フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 浴室 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之五 千載の斑狐一條太閤を試むる事 »

2020/10/23

北原白秋 邪宗門 正規表現版 入日の壁

 

  入 日 の 壁

 

黃(き)に潤(しめ)る港の入日(いりひ)、

切支丹(きりしたん)邪宗(じやしゆう)の寺の入口(いりぐち)の

暗(くら)めるほとり、色古りし煉瓦(れんぐわ)の壁に射かへせば、

靜かに起る日の祈禱(いのり)、

『ハレルヤ』と、奧にはにほふ讃頌(さんしよう)の幽(かす)けき夢路(ゆめぢ)。

 

あかあかと精舍(しやうじや)の入日。――

ややあれば大風琴(おほオルガン)の音(ね)の吐息(といき)

たゆらに嘆(なげ)き、白蠟(はくらふ)の盲(し)ひゆく淚。――

壁のなかには埋(うづ)もれて

眩暈(めくるめ)き、素肌(すはだ)に立てるわかうどが赤き幻(まぼろし)。

 

ただ赤き精舍(しやうじや)の壁に、

妄念(まうねん)は熔(とろ)くるばかりおびえつつ

全身(ぜんしん)落つる日を浴(あ)びて眞夏(まなつ)の海をうち睨(にら)む。

『聖(サンタ)マリヤ、イエスの御母(みはは)。』

一齊(いつせい)に禮拜(をろがみ)終(をは)る老若(らうにやく)の消え入るさけび。

 

はた、白(しら)む入日の色に

しづしづと白衣(はくえ)の人らうちつれて

濕潤(しめり)も暗き戶口(とぐち)より浮びいでつつ、

眩(まぶ)しげに數珠(じゆず)ふりかざし急(いそ)げども、

など知らむ、素肌(すはだ)に汗(あせ)し熔(とろ)けゆく苦惱(くなう)の思(おもひ)。

 

暮れのこる邪宗(じやしゆう)の御寺(みてら)

いつしかに薄(うす)らに靑くひらめけば

ほのかに薰(くゆ)る沈(ぢん)の香(かう)、波羅葦增(ハライソ)のゆめ。

さしもまた埋(うも)れて顫(ふる)ふ妄念(まうねん)の

血に染みし踵(かがと)のあたり、蟋蟀(きりぎりす)啼きもすずろぐ。

四十一年八月

 

[やぶちゃん注:「踵(かがと)」古くは濁音であった。

「蟋蟀(きりぎりす)」私はキリギリスとコオロギの近代以前と現代の一律相互転換には激しく反対するものであるが、ここは映像設定とSE(サウンド・エフェクト)から考えても、音数律から「きりぎりす」を選んだもので、実体は実体は蟋蟀=こおろぎ=コオロギであることは言うまでもあるまい。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 浴室 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之五 千載の斑狐一條太閤を試むる事 »