フォト

カテゴリー

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の Pierre Bonnard に拠る全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 十月の顏 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 濁江の空 »

2020/10/09

北原白秋 邪宗門 正規表現版 接吻の時

 

   接 吻 の 時

 

薄暮(くれがた)か、

日のあさあけか、

晝か、はた、

ゆめの夜半(よは)にか。

 

そはえもわかね、燃(も)えわたる若き命(いのち)の眩暈(めくるめき)、

赤き震慄(おびえ)の接吻(くちつけ)にひたと身(み)顫(ふる)ふ一刹那(いつせつな)。

 

あな、見よ、靑き大月(たいげつ)は西よりのぼり、

あなや、また瘧(ぎやく)病(や)む終(はて)の顫(ふるひ)して

東へ落つる日の光、

大(おほ)ぞらに星はなげかひ、

靑く盲(めし)ひし水面(みのも)には藥香(くすりが)にほふ。

 

あはれ、また、わが立つ野邊(のべ)の草は皆色も干乾(ひから)び、

折り伏せる人の骸(かばね)の夜(よ)のうめき、

人靈色(ひとだまいろ)の

木(き)の列(れつ)は、あなや、わが挽歌(ひきうた)うたふ。

 

かくて、はや落穗(おちぼ)ひろひの農人(のうにん)が寒き瞳よ。

歡樂(よろこび)の穗のひとつだに殘(のこ)さじと、

はた、刈り入るる鎌の刄(は)の痛(いた)き光よ。

野のすゑに獸(けもの)らわらひ、

血に饐(す)えて汽車(きしや)鳴き過(す)ぐる。

 

あなあはれ、あなあはれ、

二人(ふたり)がほかの靈(たましひ)のありとあらゆるその咒咀(のろひ)。

 

朝明(あさあけ)か、

死(し)の薄暮(くれがた)か、

晝か、なほ生(あ)れもせぬ日か、

はた、いづれともあらばあれ。

 

われら知る赤き唇(くちびる)。

四十一年六月

 

[やぶちゃん注:「瘧(ぎやく)」訓では「おこり」と読む。古くから「わらはやみ」とも呼ばれ、毎日或いは隔日に定期的な発熱症状を起こす病気を指す。現在のマラリアである。古いところでは、作中人物ながら、「源氏物語」の光源氏が「若紫」の冒頭、「瘧病(わらはやみ)にわづらひたまひて」北山に加持祈禱を受けに行くことで知られ、「平家物語」の巻第六の「入道逝去」のシークエンスを見ると、平清盛の死因もこれと考えられるが、特に私はその前の巻五の「物怪(もつけ)」で、清盛が庭に無数の髑髏の見るのはマラリアによる熱性譫妄であると考えている。ウィキの「マラリア」によれば、本邦では明治三六(一九〇三)年の時点でも全国に年間二十万人にも及ぶ土着性マラリアの患者がいたが(本詩篇のクレジットは明治四十一年で一九〇八年)、その後、急速に減少し、大正九(一九二〇)年には九万人、昭和一〇(一九三五)年には五千人に激減した。戦中・戦後には復員者による一時的な急増があったが、減少傾向は続き、昭和三四(一九五九)年の彦根市での発症事例を最後に、土着マラリア患者は消滅したとある。私は海外のボランティア活動をしていた同僚教師の同年齢の友人をマラリアで失った(「亡き友へ 木蔭で――永野広務に」)。]

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 十月の顏 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 濁江の空 »