フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 南方熊楠 本邦に於ける動物崇拜(6:牛) | トップページ | 御伽比丘尼卷之二 ㊄初聲は家の榮 付リ 夜啼の評 / 卷之二~了 »

2020/12/07

御伽比丘尼卷二 ㊃問おとしたる瀧詣 付リ 戀の濡ゆかた

 

    ㊃問(とひ)おとしたる瀧詣付リ戀の濡(ぬれ)ゆかた

 いづれの御時にか在〔あり〕けん、山しろ深草のさとに、何がしの織部〔をりべ〕とかや、きこえし人あり。橘(たちばな)の氏人(うぢびと)にて、げしうはあらぬが、去(さる)子細あつて、此所にかくれ住(すみ)けりとぞ。娘ひとり、もてり。かたち、たぐいなきのみか、心ざま、更にやさしければ、昔の所緣(ゆかり)につきて、幼(いとけなき)より、大内(〔おほ〕うち)のあるかたに宮づかへて、琴の調(しらべ)、歌の御席(〔おん〕せきに)つらなりけるほどに、小町・式部がながれをくみて、筆のあと、又、うつくし。されど、

「上(うへ)なき色ごのみにて、うき名のみ高雄(たかを)の山。」

といひたてられ、つゐんぢ[やぶちゃん注:「築地(ついぢ)」。屋敷の周囲に築地(ついじ)を巡らしたところから公卿・堂上方の邸宅を指すが、ここは内裏の意。]の内の住居(すまゐ)かなはず、親なるさとに、おりゐたりけり。

 比は、きさらぎの末の五日、北㙒聖廟のえにちなればとて、供の女、ひとりぐして、はるばると詣(まうで)、歸るさには、坊門をひがし、京極を南に行〔ゆく〕。むかふより二十(ふた)とせ比〔ころ〕の男の、きよらなるが、いまやうの伊達(だて)、手を盡して、早からず、步きたる。

 おもほえず、互に㒵(かほ)を見あはせしに、かの男、いと情(なさけ)らしく、ふり歸り見たるおもざし、又、あるべきとも覺えず。

 此女、心ち、まどひければ、跡につゞきし供の童(わらは)に私語(さゝやき)、

「さきのわかうどは、いかなるかたにて、いづこの邊(ほとり)におはしますにや。」

と、とへば、

「是は、立賣(たちうり)ほり川なる所に、かうかうの人に侍り。」

と。口、とく、語り捨行(すて〔ゆく〕)に、何となく、名殘惜(なごりをしき)心ちに、むねせまりければ、わかうどの後かげ見ゆる計〔ばかり〕は立やすらひゐけるを、ともの女、

「かくては、日もいたう、たけ侍らん。」

など、いさめ、漸々(やう〔やう〕)、さとに歸りぬ。

 いとゞだに、色ふかき女の、又なく、戀初(こひそめ)けるほどに、其事計(ばかり)、とやせん、かくやは、と、とり乱(みだれ)て、晝は人めに思ひを包(つゝみ)、夜は泪〔なみだ〕のとこに臥(ふし)て思ひつゞくれば、

 白波のあとなきかたに行舟も

      風そ便のしるべなりける

と、よみしに、是は又、誰をして、かくといひ送らんよすがもなく、

「此まヽに戀じ[やぶちゃん注:「戀死」。]なんよりは、神にも仏にも祈(いのり)みばや。」

と、道もはるけき音羽山の觀世音に、七日のまうでを、なしけり。

 滿參(まんさん)には、まだ明やらぬに、まいりつきて自(みづから)瀧詣(たきまう)でをぞ、しける。其さま、みどりなるかみをゆりさげ、白きゆかた、ひとへになりて、瀧より、本堂をめぐり、奧の千手(せんじゆ)に詣ずる事、三十三度に、なん、在〔あり〕ける。さなきだに、白く淸らなる女の、猶、すきとほりて、美(うつくし)さ、いはんかたなし。三十三度、終りて、女、舞臺(ぶたひ)のはしに出〔いで〕て、祈(いのる)やう、

「哀(あはれ)、願ひ成就し、我、此月比(ころ)、恋しき男に逢(あふ)よしのえにしあらば、ぶたひより下ヘ、とばせてたべ。若(もし)左(さ)もなきに侍らば、此身を、あの木(こ)の枝にかけて、命(いのちを)とりて給はれ。なむくわんぜ音。」

