フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 奥州ばなし 上遠野伊豆 | トップページ | 怪談登志男 七、老醫妖古狸 »

2021/01/17

奥州ばなし 砂三十郞

 

     砂三十郞

 

 鐵山公と申せし國主の御代には、「ちから持」といはれし人も、かれ是、有《あり》し中に、砂(いさご)三十郞と云《いひ》し士、男ぶりよく、大力にて、知惠うすく、みづから力にほこりて、大酒なりしが、酒に醉《ゑひ》て歸る時には、夜中、通りかゞり次第に、辻番所を引《ひき》かへすが、得手物にて、度々のことなりし。寺にいたりては、つき鐘をはづしてこまらせなど、大の徒人(いたづら《びと》)なり。

「細橫町《ほそよこちやう》といふ所に、あやしきものゝ出《いづ》る。」

と聞《きき》て、三十郞、行しが、餘り歸のおそき故、跡より、行《ゆき》てみたれば、塀(へい)かさ[やぶちゃん注:「塀笠」。]の上に、またがりて居たり。

「何故、そこにはのぼりし。」

と、聲かけしかば、

「いや、此馬の口のこわさ、中々、自由、きかぬ。」

と云て有しとぞ。

「とく、ばかされしぞ。」

とわらはれて、心付しとなり。

 其ころ、淸水左覺と云し人も、大男に大力なりしが、おとなしき人にて、さらにいたづらはせざりしが、三十郞と、常に力をあらそひて、たのしみしとぞ。

 左覺、三十郞にむかひ、

「その方、力自慢せらるれど、尻の力は、我にまさらじ。先《まづ》、こゝろみよ。」

とて、尻のわれめに、石をはさみて、三十郞にぬかせしに、拔《ぬき》かねて有しとぞ。

 左覺は、我《わが》おもふ所に、一身のちからを集《あつむ》ることを、得手《えて》たりし。

 三十郞、男だてに、いろいろの惡食《あくじき》をせしとぞ。

「何にても、食《くひ》たるものを、はかん。」

といふに、心にしたがひて、はかれしとぞ。

 是、一藝なり。昨日、食《くひ》たるこんにやくのさしみを、味噌とこんにやくと、別々に、はきてみせなど、したりき。

 さかやきをすらせる時、頭中《あたまぢゆう》にちからをあつむれば、髮そり、をどりて、すられざりし。

 ある時、酒の肴《さかな》に、うなぎを、生《いき》ながら、食《くはん》とせしに、早く、手をくゞりて、腹中《はらなか》ヘ一はしりに入《いり》しとぞ。腹中にてうなぎのあばれしこと、やりにて、つかるゝ如く、さすがの三十郞も、大《おほい》によはり、鹽壱升を、なめつくしても死せず、にごり酒二升、たてのみに仕《し》たりしかば、是にて、うなぎ、しづまりしとぞ。

 この惡食にて、四、五日、腹の病《やまひ》にふしたりし。見廻《みまはり》に、左覺、來りて、やうす見合《みあはせ》、

『又々、なぶらん。』

と思ひて、

「いや、そこもとは、いろいろ、惡食せらるれども、犬の糞(くそ)は、くはれまじくや。」

と、とふ。三十郞、

「いや、是は、一向、氣なしなり。」

と、こたふれば、

「われらは、たて引《びき》なれば、食《くふ》てみせやう。いざ、ゆきて、みられよ。」

と、すゝめて、うす月夜のことなりしが、かねて、麥こがしをねりて、きれいなる石の上に、糞のごとく、つきかけて置しを、

「むさ」

と、つかみて食《くひ》てみせしかば、三十郞、大あやまりなりしとぞ。【昨日、當作饗《まさにつくれるあへ》、食物、既に腹内《はらうち》に入れば、半時にして消化せざること、なし。さるを、昨曰くらひしものを、一夜歷《ひとよへ》て、そがまゝに吐くこと、理《ことわり》のなき所なるべし。解[やぶちゃん注:曲亭馬琴の本名。]、云《いふ》。】

 度々、江戶づめもしたりしが、新橋の居酒屋へ入《いり》て、酒をのみてゐたりし内、はき物を、とられしとぞ。【此頃までは、みだりに履物をとらるゝことも、なかりしなり。この時より、江戶中、客のはき物を、しまつすること成《なり》し、とぞ。大あばれして、町人に仕置せしは、三十郞が手柄なり。】歸らんとおもひて見るに、はきものなければ、亭主をよびて、

