フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 わかき日 / 「魔睡」パート~了 | トップページ | ブログ・アクセス1,430,000突破記念 梅崎春生 水兵帽の話 »

2020/10/11

北原白秋 邪宗門 正規表現版 「朱の伴奏」パート 謀叛

 

Syunobansou

 

  朱の伴奏

 

[やぶちゃん注:パート標題(赤字で右から左)と挿絵(石井柏亭)。「魔睡」の最終篇「わかき日」と見開きなので、一緒にトリミングした。「朱」は「こほろぎ」に出る音「しゆ」(しゅ)で読んでおく。

 以下の散文詩はこのパート標題ページの裏に記されてある。底本は中央に極くポイント落ちで六行で書かれてある。句点の後の有意な字空けはママ。]

 

 

凡て情緖也。 靜かなる精舍の庭にほのめきいでて紅の戰慄に盲ひたる井゙オロンの響はわが内心の旋律にして、赤き絕叫のなかにほのかに啼けるこほろぎの音はこれ亦わが情緖の一絃によりて密かに奏でらるる愁也。 なげかひ也。 その他おほむね之に倣ふ。

 

 

 

   謀  叛

 

ひと日、わが精舍(しやうじや)の庭(には)に、

晚秋(おそあき)の靜かなる落日(いりひ)のなかに、

あはれ、また、薄黃(うすぎ)なる噴水(ふきあげ)の吐息(といき)のなかに、

いとほのに井゙オロンの、その絃(いと)の、

その夢の、哀愁(かなしみ)の、いとほのにうれひ泣(な)く。

 

蠟(らふ)の火と懺悔(ざんげ)のくゆり

ほのぼのと、廊(らう)いづる白き衣(ころも)は

夕暮(ゆふぐれ)に言(もの)もなき修道女(しうだうめ)の長き一列(ひとつら)。

さあれ、いま、井゙オロンの、くるしみの、

刺(さ)すがごと火の酒の、その絃(いと)のいたみ泣く。

 

またあれば落日(いりひ)の色(いろ)に、

夢燃(も)ゆる、噴水(ふきあげ)の吐息(といき)のなかに、

さらになほ歌もなき白鳥(しらとり)の愁(うれひ)のもとに、

いと强き硝藥(せうやく)の、黑き火の、

地の底の導火(みちび)燬(や)き、井゙オロンぞ狂ひ泣く。

 

跳(をど)り來(く)る車輌(しやりやう)の響(ひびき)、

毒(どく)の彈丸(たま)、血(ち)の烟(けむり)、閃(ひら)めく刄(やいば)、

あはれ、驚破(すは)、火とならむ、噴水(ふきあげ)も、精舍(しやうじや)も、空も。

紅(くれなゐ)の、戰慄(わななき)の、その極(はて)の

瞬間(たまゆら)の叫喚(さけび)燬(や)き、井゙オロンぞ盲(めし)ひたる。

四十年十二月

 

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 わかき日 / 「魔睡」パート~了 | トップページ | ブログ・アクセス1,430,000突破記念 梅崎春生 水兵帽の話 »