と、もろ友〔とも〕に飛(とば)んとするを、後(うしろ)より、

「今しばし。」

と、いだぎとゞめて、

「先ほどより聞〔きき〕侍るに、やさしくも哀(あはれ)なる心ばへ。いかなるかたを、こひ衣、ひとへに、かく、仏迄を賴(たのみ)、命(いのち)をかけて、せちには、おもひ給ひけるぞ。」

と、いへば、女、押(をし)うつぶき、

「はづかしながら、今はの限(かぎり)に候へば、何をか包(つゝみ)申さん。」

と、姶終をかたりて、

「かうかうの事に侍り。もしや、彼(かの)人にしるべのかたにおはしまさば、此哀(あはれ)を御物がたりし給へかし。いとま申〔まうす〕。」

と、いひ捨(すて)、とばん、とするを、なを、つよく引〔ひき〕とゞめ、

「さても、ふしぎや、其〔その〕戀(こひ)らるゝ男は、我にて、侍り。こよひ、ふしぎなる御告(〔お〕つげ)により、まだ夜ふかけれど、詣来(まうできた)りけるが、かゝる事には、あひ侍りぬ。」

と、いへば、女、

『左(さ)もや。』

と思へど、しのゝめのほのぐらきに、朝霧(あさぎり)立〔たち〕こめて、物の色あひも、さだかならねば、

「いと、誠(まこと)しからず。」

など、打〔うち〕うたがふ。

 男、

「さらば、こなたへ。」

と、堂なるみあかしをかゝげ、互(たがひ)に㒵を見あはするに、此日比〔このひごろ〕、戀〔こひ〕、悲しみける男なりけり。

 かく、御仏〔みほとけ〕の引あはさせ給ひければ、ふたりともにつれ歸りて、ながき契(ちぎり)をかさねけるとぞ。

 彼(かの)わかうども、すぐれたるいろ好(ごのみ)なりければ、是迄も、やもめ住〔ずみ〕にてゐけるが、此女の色の、やごとなく[やぶちゃん注:「やんごとなく」の「ん」の無表記。]見えけるのみか、深き心ばへにめでけるほどに、淺からぬ、いもせ川のふかき中〔なか〕とは、なりけり。

 誠に、いちじるき仏の利生(りしやう)には在〔あり〕けれ。

 

[やぶちゃん注:「山しろ深草のさと」この中央の南北の広域旧地名(グーグル・マップ・データ。以下同じ)。

「橘(たちばな)の氏人(うぢびと)」橘姓の御仁。橘氏(たちばなうじ)は姓(かばね)は宿禰で、後に朝臣となった。飛鳥末期に県犬養三千代(あがたのいぬかいのみちよ:橘三千代)・葛城王(橘諸兄)を祖として興った皇別氏族(神武天皇以降に臣籍降下した分流・庶流の氏族であることを指す)。

「げしうはあらぬが」身分は悪くないどころか、かなり高いものの。

「大内(〔おほ〕うち)」内裏。

「小町」小野小町。

「式部」後の展開から見て、和泉式部であろう。

「上(うへ)なき色ごのみにて、うき名のみ高雄(たかを)の山」あらぬ好色女の鼻高とイジメを食らったのである。

「北㙒聖廟」北野天満宮。深草からは、北端から実測しても九キロメートル近く離れている。

「えにち」「緣日」。現在もそうだが、毎月の二十五日を天神の縁日としている。

「坊門」現在の下京区坊門町附近

「京極」現在の下京区京極町附近

「立賣(たちうり)ほり川」現在の、東西に走る「中立売通り」と「堀川通り」の交差する附近か。

「白波のあとなきかたに行舟も風そ便のしるべなりける」一首は底本では本文内表記である。これは藤原勝臣(かちおん 生没年未詳:元慶七(八八三)年に阿波権掾(あわのごんんじょう)叙任し、後に越後介・従五位下)の作で、「古今和歌集」の巻第十一「戀歌一」に載る(四七二番)、

 白浪のあとなき方に行く舟も

    風ぞたよりのしるべなりける

で、彼女の歌ではない。

「音羽山の觀世音」これは京都市東山区清水にある知られた清水寺のことである。同寺は山号を音羽山とし、本尊は十一面千手観世音菩薩(秘仏)である。されば、後のシークエンスの「瀧」も「舞臺」も納得がゆく。

「誠(まこと)しからず」「まことし」で形容詞で、「本当のことのようには思われませぬ」の意である。]

« 南方熊楠 本邦に於ける動物崇拜(6:牛) | トップページ | 御伽比丘尼卷之二 ㊄初聲は家の榮 付リ 夜啼の評 / 卷之二~了 »