フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 魔國のたそがれ | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之一 鹽飽正連荒田の祠を壞つ事 / 巻之一~了 »

2020/10/10

北原白秋 邪宗門 正規表現版 蜜の室

 

   蜜 の 室

 

薄暮(くれがた)の潤(うる)みにごれる室(むろ)の内(うち)、

甘くも腐(くさ)る百合(ゆり)の蜜(みつ)、はた、靄(もや)ぼかし

色赤きいんくの罎(びん)のかたちして

ひそかに點(とも)る豆らんぷ息(いき)づみ曇る。

 

『豐國(とよくに)』のぼやけし似顏(にがほ)生(なま)ぬるく、

曇硝子(くもりがらす)の窻のそと外光(ぐわいくわう)なやむ。

ものの本(ほん)、あるはちらぼふ日のなげき、

暮れもなやめる靈(たましひ)の金字(きんじ)のにほひ。

 

接吻(くちつけ)の長(なが)き甘さに倦(あ)きぬらむ。

そと手をほどき靄の内(うち)さぐる心地(こゝち)に、

色盲(しきまう)の瞳(ひとみ)の女(をんな)うらまどひ、

病(や)めるペリガンいま遠き濕地(しめぢ)になげく。

 

かかるとき、おぼめき摩(なす)る Violon゛オ ロン) の

なやみの絃(いと)の手觸(てさはり)のにほひの重(おも)さ。

鈍(にぶ)き毛(け)の絨氈(じゆたん)に甘き蜜(みつ)の闇(やみ)

澱(おど)み饐(す)えつつ……血のごともらんぷは消ゆる。

四十一年八月

 

[やぶちゃん注:「息(いき)づみ」「息詰み」。これには「息を詰めて腹に力を入れる」の意と、「こらえる・辛抱する」の意があるが、「ひそかに點る」を受ける以上、後者の擬人法である。

「豐國」最も知られるのは初代歌川豊国(明和六(一七六九)年~文政八(一八二五)年)であるが(豊国の襲名者は本詩篇以前では四代目までいる)、「ぼやけ」たタッチの「似顔」で「生ぬる」い感じは私は受けない。「ぼやけし」というのは或いは浮世絵の女の顔のステロタイプというか、マニエリスム的な部分を言っているのかも知れない。

「ペリガン」ペリカン。「曇日」で既出既注であるが、そこでは「ベリガン」となっていたことは注記済みである。

Violon(井゙オロン)」ルビは御覧の通り、「井」に濁点で、「ヸ」ではない。一字ではユニコードでも表記出来ないが、漢字の「井」をポイント落ちにし、濁点「゛」を上付き半角にして示した。

「絨氈(じゆたん)」はママ。後発の作品集では「じゆうたん」となっているが、私は誤植とは思わない。「絨」には「ジユ(ジュ)」の音があるからであり、作者の五・七の音律からは「じゆたん(じゅたん)」を選んで何らおかしくないからである。実際、朗読して見た時、この部分に「じゅうたん」の緩みが入るのでは、頗るコーダの雰囲気を躓かせ、壊すように思われるからでもある。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 魔國のたそがれ | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之一 鹽飽正連荒田の祠を壞つ事 / 巻之一~了 »