らつぱ)、

薄暮(くれがた)の朱(あけ)のおびえの戰(たゝかひ)に

疲れくるめく衰(おとろへ)ぞああ音(ね)を搾(しぼ)る。

 

黑煙(くろけぶり)またもふたすぢ。――

序(じよ)のしらべ絕(た)えつ續きつ、いつしかに

黑(くろ)き惱(なやみ)の旋律(せんりつ)ぞ渦(うづ)卷(ま)き起る。

逃(に)げ來(く)るは密獵船(みつれうせん)の旗じるし、

痍(きずつ)き噎(むせ)ぶ血と汚穢(けがれ)、はた憤怒(いきどほり)

おしなべて黃ばみ騷立(さわだ)つ樂(がく)の色。

空には苦(にが)き嘲笑(あざけり)に雲かき亂れ、

重(おも)りゆく煩悶(もだえ)のあらびはやもまた

黑き恐怖(おそれ)のはたためき海より煙る。

 

黑煙三すぢ、五すぢ。――

幻法(げんぱふ)のこれや苦(くる)しき脅迫(おびやかし)

いと淫(みだ)らかに蒸し挑(いど)む疾風(はやち)のもとに、

現れて眞黑(まくろ)に歎(なげ)く樂(がく)の船、

生(なま)あをじろき鱶(ふか)の腹ただほのぼのと、

暮れがての赤きくるしみ、うめきごゑ、

血の甲板(かふはん)のうへにまた爛(たゞ)れて叫ぶ

樂慾(げうよく)の破片(はへん)の砲彈(たま)ぞ慄(わなゝ)ける。

ああその空にはたためく黑き帆のかげ。

 

黑煙終に七すぢ。――

吹きかはす銀(ぎん)の喇叭もたえだえに、

渦卷き猛(たけ)る樂(がく)の極(はて)、蒼海(わだつみ)けぶり、

惡(あく)の雲とどろとどろの亂擾(らんぜう)に

急忙(あわたゞ)しくも呪(のろ)はしき夜(よ)のたたずまひ。

濡れ焙(い)ぶる水無月ぞらの日の名殘(なごり)

はた搔き濁し、暗澹(あんたん)と、あはれ黑船(くろふね)、

眞黑なる管絃樂(オオケストラ)の帆の響(ひゞき)

死(し)と悔恨(くわいこん)の闇擾(みだ)し壞(くづ)れくづるる。

四十一年二月

 

[やぶちゃん注:前の「といき」の注で示した通り、冒頭に標題と第一連の見開き原画像(「九二」ページと「九三」ページ)を掲げておいた。なお、第一連の末尾のリーダはかすれているが、後の連の冒頭のようにダッシュとは判断出来ず、六点リーダのスレである。後発の白秋自身の編集になる昭和三(一九二八)年アルス刊の「白秋詩集Ⅱ」(国立国会図書館デジタルコレクション当該詩篇の画像)では確かにダッシュではあるが、ここは正規表現版として六点リーダで示した。

「樂慾(げうよく)」この場合の「樂」は「願う」の意で、「願い求めること・欲望」の意。この音「ガウ(ゴウ)」「ゲウ(ギョウ)」は表外音であるが、呉音から転じたものらしい(ネットで調べるに根拠は薄弱らしい)仏教用語の慣用音である。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 といき | トップページ | 畔田翠山「水族志」 アマダヒ (アマダイ) »