フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之二 覺明義仲を辭して石山に隱るゝ事 / 巻之二~了 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 ほのかにひとつ »

2020/10/14

北原白秋 邪宗門 正規表現版 納曾利

 

   納 曾 利

 

入日のしばし、空はいま雲の震慄(おびえ)のあかあかと

鋭(するど)にわかく、はた、苦(にが)く狂ひただるる樂(がく)の色。

また、高窻の鬱金香(うこんかう)。かげに斃(たふ)るる白牛(しろうし)の

眉間(みけん)のいたみ、憤怒(いきどほり)。血に笑(ゑ)む人がさけびごゑ。

 

 さあれ、いま納曾利(なそり)のなげき……

 鈍(にぶ)き思(おもひ)の灰色(はひいろ)の壁の家内(やぬち)に、

 吹(ふ)き鳴らす古き舞樂(ぶがく)の笙(せう)の節(ふし)、

 納曾利(なそり)のなげき……

 

 納曾利(なそり)のなげき、ひとしなみ

 おほらににほふ雅樂寮(うたれう)の古きいみじき日の愁(うれひ)、

 納曾利(なそり)の舞(まひ)の

 人のゆめ、鈍(にぶ)くものうき足どりの裾ゆるらかに、

 おもむろの振(ふり)のみやびの舞(まひ)あそび、

 納曾利(なそり)のなげき……

 

 くりかへし、さはくりかへし、

 ゆめのごと後(しりへ)に連(つ)るる笙(せう)の節(ふし)、

 笛(ふえ)のねとりもすずろかに、廣(ひろ)き家内(やぬち)に、

 おなじことおなじ嫋(なよび)にくりかへし、

 舞(ま)へる思(おもひ)の

 倦(う)める思(おもひ)のにほやかさ、

 ゆるき鞨皷(かつこ)の

 音(ね)もにぶく、

 古(ふる)き納曾利(なそり)の舞(まひ)をさめ……

 

今(いま)しも街(まち)の空(そら)高(たか)く消(き)ゆる光(ひかり)のわななきに、

ほのかに靑(あを)く、なほ苦(にが)く顫(ふる)ひくづるる雲(くも)の色(いろ)。

また、浮(う)きのこる欝金香(うこんかう)。暮(く)れて果(は)てたる白牛(しろうし)の

聲(こゑ)なき骸(むくろ)。人(ひと)だかり、血(ち)を見(み)て默(もだ)す冷笑(ひやわらひ)。

四十一年七月

 

Nasori

 

[やぶちゃん注:以上の絵は本篇の第一連の終わった七八ページの左に挿入されている山本鼎の何処かの木場のそれ。本篇第一連を含む見開きで示した。山本鼎(かなえ 明治一五(一八八二)年~昭和二一(一九四六)年は画家・版画家。愛知県岡崎市生まれ。桜井暁雲に木口木版を学ぶ。東京美術学校卒業。明治四〇(一九〇七)年、本詩集装幀を取り仕切っている石井柏亭らと美術雑誌『方寸』を創刊し、創作版画運動を起こした。春陽会等に油絵を発表するとともに、日本創作版画協会・日本版画協会創立の立役者となり、日本近代版画の確立と普及に尽力した。この間、一九一九年から一九一六年にはフランスに遊学。帰国の途次、ロシア農民美術に啓発され、長野県上田近郊に日本農民美術研究所を設立,農家の副業としての農民美術の育成に努めた(平凡社「世界大百科事典」に拠る)。本作は「山本鼎アーカイブズ」のこちらで、原画は明治四二(一九〇九)年の作品で(本詩集は明治四十二年三月十日印刷)、十八・九×十三・二センチメートルであることが判る。

「納曾利」雅楽のなかの高麗楽(こまがく)の曲名。「納蘇利」とも書く。高麗壱越(こまいちこつ)調に属する。曲の由来は明らかでない。二人舞。二頭の竜が舞い戯れるさまをかたどったものといわれ、「双竜舞(そうりゅうのまい)」の別称もある。笛の「小乱声(こらんじょう)」という前奏曲に続いて(他の辞書等の記載を見ると、この序に当たる部分は伝わっておらず、従って現在演奏される「序」は元来の本曲のものではない。また、白秋の本篇の大きな三パートの構成(中間部三連が総て一字下げ)は思うにその序破急を模したもののようにも思われる)、この曲の破と急が舞われる。音楽も舞いも、リズミカルで変化に富んでおり、曲の構成が整った名曲である。舞人は裲襠(りょうとう)装束(「うちかけ」とも読み、「打掛」とも書く。古代の武官の礼服(らいふく)に用いられる衣服で、貫頭衣(かんとうい)の一種。長方形の布を二つ折りにし、中央の穴に頭を通して着用し、上から帯を締める。錦で作られ、縁どりが施されている。舞楽の装束の裲襠装束は金襴で縁どりしたものと、毛皮のような房飾りの附いたものがある)に、長く毛を垂らした濃い緑色の面をつけて、細長い銀色の桴(ばち)を持つ。正式には左方(さほう)の「陵王」という曲と対を成して舞われる。但し、「納曾利」を一人で舞うこともあり、この時の舞いは別して「落蹲 (らくそん)」と呼ぶ。但し、春日大社に伝承される「納曾利」は一人舞で、「落蹲」のほうが二人舞である(以上は主文を「ブリタニカ国際大百科事典」に拠った)。YouTube のチャンネル「雅楽」の「納曽利」をリンクさせておく。

「ねとり」「音取」。雅楽に於いて、管弦合奏の始めに作法として行う一種の序奏。楽器の音調を整え、雰囲気を醸成する。]

« 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之二 覺明義仲を辭して石山に隱るゝ事 / 巻之二~了 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 ほのかにひとつ »