フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ・アクセス1,430,000突破記念 梅崎春生 水兵帽の話 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之二 在原業平文海に託して寃を訴ふる事 »

2020/10/12

北原白秋 邪宗門 正規表現版 こほろぎ

 

 こ ほ ろ ぎ

 

微(ほの)にいまこほろぎ啼(な)ける。

 

日か落つる――眼(め)をみひらけば

朱(しゆ)の畏怖(おそれ)くわと照(て)りひびく。

内心(ないしん)の苦(にが)きおびえか、

めくるめく痛(いた)き日の色

眼(め)つぶれど、はた、照りひびく。

 

そのなかにこほろぎ啼ける。

 

とどろめく銃音(つゝおと)しばし、

痍(きず)つける惡(あく)のうごめき

そこここに、あるは疲(つか)れて

轢(し)きなやむ砲車(はうしや)のあへぎ、

逃げまどふ赤きもろごゑ。

 

そのなかにこほろぎ啼ける。

 

盲(めし)ひ、ゆく戀のまぼろし――

その底に疼(うづ)きくるしむ

肉(ししむら)の鋭(するど)き絕叫(さけび)、

はた、暗(くら)き曲(きよく)の死(し)の樂(がく)

靈(たましひ)ぞ彈きも連(つ)れぬる。

 

そのなかにこほろぎ啼ける。

 

あなや、また呻吟(うめき)は洩(も)るる。

鉛(なまり)めく首のあたりゆ

幽界(いうかい)の呪咀(のろひ)か洩るる。

寢(ね)がへれば血に染み顫(ふる)ふ

わが敵(かたき)面(おも)ぞ死にたる。

 

そのなかにこほろぎ啼ける。

 

はた、裂(さ)くる赤き火の彈丸(たま)

と笑ふ、と見る、我(われ)燬(や)き

我ならぬ獸(けもの)のつらね

眞黑(まくろ)なる樂(がく)して奔(はし)る。

執念(しふねん)の闇曳き奔(はし)る。

 

そのなかにこほろぎ啼ける。

 

日や暮るる。我はや死ぬる。

野をあげて末期(まつご)のあらび――

暗(くら)き血の海に溺(おぼ)るる

赤き悲苦(ひく)、赤きくるめき、

ああ、今し、くわとこそ狂へ。

 

微(ほの)になほこほろぎ啼(な)ける。

四十年十二月

 

[やぶちゃん注:標題開始位置はママ。見落とされる老婆心から言い添えておくと、第十連二行目の頭太字「」はオノマトペイアで、底本では「ヽ」が打たれてある。]

« ブログ・アクセス1,430,000突破記念 梅崎春生 水兵帽の話 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之二 在原業平文海に託して寃を訴ふる事 »