フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 幽閉 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 眞晝 / 「外光と印象」パート~了 »

2020/10/28

北原白秋 邪宗門 正規表現版 鉛の室

 

   鉛 の 室

 

いんきは赤し。――さいへ、見よ、室(むろ)の腐蝕(ふしよく)に

うちにじみ倦(うん)じつつゆくわがおもひ、

暮春(ぼしゆん)の午後(ごご)をそこはかと朱(しゆ)をば引(ひ)けども。

 

油じむ末黑(すぐろ)の文字(もじ)のいくつらね

悲しともなく誦(ず)しゆけど、響(ひび)らぐ聲(こゑ)は

鏽(さ)びてゆく鉛(なまり)の悔(くやみ)、しかすがに、

 

强(つよ)き薰(くゆり)のなやましさ、鉛(なまり)の室(むろ)は

くわとばかり火酒(ウオツカ)のごとき噎(むせ)びして

壁の濕潤(しめり)を玻璃(はり)に蒸す光の痛(いた)さ。

 

力(ちから)なき活字(くわつじ)ひろひの淫(たは)れ歌(うた)、

病(や)める機械(きかい)の羽(は)たたきにあるは沁み來(こ)し

新(あた)らしき紙の刷(す)られの香(か)も消(き)ゆる。

 

いんきや盡きむ。――はやもわがこころのそこに

聽くはただ饐(す)えに饐(す)えゆく匂(にほひ)のみ、――

はた、滓(をり)よどむ壺(つぼ)を見よ。つとこそ一人(ひとり)、

 

手を棚(たな)へ延(の)すより早く、とくとくと、

赤き硝子(がらす)のいんき罎(びん)傾(かた)むけそそぐ

一刹那(いつせつな)、壺(つぼ)にあふるる火のゆらぎ。

 

さと燃(も)えあがる間(ま)こそあれ、飜(かへ)ると見れば

手に平(ひら)む吸取紙(すひとりがみ)の骸色(かばねいろ)

爛(ただ)れぬ――あなや、血はしと、と卓(しよく)に滴(したた)る。

四十年九月

 

[やぶちゃん注:「卓(しよく)」は現代仮名遣「しょく」で、これは唐音。かく読んだ場合、狭義には仏前に置いて香華を供える机を指し、これは茶の湯にも用いる。広義には食卓で、私はここは後者の「テーブル」でよいと考えている。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 幽閉 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 眞晝 / 「外光と印象」パート~了 »