フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 南方熊楠 小兒と魔除 (2) | トップページ | 怪談登志男 三、屠所の陰鬼 »

2021/01/07

奥州ばなし 熊とり猿にとられしこと

 

     熊とり猿にとられしこと

 

 これは、あや子が、こゝに下りし、又の年ばかりのことなりき。

 二人組にて熊をとる狩人有しが、

「熊を、もとむる。」

とて、山をゆきしに、大木のもとに、穴、有(あり)て、其木に、ことごとく、爪にて、かきし跡の有しをみつけて、壱人(ひとり)が、

「是を、とらばや。」

といふを、ひとりは、

「益《えき》あらじ。たしかに、猿なるべし。」

とて、くみせざりしかば、歸りつれど、はじめに「とらん」といひ出(いで)し人は、とかく、心、すまで、

「我壱人、行(ゆき)て、とらむ。」

とて、いでたりしが、其夜、かへらざりしかば、

『たしかに。猿にとられつらん。』

と思ひて、外に人ふたりをたのみて、三人づれにてゆきて、穴の口をふたぎ、熊とりのしかけにして、長柄(ながえ)の鑓(やり)にて、つきころしつ。

 中に入(いり)てみたれば、昨日來りし人は、とられて、くはれたると見て、着たる橫ざしと、帶ばかり、穴の中に有て、何もなし。

「皆、猿の食盡(くひつく)したるなり。」

とぞ。

 その猿は、九尺ばかり有しと聞(きき)し。

 すべて、「さる」といふものは大食(おほぐひ)なるものにて、また、食するものなき時は、いく日も、くはで、をるものなり、とぞ。

 山にすむ獸(けもの)は、里のものと、ことなり・をかしきふし、なきことながら、大食(おほぐひ)の次(ついで)に、かきつ。

[やぶちゃん注:「あや子が、こゝに下りし、又の年ばかり」真葛、本名、工藤あや子(綾子)が、江戸を出て、仙台藩上級家臣只野行義(つらよし)の妻となって仙台に赴いたのは、寛政九(一七九七)年九月十日であった。その翌年。

「橫ざし」よく判らぬ「着たる」を文字通りに「きたる」と読むならば、「帶」との関連からも、「橫刺織」(よこざしおり)で、緯(よこ)糸を浮かせて文様を織り出した浮織物のことかと思われる。「着たる」を「つけたる」と読むなら、髻(もとどり)に挿した笄(こうがい)のことを指すとも読めなくはない。別段、猟師が総髪を絡げて房状に後頭部に纏めて、そこに笄を挿していても、日本刀の笄と同等のものを考えれば、少しもおかしくはない。但し、帯との自然さ、発見時の現場の映像からは、やはり前者が自然であろう。にしても、この猿に食われた男は槍なんぞの得物を全く持たずに熊狩り(実はやはり猿だったのだが)行くというのは、これまた、ヘンではある。

「大食(おほぐひ)の次(ついで)に、かきつ」(眞葛が確かに「おほぐひ」と訓じているかどうかはやや疑問はある)里で見掛ける獣類と見かけは特に変わらないけれども、大食いであるという点は異なっているので、それを次いでに記さんと、この話を書いた、という意でとった。]

« 南方熊楠 小兒と魔除 (2) | トップページ | 怪談登志男 三、屠所の陰鬼 »