フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 甲子夜話卷之六 22 有德院御風流の事 | トップページ | 新改訂版「片山廣子芥川龍之介宛書簡(六通+歌稿)」の下書きを書き上げた »

2020/11/24

譚海 卷之三 近衞殿の事

 

近衞殿の事

○近衞殿御家(このゑどのおんけ)は時平公の御末故、菅神(くわんじん)の御咎めを憚り、北野へ參詣は代々せられざる事也。前年もたまたま參詣有ければ、非常の事出來て難儀なりしかば、兎角つゝしんで參詣なき事也しを、三藐院殿(さんみやくゐんどの)と聞えし御方深く歎き思召(おぼしめし)、北野へ御詫(おわび)ありて神像を千枚御書寫あり、弘(ひろ)く神威を輝(かがやか)し崇敬ましましける。此故にや當時は御參詣子細なき事に成(なり)て、何の障碍もなしといへり。三貌院關白御書寫の神影を拜見せしに、衣冠の御姿にて、梅花を折(をり)てもたせ給ふかたちを書(かき)て、

  から衣をりてきたのの神ぞとは袖にもちたる梅にても知れ

といふ御贊あり。

[やぶちゃん注:「近衞殿御家」は藤原北家近衛流嫡流で、菅原道真を失脚させた藤原時平も藤原北家の一流であった。

「三藐院殿」近衛信尹(のぶただ 永禄八(一五六五)年~慶長一九(一六一四)年)は桃山時代から江戸初期の公家。父は関白近衛前久。初名は信基。後に信輔・信尹と改名した。三藐院は号。「文禄の役」(一五九二年~一五九六年)の際には、朝鮮に渡るべく、独断で肥前名護屋に乗り込んだが、果たせず、後陽成天皇の勅勘を被り、薩摩坊津(ぼうのつ)に配流された。慶長元(一五九六)年に許され、以後、順調に昇進を遂げ、慶長十年(この二年前の慶長八年に江戸幕府は開幕している)には関白・氏長者になった。大徳寺の臨済僧春屋宗園(しゅうんおくそうえん)に参禅し、古渓宗陳や沢庵宗彭らと親交があった。また、茶道・歌道・書をよくしたが、ことに書は「寛永の三筆」(後の二人は本阿弥光悦・松花堂昭乗であるが、これは明治以降の呼称と考えられている)の一人として知られる。伝統的な青蓮院流書法に、私淑した藤原定家の書風を加え、さらに信尹独自の個性を加味した、力強い筆力で速書きの豪放な書風を確立した。近衛流・三藐院流として、生存中から多くの人々に愛好され、嫡男信尋(のぶひろ:後陽成天皇の第四皇子。官位は従一位・関白、左大臣。近衞信尹の養子となった)をはじめとする公家階層のみならず、武将や町人層にまで広まった(以上は主文を「朝日日本歴史人物事典」に拠った)。

「當時」これは本書執筆時制の「当今」の意。「譚海」は安永五(一七七七)年から寛政七(一七九六)年の凡そ二十年間に亙る彼の見聞奇譚をとり纏めたもの。]

« 甲子夜話卷之六 22 有德院御風流の事 | トップページ | 新改訂版「片山廣子芥川龍之介宛書簡(六通+歌稿)」の下書きを書き上げた »