フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 汝にささぐ | トップページ | 堀内元鎧 信濃奇談 卷の上 鹽井 »

2020/10/31

北原白秋 邪宗門 正規表現版 ただ秘めよ

 

  ただ秘めよ

 

曰(い)ひけるは、

あな、わが少女(をとめ)、

天艸(あまくさ)の蜜(みつ)の少女(をとめ)よ。

汝(な)が髮は烏(からす)のごとく、

汝(な)が唇(くち)は木(こ)の實(み)の紅(あけ)に沒藥(もつやく)の汁(しゆ)滴(したた)らす。

わが鴿(はと)よ、わが友よ、いざともに擁(いだ)かまし。

薰(くゆり)濃(こ)き葡萄の酒は

玻璃(ぎやまん)の壺(つぼ)に盛(も)るべく、

もたらしし麝香(じやかう)の臍(ほぞ)は

汝(な)が肌の百合に染めてむ。

よし、さあれ、汝(な)が父に、

よし、さあれ、汝(な)が母に、

ただ秘(ひ)めよ、ただ守れ、齋(いつ)き死ぬまで、

虐(しひたげ)の罪の鞭(しもと)はさもあらばあれ、

ああただ秘(ひ)めよ、御(み)くるすの愛(あい)の徵(しるし)を。

 

[やぶちゃん注:「沒藥(もつやく)」ムクロジ目カンラン科カンラン科 Burseraceae のコンミフォラ(ミルラノキ)属 Commiphora の樹木から分泌される赤褐色の植物性ゴム樹脂を指す。ウィキの「没薬」によれば、『スーダン、ソマリア、南アフリカ、紅海沿岸の乾燥した高地に自生』し、『起源についてはアフリカであることは確実であるとされる』。『古くから香として焚いて使用されていた記録が残され』、『また殺菌作用を持つことが知られており、鎮静薬、鎮痛薬としても使用されていた。古代エジプトにおいて日没の際に焚かれていた香であるキフィの調合には没薬が使用されていたと考えられている。 またミイラ作りに遺体の防腐処理のために使用されていた。ミイラの語源はミルラから来ているという説がある』とある。

「汁(しゆ)」小学館「日本国語大辞典」の「汁」の方言欄に『島原方言』として「シュル」を載せる。これは直に発音を聴かないと判らぬが、「しゅる」の摩擦音「しゅ」の後の「る」は脱落表記されても、強ち、不自然ではない。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 汝にささぐ | トップページ | 堀内元鎧 信濃奇談 卷の上 鹽井 »