フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 序樂 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之二 覺明義仲を辭して石山に隱るゝ事 / 巻之二~了 »

2020/10/13

畔田翠山「水族志」 オナガダヒ (ハマダイ)

 

(六)

オナガダヒ[やぶちゃん注:「オ」はママ。]【紀州日高郡薗浦】

形狀棘鬣ニ同乄其尾上尖末長ク糸出テ下尖ハ短シ

 

○やぶちゃんの書き下し文

(六)

オナガダヒ【紀州日高郡薗浦。】

形狀、棘鬣(たひ)に同じくして、其の尾の上、尖(さき)の末、長く糸出でて、下の尖は短し。

 

[やぶちゃん注:本文はここスズキ目スズキ亜目フエダイ科ハマダイ属ハマダイ Etelis coruscans か。本種は関東で「オナガ」(尾長)の異名を持つ。但し、「ぼうずコンニャクの市場魚類図鑑」のハマダイの画像を見て戴くと判るが、凡そ「棘鬣(たひ)」(マダイ)には似ていない。解説によれば、「浜鯛」と漢字で書くが、しかし、この和名のもとは『不明だが、推測で「はま」は実は「幅」の変化で、大きいことを現すという説があり、これをとると「大きい」、「鯛」は左右に側扁している、もしくは赤いという意味合いを現しているのではないか』とあり、成魚は一メートル『前後になる。体色は背の部分が赤く、腹側は赤味を帯びて白い。目が大きく、側扁(左右に平たい)し、細長い。尾鰭がとても長い』とあり、英語名も「Deepwater longtail red snapper」である。「snapper」は広くフエダイ科 Lutjanidae の仲間を指す語で、彼らは多く口が頭部のやや下にあって、前に突き出てており、口笛を吹くように見えることから、和名では「笛鯛」とし、英語の「snapper」は「パチッと鳴るもの」・「がみがみ言う人」の意で腑に落ちる。

「紀州日高郡薗浦」現在の御坊市(グーグル・マップ・データ)内であるが、地名は残っていないようである【2020年10月15日追記】いつも御教授戴くT氏の御指摘を頂戴した。私がろくに探さずいただけであったちゃんと地名に残っていた。和歌山県御坊市薗(その)(グーグル・マップ・データ)である。T氏が添付して下さった「天保國繪圖紀伊國日高郡御坊付近」の中央に「薗浦」とあった(「ヱビスダヒ」の注を見られたい)。何時もながら、T氏に感謝申し上げる。

« 北原白秋 邪宗門 正規表現版 序樂 | トップページ | 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之二 覺明義仲を辭して石山に隱るゝ事 / 巻之二~了 »