フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 赤子 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 噴水の印象 »

2020/10/19

北原白秋 邪宗門 正規表現版 暮春

 

  暮  春

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

 

なやまし、河岸(かし)の日のゆふべ、

日の光。

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

 

眼科(がんくわ)の窓(まど)の磨硝子(すりがらす)、しどろもどろの

白楊(はくやう)の温(ぬる)き吐息(といき)にくわとばかり、

ものあたたかに、くるほしく、やはく、まぶしく、

蒸し淀(よど)む夕日(ゆふひ)の光。

黃(き)のほめき。

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

 

なやまし、またも

いづこにか、

なやまし、あはれ、

音(ね)も妙(たへ)に

紅(あか)き嘴(はし)ある小鳥らのゆるきさへづり。

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

 

はた、大河(おほかは)の饐(す)え濁(にご)る、河岸(かし)のまぢかを

ぎちぎちと病(や)ましげにとろろぎめぐる

灰色(はひいろ)黃(き)ばむ小蒸汽(こじようき)の温(ぬ)るく、まぶしく、

またゆるくとろぎ噴(ふ)く湯氣(ゆげ)

いま懈(た)ゆく、

また絕えず。

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

 

いま病院(びやうゐん)の裏庭(うらには)に、煉瓦のもとに、

白楊(はくやう)のしどろもどろの香(か)のかげに、

窓の硝子(がらす)に、

まじまじと日向(ひなた)求(もと)むる病人(やまうど)は目(め)も惱(なや)ましく

見ぞ夢む、暮春(ぼしゆん)の空と、もののねと、

水と、にほひと。

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

 

なやまし、ただにやはらかに、くらく、まぶしく、

また懈(た)ゆく。

 

ひりあ、ひすりあ。

しゆ、しゆ……

四十一年三月

 

[やぶちゃん注:「しゆ、しゆ……」の「ツ」は明らかにポイントが落ちて右方に打たれて、明白な促音表記がなされてあるようにしか見えない。しかし、実際には「狂人の音樂」で使用された「クラリネト」の促音表記は明白な右肩小文字のそれであり、これはそれと比較するならば、促音表記の小さな「ツ」ではないことになる。そしてそれは「狂人の音樂」の直前にある平字の促音でない「バツソ」の「ツ」と同じ活字なのである。私の言っている意味が判らない方のために、画像で示す。まず、本篇「暮春」の冒頭部(「ツ」の部分に赤い矢印を附した。次も同じ)

Bosyun

次に同サイズでスキャンした「狂人の音樂」の「バツソ」と「クラリネト」の現われる部分。

Kyoujinnoongaku

次に、「暮春」の「しゆツ」の「ツ」をトリミングして示す。

Bosiyunnnotu

次に同サイズでスキャンした「狂人の音樂」の「バツソ」の「ツ」を示す。

Kyoujinnoongakunotu

御覧の通り、同じポイントの活字「ツ」であることが判る。これは例えば、後発の昭和三(一九二八)年の自身の編に成る「白秋詩集Ⅱ」で、先の「狂人の音樂」の平字の「バツソ」の「ツ」と「クラリネット」の「ツ」を比較して見る(国立国会図書館デジタルコレクションの画像。左ページ中央と左ページ後ろから三行目)と、後者が明らかにやや小さな別の活字の「ツ」を使用していることで明らかである。而して、この後発のそちらの「暮春」の「ツ」と、前に示した同じ後発の「狂人の音樂」の「バツソ」(同前。左ページ中央)の「ツ」の両者を拡大して比較して見ても、誠に残念なことに、同じ大きさの「ツ」であることが判るのである。しかしながら、私は見た目上の印象を大事にしたい。そこで、本篇では「ツ」のポイントを落した。なお、現行詩集類に見る「暮春」の「しゆツ」の「ツ」は促音ではないものが殆んどであると思われる。

 さて、この「ひりあ、ひすりあ。」「しゆ、しゆ……」は非常に手の込んだ(或る意味で「やや意地の悪い」と評してもよい)オノマトペイアであることが判る。無心に読んだ時は、誰もが「この音は何だろう?」と惑うと思われる。第六連まで読んで、「これは、この『小鳥ら』の囀りかしら?」と一瞬、思うのだが、にしては、何か気に障る厭な印象が、囀りとは思われない。それが、第八連に来て、実はそれは眼科医院の傍らを流れる川、或いは白秋の故郷柳川の運河を行き来する小蒸汽船の立てる発動機の音(或いはその船の運航に付随する水切音などを含む)であることが判明する。ここまで不明に眩暈されて少し憎くなるまでに味な用法なのである。

「白楊(はくやう)」「下枝のゆらぎ」の私の「白楊(はくやう)」の注を参照されたい。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 赤子 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 噴水の印象 »