フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 濃霧 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 麥の香 »

2020/10/06

北原白秋 邪宗門 正規表現版 赤き花の魔睡

 

   赤き花の魔睡

 

日(ひ)は眞晝(まひる)、ものあたたかに光素(エエテル)の

波動(はどう)は甘(あま)く、また、緩(ゆ)るく、戶(と)に照りかへす、

その濁(にご)る硝子(がらす)のなかに音(おと)もなく、

𠹭囉仿謨(コロロホルム)の香(か)ぞ滴(した)る……毒(どく)の譃言(うはごと)……

 

遠(とほ)くきく、電車(でんしや)のきしり……

………棄(す)てられし水藥(すゐやく)のゆめ……

 

やはらかき猫(ねこ)の柔毛(にこげ)と、蹠(あなうら)の

ふくらのしろみ惱(なや)ましく過(す)ぎゆく時(とき)よ。

窓(まど)の下(もと)、生(せい)の痛苦(つうく)に只(たゞ)赤(あか)く戰(そよ)ぎえたてぬ草(くさ)の花

亞鉛(とたん)の管(くだ)の

濕(しめ)りたる筧(かけひ)のすそに……いまし魔睡(ますゐ)す……

四十一年十二月

 

[やぶちゃん注:「光素(エエテル)」ether。エーテル。古代ギリシア時代から二十世紀初頭までの間、実に永く想定され続けた、全世界・全宇宙を満たす一種の物質の名称。古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、地水火風に加えて、「エーテル」(「輝く空気の上層」を表わす言葉)を第五の元素とし、天体の構成要素とした。近代では、全宇宙を満たす希薄な物質とされ、ニュートン力学では「エーテル」に対し、「静止する絶対空間」の存在が前提とされた。また、光や電磁波の媒質とも考えられた。しかし、十九世紀末に「マイケルソン=モーリーの実験」で、「エーテル」に対する地球の運動は見出されず、この結果から、「ローレンツ収縮」の仮説を経、遂に一九〇五年、アインシュタインが「特殊相対性理論」を提唱し、「エーテル」の存在は否定された(ここまでは「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」に拠った)。但し、現在でも擬似科学や一部の新興宗教の中に「エーテルの亡霊」が巣食って蠢いている。

「𠹭囉仿謨(コロロホルム)」前篇「濃霧」に既出既注。

「水藥(すゐやく)」当時は「水」の音「スイ」の歴史的仮名遣は「スヰ」と考えられていたので誤りではない。但し、現在は中国の中古の音韻研究が進んだ結果、歴史的仮名遣でも「スイ」のままであることが確定されている。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 濃霧 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 麥の香 »