フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 杉田久女 南の島の思ひ出 (正字正仮名版) | トップページ | 杉田久女 梟啼く (正字正仮名版) »

2020/12/05

御伽比丘尼卷二 ㊁祈に誠あり福神 付リ 心の白鼠

 

    ㊁祈(いのる)に誠(まこと)あり福神付リ心の白鼠(しろねづみ)

 

Sironedumi

 

 かしう[やぶちゃん注:「加州」。加賀。]の金澤の邊(ほとり)に、甚六郞といふ商人あり。天性(てんしやう/むまれつき)、遊興に長じ、酒にふけりて、しかも、色の道、ふかし。かくあれば、家、貧くて、朝夕のけぶり、たえだえに、軒は葎(むぐら)に、雨もれとてや、あばらなるさま、實(げに)幽(かすか)なる世わたらひなりかし。されど、福(さいわひ)を祈(いのる)心ふかく、大黑天を勸請し、いつも、きのへ子[やぶちゃん注:「甲子(きのえね)」。]の日は、供物(ぐもつ)うずたかく、燈明をかゝげなぢ、誠におごそかなりけり。

 ある月、又、きのへ子にあたりて、例(れい)のごとく、燈(ともし)かゝげて、一心に祈念するに、いづこともなく、白き鼠の大きなるが、忽然と顯れ出〔いで〕て、供物を食する。

 亭主、是を見るより、

「有がたや。我、とし比〔ごろ〕日ごろ、念ずるの誠(まこと)、通じて、ふく神のかみのつかはしめ、今、爰〔ここ〕に、來現(らいげん)し給へり。」

など、よろこびあひて、其あけの日は、したしき友どち、よびあつめ、此事をかたり、ことぶきをなし[やぶちゃん注:祝いを催し。]、日くるゝ迄、酒のえんを、かさぬ。友どちの云〔いはく〕、

「げに。めでたき瑞(ずい)に侍り。されば、其白鼠とやらむは、名のみ聞〔きき〕て、未〔いまだ〕見たる事、なし。且は、物がたりのたねにも侍れば、こよひ、祈(いのり)て、一目、見せ給へ。」[やぶちゃん注:底本は「物がたりのたねにも侍れば」の後が一丁分丸々欠けている。他に見る画像がないので、仕方なく、以下は私が恣意的に、所持する西村本小説研究会編「西村本小説全集 下巻」(昭和六〇(一九八五)年勉誠社刊)の「御伽比丘尼」のそれを、概ね正字化して(ここまでの原本視認で正字でなかったものは略字とした)示したことをお断りしておく。]

など、いひあへるに、亭主、うけあひ、其夜、又、燈明をかゝげ、各(おのおの)集りうづくまりゐるに、案のごとく、白き鼠、出〔いで〕きたれり。

 人々、見るより、

「あつ。」

と、いふて、立〔たち〕さはぐに、驚(おどろき)、此鼠、逃歸(にげ〔かへ〕)るを見れば、常の黑き鼠と成〔なり〕て失(うせ)ぬ。

 各(おのおの)、怪(あやしみ)、鼠の逃し跡を見るに、うどんの粉(こ)、みちみちて、ありけり。

 其かよひける壁のあなをもとめけるに、其となりに、めんるひを商(あきなふ)家(いへ)あり。此うどんの粉の中に、かくれ住(すみ)しが、すぐに、此所〔ここ〕へ來れるゆへ「白鼠」とは見えけり。

 人々の、立さはぎけるに、驚(おどろき)、あはたゞしくかけりて、逃〔にげ〕かへりけるにぞ。

 うどんのこは、落(おち)て、もとの鼠となれるにてありし、といふほどこそ、あれ。

 大笑になりて、みなみな、別れ歸りけり。

 亭主は、さしも賴もしく思ひしことの、化(あだ)になり行〔ゆき〕ければ、いと心うき事に思ひ、大黑神にむかひて、なくなく、恨(うらみ)申〔まうし〕けるは、

「我、此とし比、たうとひ[やぶちゃん注:ママ。]祈るかひもなく、などや、かく、貧(まづしき)身のほどを、守らせ給はぬ、つれなさよ。」

など、打〔うち〕なげき、まどろみけるに、大黑神、亭主の枕もとにたゝせ給ひ、いとけだかき御聲(〔おん〕こゑ)にて、

「誠(まこと)に。祈る所、あわれにも、不便にはおもへど、前世(ぜんぜ)の戒業(かいげう)、つたなふして、さいわひすべき物、更に、なし。たまたま神力を以〔もつて〕あたふれども、遊興にのみ、ふけりて、金銀の集れる期(ご)をしらず。されば、「長者敎(ちやうじやきやう)」に、

   よき事のいつもあるとは思ふなよ

        夏のあつきに冬の寒けさ

とよみし此心にて弁(わきま)へしるべし。又、いにしへの聖(ひぢり)の書にも、「寶(たから)さかりて、人ものは、又。さかりて出〔いづ〕」とも、かけり。此故に宵の鼠のうどんのこにまもれ[やぶちゃん注:ママ。]出〔いで〕たるも、汝(なんぢ)に富貴の道おしへむ方便にて、ありき。猶、鼠のかよひける跡を見よ。ふしぎ有〔ある〕べし。」

と、あらたなる告(つげ)、在〔あり〕て、夢、さめぬ。

 夜明〔よあけ〕て、敎のごとく、みるに、うどんのこ、滿々(みちみち)て、鼠の足跡とみえしは、文字の形(かたち)也。

 是をよむに、

   祈ばぞかゝるしめしに大麥の

     身を粉になしてかせげよの中

と、あり。

 亭主、是より、改めて、遊興をとゞめ、一向(ひたすら)、賣買の業(わざ)をなしけるが、ほどなく富貴(ふうき)の家となりけるとぞ。

 「人は神の德によつて運をそふ」といひしは、誠なる哉。

 

[やぶちゃん注:「長者敎」作者不明の仮名草子。寛永四(一六二七)年刊。一巻。小型の本で、巻末に「右しゃほんのごとく開板」とあるので、前に写本があったものと思われる。江戸初期の町人の興隆に合わせて、金持ちになる教訓を説いたもの。鎌田屋・那波(なば)屋・泉屋という三人の富豪を、賢い少年が訪ねて来たり、金持ちになる秘訣を聞く、という形式で、節約・才覚・家職を大切にせよ、というのが共通の教訓である(平凡社「世界大百科事典」に拠る)。]

« 杉田久女 南の島の思ひ出 (正字正仮名版) | トップページ | 杉田久女 梟啼く (正字正仮名版) »