フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 怪談登志男 六、怨㚑亡經力 | トップページ | 南方熊楠 小兒と魔除 (6) »

2021/01/15

奥州ばなし 狐つかひ

 

     狐つかひ

 

 淸安寺といふ寺の和尙は、「狐つかひ」にて有しとぞ。

 橋本正左衞門、ふと出會《であひ》てより、懇意と成《なり》て、をりをり、夜ばなしにゆきしに、ある夜(よ)、五、六人より合《あひ》て、はなしゐたりしに、和尙の曰、

「御慰に、芝居を御目にかくベし。」

と云しが、たちまち、芝居座敷の躰《てい》とかはり、道具だての仕かけ、なりものゝ拍子、色々の高名の役者どものいでゝはたらくてい、正身《しやうしん》のかぶきに、いさゝかたがふこと、なし。

 客は思《おもひ》よらず、おもしろきこと、かぎりなく、居合《ゐあはせ》し人々、大に感じたりき。

 正左衞門は、例のふしぎを好《すく/このむ》心から、分《わき》て悅《よろこび》、それより又、

『習《ならひ》たし。』

と思《おもふ》心おこりて、しきりに行《ゆき》とぶらひしを、和尙、其内心をさとりて、

「そなたには、飯綱(いづな)の法、習たしと思はるゝや。さあらば、先《まづ》試《こころみ》に、三度《みたび》、ためし申べし。明晚より、三夜つゞけて、來られよ。これをこらへつゞくるならば、傳授せん。」

と、ほつ言《げん》[やぶちゃん注:「發言」。]せしを、正左衞門、とび立《たつ》ばかり悅て、一禮のべ、

「いかなることにても、たへしのぎて、その飯綱の法ならはゞや。」

と、いさみくて、翌日、暮るゝをまちて、行ければ、先、一間にこめて、壱人《ひとり》置《おき》、和尙、出むかひて、

「この三度のせめの内、たへがたく思はれなば、いつにても、聲をあげて、ゆるしをこはれよ。」

と云て、入《いり》たり。

 ほどなく、つらつらと、鼠の、いくらともなく出來《いでき》て、ひざに上り、袖に入、襟(ゑり)をわたりなどするは、いと、うるさく、迷惑なれど、

『誠のものにはあらじ。よし、くはれても、疵(きづ[やぶちゃん注:ママ。])はつくまじ。』

と、心をすゑて、こらへしほどに、やゝしばらくせめて、いづくともなく、皆、なくなりたれば、和尙、出《いで》て、

「いや。御氣丈なることなり。」

と挨拶して、

「明晚、來られよ。」

とて、かへしやりしとぞ。

 あくる晚もゆきしに、前夜の如く、壱人、居《をる》と、此度《こたび》は、蛇のせめなり。

 大小の蛇、いくらともなく、はひ出《いで》て、袖に入、襟にまとひ、わるくさきこと[やぶちゃん注:「惡臭きこと」。腥いのである。]、たへがたかりしを、

『是も、にせ物。』

と、おもふばかりに、こらへとほして有しとぞ。

「いざ、明晚をだに過しなば、傳授を得ん。」

と、心悅て、翌晚、行しに、壱人、有て、待ども、待ども、何も出《いで》こず。

 やゝ退屈におもふをりしも、こはいかに、はやく別《わかれ》し實母の、末期《まつご》に着たりし衣類のまゝ、眼《まなこ》、引《ひき》つけ[やぶちゃん注:釣り上がり。]、小鼻、おち、口びる、かわきちゞみ[やぶちゃん注:「乾き縮み」。ミイラ化している雰囲気である。]、齒、出《いで》て、よわりはてたる顏色《がんしよく》、容貌、髮の、みだれ、そゝけたる[やぶちゃん注:解(ほつ)れて乱れている。]まで、落命の時分、身にしみて、今もわすれがたきに、少しも、たがはぬさまして、

