フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 盲ひし沼 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之四 山村が子孫九世同居忍の字を守る事 »

2020/10/20

北原白秋 邪宗門 正規表現版 靑き光

 

    靑 き 光

 

哀(あは)れ、みな惱(なや)み入る、夏の夜(よ)のいと靑き光のなかに、

ほの白き鐵(てつ)の橋、洞(ほら)圓(まろ)き穹窿(ああち)の煉瓦(れんぐわ)、

かげに來て米炊(かし)ぐ泥舟(どろぶね)の鉢(はち)の撫子(なでしこ)、

そを見ると見下(みおろ)せる人々(ひとびと)が倦(う)みし面(おもて)も。

 

はた絕えず、惱(なや)ましの角(つの)光り電車すぎゆく

河岸(かし)なみの白き壁あはあはと瓦斯も點(とも)れど、

うち向ふ暗き葉柳(はやなぎ)震慄(わなな)きつ、さは震慄(わなな)きつ、

後(うしろ)よりはた泣くは靑白き屋(いへ)の幽靈(いうれい)。

 

いと靑きソプラノの沈みゆく光のなかに、

饐(す)えて病むわかき日の薄暮(くれがた)のゆめ。――

幽靈の屋(いへ)よりか洩れきたる呪(のろ)はしの音(ね)の

交響體(ジムフオニ)のくるしみのややありて交(まじ)りおびゆる。

 

いづこにかうち囃(はや)す幻燈(げんとう)の伴奏(あはせ)の進行曲(マアチ)、

かげのごと往來(ゆきき)する白(しろ)の衣(きぬ)うかびつれつつ、

映(うつ)りゆく繪(ゑ)のなかのいそがしさ、さは繰りかへす。――

そのかげに苦痛(くるしみ)の暗(くら)きこゑまじりもだゆる。

 

なべてみな惱(なや)み入る、夏の夜(よ)のいと靑き光のなかに。――

蒸し暑(あつ)き軟(なよ)ら風(かぜ)もの甘(あま)き汗(あせ)に搖(ゆ)れつつ、

ほつほつと點(と)もれゆく水(みづ)の面(も)のなやみの燈(ともし)、

鹹(しほ)からき執(しふ)の譜(ふ)よ……………み空には星ぞうまるる。

 

かくてなほ惱み顫(ふる)ふわかき日の薄暮(くれがた)のゆめ。――

見よ、苦(にが)き闇(やみ)の滓(をり)街衢(ちまた)には淀(よど)みとろげど、

新(あらた)にもしぶきいづる星の華(はな)――泡(あわ)のなげきに

色靑き酒のごと空(そら)は、はた、なべて澄みゆく。

四十一年七月

 

[やぶちゃん注:第一連「穹窿(ああち)」アーチ。Arch。橋下の下部のそれ。

第一連「泥舟(どろぶね)」泥や土砂を積んで運ぶ荷船。土船(つちぶね)。これはそうした舫(もやい)に揺られる生業(なりわい)に生きる者たちが、その船の一角に家族で住んでいる。炊ぐのは妻か娘か。小さな小さな「撫子」の鉢植えの一輪のピンクだけが、モノクロームの画面にぼぅっと発色する。一九八一年公開の小栗康平監督の名品「泥の河」を髣髴させる一行である。

第二連「惱(なや)ましの角(つの)光り電車すぎゆく」パンタグラフのスパーク。

第二連「瓦斯」「がす」或いは「ガス」。ガス灯。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 盲ひし沼 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之四 山村が子孫九世同居忍の字を守る事 »