フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之五 松村兵庫古井の妖鏡を得たる事 | トップページ | 甲子夜話卷之六 20 松平幸千代元服のとき有德廟上意 »

2020/10/22

北原白秋 邪宗門 正規表現版 夕日のにほひ

 

  夕日のにほひ

 

晚春(おそはる)の夕日(ゆふひ)の中(なか)に、

順禮(じゆんれい)の子はひとり頰(ほ)をふくらませ、

濁(にご)りたる眼(め)をあげて管(くだ)うち吹ける。

腐(くさ)れゆく襤褸(つづれ)のにほひ、

酢(す)と石油(せきゆ)……にじむ素足(すあし)に

落ちちれる果實(くだもの)の皮、赤くうすく、あるは汚(きた)なく……

 

片手(かたて)には嚙(かぢ)りのこせし

林檎(りんご)をばかたく握(にぎ)りぬ。

かくてなほ頰(ほ)をふくらませ

怖(おづ)おづと吹きいづる……………珠(たま)の石鹼(しやぼん)よ。

 

さはあれど、珠(たま)のいくつは

なやましき夕暮(ゆふぐれ)のにほひのなかに

ゆらゆらと圓(まろ)みつつ、ほつと消(き)えたる。

ゆめ、にほひ、その吐息(といき)……

 

彼(かれ)はまた、

怖々(おづおづ)と、怖々(おづおづ)と、………眩(まぶ)しげに頰(ほ)をふくらませ

蒸(む)し淀(よど)む空氣(くうき)にぞ吹きもいでたる。

 

あはれ、見よ、

いろいろのかがやきに濡(ぬ)れもしめりて

圓(まろ)らにものぼりゆく大(おほ)きなるひとつの珠(たま)よ。

そをいまし見あげたる無心(むしん)の瞳(ひとみ)。

 

背後(そびら)には、血しほしたたる

拳(こぶし)あげ、

霞(かす)める街(まち)の大時計(おほどけい)睨(にら)みつめたる

山門(さんもん)の仁王(にわう)の赤(あか)き幻想(イリユウジヨン)……

 

その裏(うら)を

ちやるめらのゆく……

四十一年十二月

 

[やぶちゃん注:リーダ数は一箇所を除いてママ。実は第一連最終行末の「汚(きた)なく……」のリーダは五点しかない。しかし、後ろの二点は有意に右方向に曲がっており、恐らくは三点リーダの植字不全のミスと受け取れることから、特異的に推定で六点リーダとした。五点リーダにするのであれば、そのひしゃげたものも再現せねばならぬと思うたが、それはあまりにも無体なことと考えたからである。

 本篇は「邪宗門」の中でも忘れ難い一篇である。私はこの巡礼の少年の姿に不思議に強い既視感(déjà-vu:デジャヴュ:フランス語)を感ずるからである。振り返った彼は――或いは――私自身――なのかも知れない……………]

« 都賀庭鐘 席上奇観 垣根草 巻之五 松村兵庫古井の妖鏡を得たる事 | トップページ | 甲子夜話卷之六 20 松平幸千代元服のとき有德廟上意 »