フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介書簡抄9 / 明治四五・大正元(一九一二)年書簡より(2) 山本喜譽司宛(ビアズリーのワイルド「サロメ」の挿絵の「舞姫の褒美」の部分模写添え) | トップページ | 怪談登志男 十四、江州の孝子 »

2021/02/05

只野真葛 むかしばなし (5)

 

○をぢ樣ほどの才人なれども、此〆が息にふかれて、工藤家がにくまるゝとは、御心つかざりしぞ、くやしき。よく御心をたぎれなば、かやうには有まじきを。

 すべて親里といふものは、誰(たれ)も心のこびるものといふうち、ばゞ樣も御長屋にて氣つめがち故、年に、一、二度、高田へ御出(おいで)、御逗留を、何分、氣ばらしと思召れしなり。母樣にも、ひろびろと、田はた・野山を御覽、心のまゝにあそびありくを、

「おもしろく、うへなき氣のべ。」

と、おぼしめししみて、折々ごとの御はなしにも、

「高田、高田。」

とて、御したひ被ㇾ遊しなり。

 源四郞は、とり分(わき)て、御ひぞうの上、そなたの乳《い》迄御のませ被ㇾ成し故、御懷(おんふところ)の中(うち)の寢ものがたりにも、高田のことを被ㇾ仰しなるべし。

 源四郞、末期(まつご)にいたり、このみて、高田へゆかれしは、母樣の御いきのはしなり。

 母樣には、御心ばせ、おとなしく、ぎやうぎよきにいたりては、似るものなし。誠に觀靜院とはうらはらの御人がらなりし故、かれと是とを、おもひくらべ、ふと、昔、しのばしくなられしものと察しられたり。

 人、御乳母《ちおも》のならはしによるといふは、則(すなはち)、是なり。

[やぶちゃん注:「たぎれなば」意味不明。「滾れなば」で「激する気持ちを盛んに沸き起こしたならば」か。にしても、普通の言い方ではないし、文脈に合わない。「仙台叢書」では、清音で『たきれなば』であるが、ますます判らぬ。或いは、「なされなば」の誤記か?

「氣つめがち」「氣詰め勝ち」。

「高田」不明。現在の高田馬場を含む江戸の辺縁に当たった旧高田周辺か。江戸時代は現在の豊島区高田や西の中野区上高田に至る広域を「高田」と呼んでいたし、明治中期の地図を見ても(今昔マップ)、丘陵と田圃が広がっていることが判る。

「御出」お出でになり。

「御逗留」当時、泊まることは考えられないので、ここは、高田辺りをぐるりと巡って帰ってくる(「御出」)だけでなく、そこを目的地として、例えば、昼の半日をそこに滞在して過ごしたことを言っていよう。

「氣のべ」「氣延べ」。気晴らし・気散じ。

「源四郞」真葛(あや子)の次弟(周庵(平助)の次男)。例の七草のそれでは「尾花」と呼ばれた。真葛より十一年下であった。既に述べたが、長弟で長男であった長庵元保(幼名は安太郎。七草名「藤袴」。真葛より二歳下)は早逝している。「日本ペンクラブ」公式サイト内の「電子文藝館」の門(かど)玲子氏の「只野真葛小伝」によれば、亡くなった時、『嫡男長庵』は、『まだ二十二歳の若さであった』とある。

「そなたの乳《ち》迄」四女拷子(たえこ・七草名「萩」)を産んだ後の母乳をまで。

「源四郞、末期(まつご)にいたり」源四郎は父平助が病没(寛政一二(一八〇〇)年。享年六十七歳)した翌享和元(一八〇一)年に家督を継いで同じく仙台藩番医となり、その翌年には近習を兼ねたが、ウィキの「只野真葛」他によれば、父の死から七年後の文化四(一八〇七)年十二月六日に未だ三十四の若さで急死した。源四郎は『江戸に風邪が大流行し』、陸奥仙台藩第九代藩主伊達周宗(ちかむね:寛政八(一七九六)年に特例の生後一年足らずで藩主となり、親族であった幕府若年寄堀田正敦(ほったまさあつ)の後見を受けたが、疱瘡のために文化九(一八一二)年に十四で夭折した。一説に死去は十一歳であったともされる)『の重要な縁戚である堀田正敦』(当時は近江堅田藩藩主で幕府若年寄。第六代藩主伊達宗村の八男。周宗は曽孫)『夫人も罹患したので』、『源四郎は常にその傍らにいて看病した。夫人はその甲斐なく亡くなっている。公私ともに多くの患者をかかえていた源四郎は、休まず患家をまわって診療したあげく、自らも体調を著しく衰弱させてしまったのであった』。『真葛は、みずからのよき理解者でもある大切な弟を亡くし、また、源四郎を盛り立てる一心で』、『みずから江戸から仙台に嫁したことがむなしくなったと悲しんだ』とある。

「母樣の御いきのはしなり」「母樣の御意氣の端なり」。母さまのご気性の繋がりであります。

「觀靜院」遊の母桑原やよ子の戒名か。

「乳母《ちおも》」乳母(うば・めのと・ちも)の別読み。]

« 芥川龍之介書簡抄9 / 明治四五・大正元(一九一二)年書簡より(2) 山本喜譽司宛(ビアズリーのワイルド「サロメ」の挿絵の「舞姫の褒美」の部分模写添え) | トップページ | 怪談登志男 十四、江州の孝子 »