「はきものゝしまつせぬこと、あしゝ。」

と、りくつ、云《いひ》かゝる。亭主は、

「しらぬ。」

よし、こたへしかば、大《おほい》にいかりて、

「此みせに有《ある》うちは、且那なり。『だんなの、はき物、しらぬ』といはゞ、よし。その過怠(くわたい)に、酒代、はらはじ。」

と云《いふ》を、

「それは、いかにも、御無理なり。」

といふ時、醉《ゑひ》きげんのあばれぐさに、

「さあらば、食《くひ》しものは、吐《はき》て、かへすぞ。」

と、いひながら、かの得手ものゝ分《わけ》ばきに、酒は、ちろりに、肴は、鉢に、味噌は、猪口《ちよく》と、其《その》入《いり》たりし器々《うつはうつは》へ、吐《はき》ちらすを見て、

『あばれもの。』

と思ひ、かやうの時、とりしづむる爲、かねて、たのみおきし若きもの、五、六人、つれ來《きたり》、かゝらせしに、片手につかみて、人つぶてに、打《うち》し故、

「すは、こと、有《あり》。」

とて、むらがる人を、なげのけ、なげのけ、屋敷をさしてもどる道筋、

「あばれもの、あばれもの。」

と聲かけしかば、何かはしらず、棒を持《もち》て出《いづ》る人あれば、とりかへして、なぐりのけ、

「はしごをもちて、とゞめん。」

とすれば、又、とり返して、むかふの人を、兩方へ、なぐり、なぐりて、おしとほる故、木戶を打《うち》しも[やぶちゃん注:閉じたところが。]、おしやぶり、むらがる人中《ひとなか》を、平地《ひらち》の如く、大わらはに成《なり》て、かへり、白晝に、はだしにて、御門《ごもん》へ入《いり》しかば、早々、仙臺へ、追《おひ》くだされたりき。

 さりながら、

「氣味よき、あばれやうなりし。」

と、人々、かたりき。

 三十郞、娘兩人、有しが、とりどり、美女、大力《だいりき》なりし。

 姊、七ツなりしころ、大根漬《つけ》るに、

「おもはしき、おし石、なし。」

と云しを聞《きき》て、川近き家なりしかば、河原にいたり、

「是や、よからん。」

と思ふ石を、ひとり、とり持て、家に來り、

「此石が、よかろふ。」

と云しを見るに、子共《こども》の持《もつ》べしとも思はれぬ大石《おほいし》なりしかば、見る人、おどろき、

「其やうな大石を、子共はもたぬもの。」

と、しかりしかば、『ほめられん』と思ひし、心、たがひて、いそぎ、手をはなせしに、足の上に當《あたり》て、ゆび、壱本、ひしげし、とぞ。

 其石を、かたづけんとせしに、大男、兩人して、やうやう、うごかしたりき。

 外《ほか》に嫁しては、力は、かくして、さらに出《いだ》さゞりしが、ある年のくれに、年始酒《ねんしざけ》を作りて有しが、置所《おきどころ》、あしかりしを、

「置直《おきなほ》すには、皆、とり分《わけ》て、せねばならぬ。」

と云し時、

「このまゝにて、もたるゝや、いなや、心みん。」

とて、手も𢌞《まは》らぬほどの大桶《おほをけ》に、酒の、なみなみと入《いり》たるを、かろがろと、外の所へもち行《ゆき》て、すゑたりし、とぞ。

 次の娘は、八才より、江戸の御殿につとめて有しが、誰《たれ》も力の有《あり》とはしらざりしに、御風入《おんかざいれ》有しころ、俄《にはか》に夕立して、雨の落かゝりたれば、外に出して有し長持を、片手打《かたてうち》に、上へなげ入《いれ》たりしを見て、

「力、有《あり》。」

とは、人、しりたりし。葉賀皆人《はがみなと》といふ人の妻と成《なり》て終りし。

 

[やぶちゃん注:大正一〇(一九二一)年実業之日本社刊の熊田葦城(くまだいじょう:文筆家で歴史学者。報知社(現在の報知新聞社)の編集局長などを務めた。徳富蘇峰と親交し、彼と同じくジャーナリストとして歴史に関わる著作物を多く出版した)著「少女美談」のこちら(国立国会図書館デジタルコレクションの画像)に、本篇の後半部がやや表現に手を加えた形で載っている。流石に、この標題の本に「犬の糞云々」の話のカットは仕方ない。なお、「葉賀皆人」の読みは、そのルビに従った。

