フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之三 宇野六郞廢寺の怪に逢ふ事 /巻之三~了 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 ふえのね »

2020/10/16

北原白秋 邪宗門 正規表現版 地平

 

   地  平

 

あな哀(あは)れ、今日(けふ)もまた銅(あかがね)の雲をぞ生める。

あな哀(あは)れ、明日(あす)も亦鈍(にぶ)き血の毒(どく)をや吐かむ。

 

見るからにただ熱(あつ)し、心は重し。

察(はか)るだにいや苦(くる)し、愁(うれひ)はおもし。

 

かの靑き國(くに)のあこがれ、

つねに見る地平(ちへい)のはてに、

大空(おほぞら)の眞晝(まひる)の色と、

連(つ)れて彈(ひ)く綠(みどり)ひとつら。

 

その綠(みどり)琴柱(ことぢ)にはして、

彈きなづむ鳩の羽の夢、

幌(ほろ)の星(ほし)、劍(つるぎ)のなげき、

淸搔(すががき)はほのかに薰(く)ゆる。

 

さては、日の白き恐怖(おそれ)に

靜かなる太鼓(たいこ)のとろぎ、

晝(ひる)領(し)らす神か拊(う)たせる、

ころころとまたゆるやかに。

 

また絕えず、吐息(といき)のつらね

かなたより笛してうかび、

こなたより絃(いと)して消ゆる、――

ほのかなる夢のおきふし。

 

しかはあれ、ものなべて壓(お)す

南國(なんごく)の熱病雲(ねつやみぐも)ぞ

猥(みだ)らなる毒(どく)の譃言(うはごと)

とどろかに歌かき濁(にご)す。

 

おもふ、いま水に華(はな)さき、

野(の)に赤き駒(こま)は斃(たふ)れむ。

うらうへに病(や)ましき現象(きざし)

今日(けふ)もまたどよみわづらふ。

 

あな哀(あは)れ、昨(きそ)の日も銅(あかがね)のなやみかかりき。

あな哀(あは)れ、明日(あす)もまた鈍(にぶ)き血の濁(にごり)かからむ。

 

聽くからにただ熱(あつ)し、心は重し。

思ふだにいやくるし、愁は重し。

四十年十二月

 

[やぶちゃん注:「淸搔(すががき)」「耽溺」に既出既注であるが、再掲する。幾つかの意味があるが、原義を当てる。和琴 (わごん) の手法の一つで、全部の弦を一度に弾いて、手前から三番目又は四番目の弦の余韻だけを残すように、他の弦を左指で押さえるもの。

「拊(う)たせる」「打たせる」に同じ。或いは「軽く叩かせる」の意でもある。遠い雷鳴と読むが、少なくとも、後の「ころころとまたゆるやかに」強烈に叩かせるようにの意ではない。]

« 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之三 宇野六郞廢寺の怪に逢ふ事 /巻之三~了 | トップページ | 北原白秋 邪宗門 正規表現版 ふえのね »