「ふはふは」

と、あゆみ出《いで》、たゞ、むかひて座したるは、鼠・蛇に百倍して、心中のうれひ悲しみ、たとへがたく、すでに詞《ことば》をかけんとするてい、身に、しみじみと、心わるく、こらへかねて、

「眞平御免被ㇾ下べし。」[やぶちゃん注:「まつぴらごめんくださるべし」。]

と、聲を上《あげ》しかば、母と見えしは、和尙にて、笑《ゑみ》、座して有しとぞ。

 正左衞門、面目(めんぼく)なさに、それより後、二度、ゆかざりしとぞ。

 

[やぶちゃん注:実は、本作は既に一度、「柴田宵曲 妖異博物館 飯綱の法」の注で、電子化してある。但し、今回はそれを元とせず、零からやり直した。なお、これは恐らく正左衛門の作話で(実録奇譚である本書の性質から、私は真葛の創作とは全く思わない)、その元は、かの唐代伝奇の名作、中唐の文人李復言の撰になる「杜子春傳」であろう。リンク先は私の作成した原文で、「杜子春傳」やぶちゃん版訓読「杜子春傳」やぶちゃん版語註「杜子春傳」やぶちゃん訳、及び、私の芥川龍之介「杜子春」へのリンクも完備させてある。但し、柴田はそれ以外に、『「宇治拾遺物語」にある瀧口道則が、信濃の郡司から異術を習ふ話に似てゐる』とも記す。その「瀧口道則習術事」(瀧口道則(たきぐちのみちのり)、術を習ふ事)も「柴田宵曲 妖異博物館 飯綱の法」の注で電子化しておいたので、比較されたい。実際には、私の電子テクストには、この「飯綱の法」に纏わる怪奇談や民俗学上の言及が十件以上ある。「宗祇諸國物語 附やぶちゃん注 始めて聞く飯綱の法」や、「老媼茶話卷之六 飯綱(イヅナ)の法」も読まれたい。

「淸安寺」不詳。この話、ロケーションが記されていないので判らない。本「奥州ばなし」は概ね仙台及び奥州を舞台とするものの、江戸と関わる話柄もあるからである。敢えて、陸奥の比較的、仙台に近いところ(と言っても、仙台からは直線でも九十キロメートル以上ある)を調べると、山形県西置賜郡小国町白子沢にある曹洞宗清安寺(「曹洞禅ナビ」のこちらを参照されたい)はあるが、ここかどうかは不明である。青森県弘前にも曹洞宗の同名の寺がある。私が禅宗に拘ったのは、「和尙」を「おしやう(おしょう)」という呼称とするならば、狭義には臨済宗や曹洞宗などの禅宗系或いは浄土宗系で用いられるからである。

「狐つかひ」後の「飯綱(いづな)」使いに同じい。

「橋本正左衞門」先の秘術をテーマとした「めいしん」にも主人公として登場し、そこで真葛は『正左衞門は、近親の内、伊賀三弟《さんてい》に八弥《はちや》と云《いふ》人、養子にせしかば、正左衞門の傳は八弥が語《かたり》しなり』と割注している通り、この手の妖術が大好きだったこと、真葛の怪奇譚蒐集の有力な間接的情報屋であったことが判然とする。

「飯綱(いづな)の法」先の幾つかの怪奇談のリンク先で注してあるので、そちら参照されたいが、簡単に言っておくと、管狐(くだぎつね。或いは「イヅナ」「エヅナ」とも呼んだ)と呼ばれる霊的小動物(狐とあるが、狐様の場合もあれば、全く形容し難いニョロニョロ系の身体の場合もある)を使役して、託宣・占い・呪(のろ)いなど、さまざまな法術を行った民間の呪術者である「飯綱使い」の法術で、「飯綱使い」の多くは修験系の男であるケースが殆んどで、江戸時代の実話で、れっきとした僧侶が駆使するというケースは、比較的、レアと言えよう。]

« 怪談登志男 六、怨㚑亡經力 | トップページ | 南方熊楠 小兒と魔除 (6) »