「鐵山公と申せし國主の御代」「白わし」で既出既注であるが、再掲すると、仙台藩主に「鐡(鉄・銕)山公」という諡号の藩主はいない。「鐡」「鉄」「銕」の崩し字を馬琴が誤ったか、底本編者が判読を誤ったかしかないと感じる。可能性が高いと私が思うのは、「鉄・銕」の崩しが、やや似ている「獅」で、獅山公(しざんこう)は第五代仙台藩藩主にして「中興の英主」と呼ばれる伊達吉村(延宝八(一六八〇)年~宝暦元(一七五二)年)を指し(戒名「續燈院殿獅山元活大居士」。諡号「獅山公」)、元禄一六(一七〇三)年から隠居した寛保三(一七四三)年まで、実に四十年もの長きに亙って藩主を務めた。本書は文政元(一八一八)年成立であるが、例えば、真葛は、名品の紀行随想「いそづたひ」の中で、鰐鮫への父の復讐を果たした男の話の聞き書きを、「獅山公」時代の出来事、と記している。

「砂三十郞」不詳。

「辻番所を引《ひき》かへす」「引きかへす」というのは、「引っ繰り返す」で、無体な乱暴狼藉を働くということであろう。

「細橫町」現在の仙台市中心部を南北に走る幹線道路の一つである晩翠通(ばんすいどおり)の旧称。同ウィキによれば、『かつてこの通りの大部分は細横丁(ほそよこちょう)と呼ばれていた』とある。ここ(グーグル・マップ・データ)。

「いや、此馬の口のこわさ、中々、自由、きかぬ」塀笠に跨っている訳だから、化かされて、塀を生き馬と錯覚させられている(笠は鬣(たてがみ)で腑に落ちる)為体(ていたらく)なのである。

「淸水左覺」取り敢えず「しみづさかく」と読んでおく。

「心にしたがひて、はかれしとぞ」南方熊楠と同んなじだ!!!

「たてのみ」立て続けに休まず一気に呑むことことであろう。

「いや、是は、一向、氣なしなり。」「さても、いやいや、それは、いくら何でも、全く食う気にはならんよ。」。

「たて引《びき》なれば」「立て引く」は「達て引く」などとも書き、「義理を立て通す・意地を張り合う」の意であるから、ここは「私が、かくも言い出したからには意地がある。食うて見せよう!」と言ったものであろう。

「麥こがし」「麦焦がし」「麦粉菓子」とも書く。大麦や裸麦を炒って、挽き粉末にしたもの。関西では「はったい粉」「炒り粉」とも呼ぶ。砂糖を混ぜて粉末のまま食べたり。熱湯や牛乳を注いで練って食べたりする。和菓子の落雁の材料でもある。安土桃山時代から、湯水に点じて、「こがし」 (今日の香煎(こうせん)に同じ)として好まれた。

「ちろり」酒を燗するための容器で、酒器の一種。注(つ)ぎ口と取っ手の附いた筒形で、下方がやや細くなっている。銀・銅・黄銅・錫などの金属でつくられているが、一般には錫製が多い。容量は一合前後入るものが普通。「ちろり」の語源は不明だが、中国にこれに似た酒器があることから、中国から渡来したものと考えられている。江戸時代によく使用された。

「猪口」「ゐぐち」「ちよこ(ちょこ)」とも読める。日本酒を飲む際に用いる陶製の小さな器。上が開き、下のすぼまった小形の盃(さかずき)。江戸時代以降に用いられた陶製の杯について称する。

「人つぶてに」拳固(げんこ)で。

「平地の如く」何の障害物もないかのように。

「白晝に、はだしにて、御門へ入しかば」この酒を飲んだ果ての大立ち回り、実は真っ昼間だったわけだ! 御門は仙台藩下屋敷であろう。品川区東大井(鮫洲)にあった(グーグル・マップ・データ)。

「ひしげし」潰れた。拉(ひしゃ)げた。

「御風入」夏の土用に、虫害や黴(かび)を防ぐために、屋敷全体に風を入れたり、仕舞ってある物品などを、庭や座敷に出して陰干しすることを指す。

「片手打に」片手だけでヒョイと取り上げて。

「葉賀皆人」不詳。]

« 奥州ばなし 上遠野伊豆 | トップページ | 怪談登志男 七、老醫妖古狸 »