フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 接吻の時 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 魔國のたそがれ »

2020/10/09

北原白秋 邪宗門 正規表現版 濁江の空

 

   濁 江 の 空

 

腐(くさ)れたる林檎(りんご)の如き日のにほひ

圓(まろ)らに、さあれ、光なく甘(あま)げに沈む

晚春(おそはる)の濁(にごり)重(おも)たき靄の内(うち)、

ふと、カキ色(いろ)の輕氣球(けいききう)くだるけはひす。

 

遠方(をちかた)の曇(くも)れる都市(とし)の屋根(やね)の色

たゆげに仰(あふ)ぐ人はいま鈍(にぶ)くもきかむ、

濁江(にごりえ)のねぶたき、あるは、やや赤(あか)き

にほひの空のいづこにか洩(も)るる鐵(てつ)の音(ね)。

 

なやましき、さは江(え)の泥(どろ)の沈澱(おどみ)より

あかるともなき灰紅(くわいこう)の帆のふくらみに

傳(つた)へくる潜水夫(もぐりのひと)が作業(さげふ)にか、

饐(す)えたる吐息(といき)そこはかと水面(みのも)に黃(き)ばむ。

 

河岸(かし)になほ物見(ものみ)る子らはうづくまり、

はや倦(う)ましげに人形(にんぎやう)をそが手に泣かす。

日暮(ひくれ)どき、入日(いりひ)に濁る靄(もや)の内(うち)、

また、ふくらかに輕氣球(けいききう)くだるけはひす。

四十一年八月

 

[やぶちゃん注:第一連の「靄」にルビなく、最終連にあるのはママ。

「カキ色」カーキ色。英語「Khaki」。黄色系の砂や土っぽい色であるが、特に軍服に用いられる淡い茶系色を指す。この英語はヒンディー語で「土埃色の」を意味する語が元であるが、そのヒンディー語も元はペルシャ語の「土埃」から借り入れた語である(ウィキの「カーキ色」に拠る)。

「沈澱(おどみ)」「澱(よど)み」に同じい。但し、歴史的仮名遣は「をどみ」が正しいようである。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 接吻の時 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 魔國のたそがれ »