フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 奥州ばなし 乙二 | トップページ | 奥州ばなし 猫にとられし盜人 »

2021/01/12

奥州ばなし てんま町

 

     てんま町

 

 仙臺新てんま町といふ所に、小鳥をかひ、鉢植《はちうゑ》のつぎ木などして、世をわたる人、有し。文化十年[やぶちゃん注:一八一三年。]の頃、四十ばかりと見えたり。何方《いづかた》の生《うまれ》といふことを、しらず。武藝は何にてもたづさはらぬこと、なし。分《わけ》て、

「馬をよくせし。」

とて、

「のりて見たし。」と、常に云しとぞ。【武藝にたづさはりしをもて思へば、武士の末なるべし。】

 はじめは、妻をも具したりしが、久々《ひさびさ》、病氣にて、終に、むなしくなりしを、

「人の生死《しやうじ》は天より給はるもの。」

とて、さらに、藥用も、くはへず、貧、極りて、食事さへ、心にまかせずして終《をは》らせしが、いづくよりとり出《いだし》けん、金三兩を布施にして、院號をこひうけしを、近邊の人、とがめていはく、

「三兩の金、たくはへあらば、妻女、存世中、藥用をもくはへ、食事をもこゝろよくさせて、看病せよかし。死《しし》て後、名のみ高くつきたりとて、何の益かあらん。」

と、もどき云《いふ》[やぶちゃん注:逆らって非難して言う。]を、此人、かしらをふりて、

「いや、さにあらず。虎は死て皮をのこし、人は死て名を殘《のこす》。藥用・食事についえをかけしとて、死《しす》べき命の、とゞまること、なし。是は、上なき、あつかひなり。」

と、そこ淸く思ひとりしていにて、いさゝかも悔《くい》の色なかりしとぞ。

 獨身《ひとりみ》となりては、一衣《いちえ》の外、たくはへなく、冬になれば、家の内、一面に土穴《つちのあな》をふかくほり、あたりに段をつけて、鉢植をならべ、其中に琴をひきてたのしみ、寒をしのぎゐしとぞ。

 詩歌俳諧などのたぐひ、遊藝、すベて、勝《すぐれ》たり。「いやしからぬ人の、なり下りたるならん」と察しられたり。【記者の思へらく、かゝる人には、添《そひ》たくなし。】

 

[やぶちゃん注:「仙臺新てんま町」現在の宮城県仙台市青葉区中央(仙台駅及びその西方)附近(グーグル・マップ・データ)の旧町名。公園(ドットした)名やビル名に今も残る。

「そこ淸く思ひとりしていにて」「底淸く思ひ取りし體(てい)にて」。心中深く清貧の思いを強く守っている様子で。

「記者の思へらく、かゝる人には、添たくなし」真葛の半生の経験や個人の女としての痛烈な述懐が、ガツンとくる。]

« 奥州ばなし 乙二 | トップページ | 奥州ばなし 猫にとられし盜人 »