フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 怪談登志男 十六、本所の孝婦 / 怪談登志男卷三~了 | トップページ | 芥川龍之介書簡抄13 / 大正二(一九一三)年書簡より(1) 二通 »

2021/02/10

只野真葛 むかしばなし (8)

 

 八に成し年の夏、桑原へ行て、養しゆんとあそび居(をり)しに、十六、七の弟子若黨有しが、下におちたる物をとらんとするとき、養しゆん、むかふよりかけてくるはづみに、したゝか、鼻をけたりしが、血、はしりてやまず。

「足を、ひやせ。」

「それ、ぼんのくぼの毛を、ぬけ。」

と。ひしめきしを、長庵、聞て、

「のぼせなどにて、おのづから出でたるにこそ。さやうのことはせめ。怪我にて、出でたるには無用なり。」

と、いひしとぞ。

 二、三日過て、常八、工藤へ來りしが、

「此程、桑原にて若だんなの被ㇾ仰しこと、感心なり。かやうかやうのこと有しに、〆が、そばから世話せしを、かやうに被ㇾ遊しが、誠に、『せんだんはふた葉よりかぐはし』とは、是ならん。」

と、ほめて、母樣へかたりしを、長庵、聞ゐて[やぶちゃん注:ママ。]、

「いや、〆が仕(し)たことなら、そふは、いひません。養けんが、うろたた[やぶちゃん注:底本に編者のママ注記あり。「仙台叢書」では『うろたひた』であるから、「うろたへた」の誤記であろう。]ことをするから、それで、そふ、いひました。」

と、いひし故、

「一きわ、まさりて、おとなしきこと。」

と、御賞(よろこ)び有しなり。其時の養けんといひしは、すでにひとりばみをもする程の男、年も三十のうへにて有しなり。早く死(し)したり。

 一、二、覺(おもえ)たるも、かくのごとし。朝夕の間、上下(うへした)・男女(なんいよ)、かんぜしこと、たへず。ワを御ひぞうのばゞ樣は、

「子供のやうでない。隱居ぢゞのやうだ。」

とて、御きらいなりし。うきうきとは、せぬ生(しやう)なり。

[やぶちゃん注:先の聰明譚に続く真葛の弟で長男の長庵の追想。小学校二年生レベルで、かく処方を言うというのは、舌を巻く限りである。父を継いで優れた医師になったであろうに。本当に二十二の早逝が惜しい。

「ひやせ」鼻からの出血を止める処置として、眉間や首の後ろを冷やすというのは、現在、誰もが正しい処方と考えるかも知れぬが、救急医の見解によれば、大量出血している患者に対して最初に行う処置の大切な一つが、「保温」(体を温めること)である。身体が冷えていると血液の凝固機能が低下し、出血が止まらなくなってしまうからである。国際医療福祉大学医学部救急医学講座教授・国際医療福祉大学病院救急医療部・「日本救急医学会」救急科専門医・指導医の志賀隆氏もこちらで、『体温が下がると血は止まりにくくなる』『と覚えていただき、鼻血が出たときも』、『冷やすことなく』、『正面を向いて圧迫止血してください』と記しておられる。

「うきうきとは、せぬ生(しやう)なり」桑原の婆さまが主語。(6)の記載で腑に落ちる。]

« 怪談登志男 十六、本所の孝婦 / 怪談登志男卷三~了 | トップページ | 芥川龍之介書簡抄13 / 大正二(一九一三)年書簡より(1) 二通 »